プロフィール

SHUMA@ロリコン紳士

Author:SHUMA@ロリコン紳士
きんいろモザイク2期デース!

趣味:アニメ鑑賞、アニソン鑑賞、ゲーム
【神アニメ】
・灼眼のシャナ
・sola
・Darker Than Black-黒の契約者-
・ひぐらしのなく頃に
・ef-a tale of memories&melodies
・瀬戸の花嫁
・エルフェンリート
・STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・異国迷路のクロワーゼ
・夏目友人帳(無印→参)
・うさぎドロップ
・Another-アナザー-
・Fate/Zero
・TARI TARI
・凪のあすから
・SHIROBAKO ⇐NEW!

大好きな声優:早見沙織、東山奈央

<2015年【新作 春】視聴予定アニメ>

【日曜日】
・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
・血界戦線
・アルスラーン戦記

【月曜日】
・終わりのセラフ 第1クール
・グリザイアの迷宮&楽園
・山田くんと7人の魔女

【火曜日】
・ニセコイ:
・黒子のバスケ第3期(後半)

【水曜日】
・魔法少女リリカルなのはVivid
・響け!ユーフォニアム

【木曜日】
・ハロー!!きんいろモザイク

【金曜日】
・トリアージX

【土曜日】
・やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続
・レーカン!
・境界のRINNE
・電波教師
・ガンスリンガーストラトス
・Fate/stay night UBW 2ndシーズン
・プラスティック・メモリーズ
・ミカグラ学園組曲

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【視聴完了】聖剣の刀鍛冶-ブラックスミス- 最終話「刀鍛冶-blacksmith-」 感想

全てを受け入れ、立ち向かえ!
セシリーはなんとなく上条さんと気質が似ているのかな?と思い始めた私w
説教するシーンがやたらと多かったですね。
熱い女性です(*´ω`)

リサの正体について明かされ、ルークとリサの間に気まずい空気が流れていましたが
お互いに本音を曝け出すことで解決しました^^*
やっぱりルークはカッコイイです♪

『一蓮托生』という言葉と共に握手を交わそうとした二人の間を裂く様に悪魔と人外が襲い掛かってきました。
どうやらシーグフリードが本性を表したみたいで、街は悪魔と人外によって多大な被害を被ります。
もちろんセシリーが黙っているわけもなく騎士団と共に悪魔と人外の排除に当たりますが
数が多い(;´A`)
なんでこういうラスボスって数で押してくるんですかね?w
セシリーもアリアも体力が失われていきますがそんな中、リサが現れ、ルークがいなくなったということを聞きます。

ルークVSシーグフリード
ついにこの時がやってきました。
OPで戦ってるシーンから迫力があったので楽しみにしていましたがやっぱり2人とも強いですね。
ルークの足捌きは相変わらず美しいです。
シーグフリードは一見、魔剣を頼っているような戦い方をしているように見えますがかなりバランス良く戦っていました。
2人のステータス的に言えばシーグフリードの方が若干上みたいですね。

全てを腐らせる魔剣に刀身を触れてしまったルークはかなり危ない状況。
結果、ルークの刀が先に折れてルーク敗北。
脇腹を思い切り切り裂かれてしまいました(;´Д`)

そこへセシリーが登場。ただし途中に襲い掛かって来たシーグフリードの仲間との一戦でアリアが力を使い果たし退場。
つまりは丸腰のままシーグフリードのところまでやってきたのです!
うわぁ、行動まで上条さんにそっくりw
武器とか小さいことよりも目の前の大きなことしか見えなくなる・・・まさにそういう性格なんですね。

重傷のルークとリサを守るため立ちはだかるセシリー。
そこでルークとリサがついに鍛錬を行います。
例の魔方陣の出る鍛錬です。
ルークが血反吐を吐きながらも必死になって鍛錬をしている姿が印象的でした。

そして生まれた刀は・・・なんだか前のやつとは違う?
色が青色だったのもそうですがなんだかいつも以上にパワーが漲っている感じがしました。
その刀をセシリーに渡したルークは全てをセシリーに託します。

セシリーの想いの勝利
想いの力では圧倒的にセシリーが上だったみたいですね。
刀は折れてしまいましたが見事にシーグフリードの胸を貫きました!

でも、砂塵と共に消えるシーグフリード・・・って・・・あれ?
まさか2期ある?w
てっきりシーグフリードを倒して完結かと思っていたのですが・・・
これは2期の伏線ですねw

というか原作のストックがあるんだから2クールやれば良かったと思います。
最初は2クールだとずっと思っていたんですがね^^;
どちらにせよ2期はやりそうですね。
この作品は私的にかなり好きな作品だったので2期をやるとするならばもちろん見ますよ^^*

作画が少々不安定ではありましたがそれは戦闘系アニメでは仕方の無いことだし、そこまで崩れているわけでもなかったので気になりませんでした。
演出もなかなかで、特にルークの足捌きを見せる演出は素晴らしかったと思います♪
ルークの足捌きは本当に美しかったです。
セシリーも最初はヘタレ騎士だったのに最終回までの期間で随分と成長したような感じがしました。
ここらへんも演出の上手さだと私は思っています。

と、こんな感じで全体的な評価で言えばかなり上でした♪
こういう世界観が好きですw
2期、楽しみに待ってます^^*
スポンサーサイト

聖剣の刀鍛冶-ブラックスミス- 第10話「殉情-Tragedy-」 感想

ついに語られるルークの秘密
前回、老騎士にリサが襲われたところで終わりましたが攻撃が勝手に逸れてしまいました。
どうやら老騎士の扱っている魔剣はエルザだったようです。
リサと少なからず話をしたことで躊躇したんでしょうね。
とりあえずリサが無傷で良かったです(´・ω・`)

ブラックスミスとは?
ルークが自分が襲われた理由を「ブラックスミスだからだ」と言っていましたがどういうことなんでしょうか?
ブラックスミスって刀鍛冶のこと・・・だと思っていたのですが違うのかな?
刀鍛冶だから狙われるって意味が分かりませんけどw
ルークとリサみたいにあの魔術っぽい鍛錬が出来る人のことを指すのかも。

ヴァルバニルの呪い
なんでもルークたちが行うことの出来る鍛錬(祈祷契約)に使う霊的エネルギーのことをヴァルバニルの呪いと言うんだそうです。呪いを鍛錬のエネルギーに使うなんてなんだか邪悪な気配が(;´ω`)
もともと初代ハウスマンが呪いを霊体として日常的に使い始めたのがキッカケなんだとか・・・。
祈祷契約は人間の血肉を必要とする悪魔契約とは違った悪魔契約のことなんだそうですね・・・(何かややこしいw)
う~ん相変わらず奥が深い(`・ω・´)

聖剣に封印されたヴァルバニルは人間に復讐するため『互いに殺し合わせる』という方法を取り、人間に死言と呼ばれる悪魔契約の引き金となる文言を埋め込むことで人々をまんまと自分の思い通りに殺し合わせることが出来た、と。
でも、すぐに過ちに気付いた人間は悪魔契約を阻止するべく今のようにヴァルバニル会議を行って対策を練っている・・・
どこぞのアニメと違ってちゃんと話が繋がっていて気持ちが良いですw

ヴァルバニルを討つための聖剣
要するにヴァルバニルに対抗するためには聖剣が必要で、それを打てるのがルークみたいなブラックスミスだけというわけですね。
でも、ルークには何かが足りないらしく思い通りの聖剣が打てないみたいです。
「憎しみが足りないのか・・・」と呟いていましたがセシリーの言うようにルークが憎んでいるのはヴァルバニルじゃなくて自分自身なんじゃないかな?と思います。
だから思い通りの聖剣が打てない・・・
とはいえ憎しみで聖剣を打てるかどうかも疑問ですがね。
もっと大切な何かを見落としているような気がします。

魔剣の存在理由
私もずっと気になっていたんですよね。魔剣ならただの剣の姿で事足りるはずなのになんでわざわざ人間の姿になれるように創ったのか・・・。
理由は残酷なものでした。アリアやエルザのように人でもなく、剣でもなく、悪魔でもない・・・
それは人の憎悪が生み出したものだから
限りなく溜め込まれたヴァルバニルへの憎しみが塊となってアリアやエルザのような魔剣を生み出した。
これが魔剣の存在理由。
思っていた以上に重いですね(;´Д`)

ここの会話でアリアが剣に変わる時の呪文に「神を殺せ」という単語が入っていたのか分かりましたよ!
そういう理由があったとはね(^^;

やはり黒幕はシーグフリード
もう最初から分かってはいましたがついに姿を現しましたよ。
今度は老騎士と一緒に出てきました。老騎士は相変わらずヴァルバニルへの憎悪しかなく、その剣先をすぐにリサへと向けます。
もちろんルークが守ろうとしますがそこへシーグフリード登場。
シーグフリードの魔剣は切ったものを何でも腐らせるという悪役にはぴったりの武器w
それにしてもルークはよく無事だったな・・・思い切り心臓に命中していた気がしたのですが^^;
どちらにせよルークはほとんど身動きの取れないような状況。
もちろんリサを守ることが出来るのはセシリーとアリアしかいません。
風の力で死闘を繰り広げますが最後には老騎士の限界が来て終了。
老騎士とエルザは共に力尽きました。
エルザは老騎士の娘だったんですね。その娘をヴァルバニルに殺されたことで憎悪と執念だけで生きてきた。
でも、その結果がこれでは・・・
というか何でリサを狙ったんだろう?
この疑問は意外な形で解決することとなりました。

リサはヴァルバニルの血を引く存在
( ゚д゚)
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・
ΩΩ Ω<ナ、ナンダッテー!!!!????

ルークが幼い頃ヴァルバニルに襲われた時、自分1人が逃げるためリーザを犠牲にして生み出した悪魔・・・それがリサ。
なんという予想外の展開(;゚д゚)
だから老騎士がヴァルバニル、ヴァルバニル言いながら襲い掛かってきたんですね。
それにしてもリサが悪魔とは・・・それよりもルークがリーザを犠牲にして悪魔を生み出すなんて・・・
それが一番驚きです。

うーん、やっぱり目が離せないアニメですね。
結構予想通りに進んできたのですがここにきて予想外ですよ!
原作も読んでみたくなりましたw

聖剣の刀鍛冶-ブラックスミス- 第9話「面影-Lisa-」 感想

ルークの悲しい過去
今回は初めてルークの過去について語られました。
昔ルークには幼馴染のリーザという少女がいて、ある日立ち入り禁止となっている洞窟を興味本位で探検しようということになります。そこには悪魔ヴァルバニルという恐ろしい怪物がいました。
ルークを守るためにリーザが戦おうとしますが一瞬で喰われてしまい・・・助けに来た両親までもがヴァルバニルの餌食に・・・。
結果、ルークだけが運良く逃げ出せたわけですが
このことがルークにとっては一番辛かったみたいです(´・ω・`)
愛していたリーザを失い、両親も失い、自分だけが逃げた・・・
物凄く自分自身に憎悪が湧き上がったことでしょう。

セシリーも初めてルークの過去について知りましたがルークの「リーザを愛していた」宣言で
かなり心が不安定になってるようです^^;
やっぱりセシリーもルークが好きだったわけねw
まぁ、あんなルックスでいつも助けに来てくれたりすれば誰だって惚れますかね(ぇ

そういえばエルザという少女がルークの元へとやってきました。
どうやらヴァルバニルを憎む老騎士の配下みたいですが・・・。

老騎士は老騎士でリサのことをヴァルバニルと勘違い(?)して襲いにやってきました。
幼女を襲うとはなんたるロリk(殴
電撃を操る魔剣を使うようでルークも苦戦。
そしてリサの元へ雷撃が・・・!!!

いつも次回予告やらないので次回が気になって気になってしょうがない。
多分セシリー辺りが助けに来るんじゃないかなぁと思いますがw

<追伸>
セシリーの私服姿かわいい(*´Д`)

聖剣の刀鍛冶-ブラックスミス- 第8話「出立 -Resolution-」 感想

何かを得るには何かを犠牲にしなければならない
裏切り者として帝国側から通知が来たことによりシャーロットたちを送らなければいけなくなった
都市側。セシリーはもちろん納得しませんでしたが事が事なのでそう簡単にセシリーの思い通りにはいかないみたいです(´・ω・`)
まぁ、国家間の問題となると相当難しいですよね。
シャーロットたちを大人しく帝国側へ返還するか、都市に残らせるか・・・2つに1つ。
ただし前者を選んでもシャーロットたちは犯罪者と変わらないため命の保障は出来ない。
かと言って都市に残らせれば裏切り者が寝返ったということとなり都市と帝国の間で戦争が起きるかもしれない・・・何かを得るには何かを犠牲にしなければならないというこの世の理ですね。

シャーロットは整理がつかないみたいで凄くやつれた姿になってました(つД`)
母親のために魔剣をいただきにきたというのにそれすら無意味なことになったんですからショックも大きいでしょう。

マーゴット、ドリス、ペネロペの3人はシャーロットをどうにか救うため苦渋の選択をします。
魔剣を持ち帰り帝国に許しを請う・・・でも、そんなことが通るはずもありません。
確実に処刑されるでしょう。そう分かっていても何かをせずにはいられない3人のシャーロットへの想いが感じられましたね。

でも、セシリーがそんなことを許すはずがありません。
2度目の戦いを始めるセシリーとドリスたち。今度はセシリーが勝ちました。
意志の強さ
まさにこれの差だったんでしょうね。セシリーは相当熱く語って説得しながら戦っていましたが
前より強くなってます(^^;
使いこなせているというのかな・・・アリアを。
セシリーも成長しているんですね^^*
どうでもいいですが説教をしているセシリーが上条さんに見えました(ぇ

軍国に亡命
シャーロットたちに残された第3の選択肢はこれ。でも、そんなことをすれば母親の汚名を晴らすためにやってきたことが全て無駄に・・・つまり母親をも裏切る行為になってしまう。
ドリスたちも同意見でしたが、彼女たちはそれよりもシャーロットの幸せを第一に考えています。

思い悩んでいたシャーロットはまたもやセシリーの言葉に救われ、軍国に亡命することを決めました。
またどこかで会えるかもしれませんね^^*
少なくともシャーロットには3人の頼もしい家族がいるんですから・・・。

ところで・・・

ルークの出番が少ないよ、またorz
まぁ、ルークとリサのお陰でシャーロットたちは救われたようなものなんですがねw
でも出番は少なかったです(TT
もっとルークに出番をw

聖剣の刀鍛冶-ブラックスミス- 第7話「家族-family-」 感想

働かざるもの・・・死ね!
また奥深い名言が生まれちまったな・・・(by恭介

前回襲ってきた4人の少女をキャンベル宅で預かることになったセシリー。
働かずに生活する気マンマンだった4人を叱咤激励したのはセシリーの馴染みらしく、セシリーには優し・・・くないね^^;
働くべきはこの4人だというのに何故かセシリーまで家の仕事の手伝いをさせられることに。
もちろんメイド服で(ぇ

というかセシリーのメイド姿が似合いすぎてて違和感がないですw
やっぱり騎士には向いてなかったんじゃないかな・・・としみじみwww

無理やり働かされたシャーロットたち4人も最初は嫌々だったけどだんだんキャンベル家での生活にも慣れてきて楽しい、と感じるようになっていました。
でも、シャーロットにはやるべきことがあったわけです。
母親のために成すべきことがある。だから今の生活を続けてはいけない。
そんな葛藤の中、シャーロットはキャンベル家のご婦人に自らの母親を重ねて甘えるように・・・。
ここはなんとなく切ない感じでした。明るい表情を見せているシャーロット。
だけど切なさも混じっているような・・・そんな感じを受けました。

今の生活を選ぶか、母親のために成すべきことを成すか・・・悩むシャーロットはご婦人に
悩みを打ち明けます。
自分が幸せになる選択
シャーロット自身が幸せだと思う選択をするべき、とご婦人は説いてくれました。
なんて良いお方なんでしょうね(つД`)
この言葉はシャーロットにも深く染み渡ったようです。

シャーロットは帝国の者ではない!?
なんとなく予想はしていましたがシャーロットは帝国の人間ではない、と調査の結果分かりました。
単に帝国側がシャーロットの存在を抹消しただけなのでしょうがシャーロットたちにはかなり辛いでしょうね。

どうでもいいけどRPGみたいな展開w
RPGにはお決まりの展開ですがどのように解決していくのかが楽しみなんですよね。
恐らくセシリーの仲間になっちゃうんでしょうが・・・魔剣もあるし。
次回も楽しみです♪

P.S.
ルークの出番が少ないw
今回はなんかセシリーのことを見て「リーザっ」と言葉を発していたところが
印象的だっただけで、後はセシリーの鉄拳を喰らっただけですよねw
というか戦闘ではあんなに足捌きも完璧で強いのにセシリーの鉄拳は避けられないんだね^^;
意外と弱点の多いルークの株が、何故か私の中では上昇中です(ぇ

Twitter
ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
                                                 
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。