プロフィール

SHUMA@ロリコン紳士

Author:SHUMA@ロリコン紳士
きんいろモザイク2期デース!

趣味:アニメ鑑賞、アニソン鑑賞、ゲーム
【神アニメ】
・灼眼のシャナ
・sola
・Darker Than Black-黒の契約者-
・ひぐらしのなく頃に
・ef-a tale of memories&melodies
・瀬戸の花嫁
・エルフェンリート
・STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・異国迷路のクロワーゼ
・夏目友人帳(無印→参)
・うさぎドロップ
・Another-アナザー-
・Fate/Zero
・TARI TARI
・凪のあすから
・SHIROBAKO ⇐NEW!

大好きな声優:早見沙織、東山奈央

<2015年【新作 春】視聴予定アニメ>

【日曜日】
・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
・血界戦線
・アルスラーン戦記

【月曜日】
・終わりのセラフ 第1クール
・グリザイアの迷宮&楽園
・山田くんと7人の魔女

【火曜日】
・ニセコイ:
・黒子のバスケ第3期(後半)

【水曜日】
・魔法少女リリカルなのはVivid
・響け!ユーフォニアム

【木曜日】
・ハロー!!きんいろモザイク

【金曜日】
・トリアージX

【土曜日】
・やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続
・レーカン!
・境界のRINNE
・電波教師
・ガンスリンガーストラトス
・Fate/stay night UBW 2ndシーズン
・プラスティック・メモリーズ
・ミカグラ学園組曲

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 最終話「Graduation」 感想

最期には笑って消えて―――
前回のゆりっぺの活躍により、戦線のメンバーたちは皆旅立ちました・・・
と思いきや、目覚めたゆりっぺの傍らには
音無、日向、直井、・・・そして奏
何故か4人だけが残っていました。

なんでも、皆で卒業式をして別れたいんだとか。
奏ちゃんは卒業式をやったことがないみたい。
だから奏ちゃんが主に中心になって催した卒業式となりました。

なんとも可愛らしい字で「死んでたまるか戦線 卒業式」と書いてありました^^*
女の子らしい字で思わず微笑んでしまったw

戦歌斉唱は・・・・(汗)w
奏ちゃんが作詞したオリジナル戦歌を5人で歌ったのですが・・・

(*゚д゚)<マーーボォーーードーフー♪
ひどい歌wだけど可愛いwww
音無が言うように奏ちゃんらしさが出てて良い歌だったと思いますw
というかメロディ知らないでよく歌えるな皆・・・^^;

そして、卒業証書授与・・・

日向が校長役・・・w
なんか、せっかくの感動シーンが色々と台無しだよw
まぁ、音無が日向にも卒業証書を渡すシーンには感動したけど。
やっぱり親友だなぁ~と思いました。

卒業証書授与って一生モノですからね。一生のうちに幼稚園を含めて5回しかないイベントですからね。
大学の卒業で終わり・・・そう思うととても貴重なモノに思えます。
だから、それが生前に出来なかった奏ちゃんは・・・出来て本当に良かったね(つД;`)

卒業式の終わり、それは旅立ち―――
まずは、直井くんから消えたのですが不覚にも泣いている直井くんが可愛く見えてしまったw
皆の前でお別れを言うんじゃなくて音無の前でお別れを言った辺り、本当に音無のことを愛して・・・(ぇ
まぁ、音無のお陰で救われたようなものですからね~
良い別れだったと思います。

次はゆりっぺ。
戦線のメンバーを支えてきた、音無が「死後の世界」で初めて会った存在・・・
そのゆりっぺがついに消えます。

なんだか、最終回のゆりっぺは今までとは違って凄く女の子らしくて可愛かったですね^^*
奏ちゃんとは最後の最後で良い友達同士になれたし・・・
思わず「お疲れさん、ゆりっぺ!」と口から出てしまった。
最初は影が薄いとか色々言われてたけど最後には活躍してくれましたしね~
いやぁ、本当にお疲れ様。

消え方もゆりっぺぽく、サッパリとしていて良かったです。

3人目は・・・まぁ、常識的に考えて日向。
もう、多くを語る必要も無い・・・みたいな感じで以外と音無との会話は少なめでしたが
気持ちはヒシヒシと伝わってきたので良い演出だったと思います。
相変わらず良いところで良い仕事しますね日向は^^*

旅立って・・・ユイに出逢えたら良いな・・・

さてさて、残されたのは2人。
最終回なので音無くんがどういう行動を取るのかは大体把握できました。

音無の告白-あい-、奏の真実-こくはく-
音無くんが最後に「この世界で一緒にいよう」と言いました。
そして奏ちゃんに「好きだ」と告げました。

はい、ここで結構、賛否両論が別れたかと思います。

「音無、調子にのんな!」という奏ファンの人
「音無、皆消えたのにそりゃねーぜ」という人

まぁ、私も若干思いましたがw

だって、皆を折角あんなに良い卒業式開いて消えさせてあげて
自分は奏と一緒に残るなんてさ・・・ヒドい気がする。
とはいえ、音無くんの気持ちも分かる!
好きな人とは離れたくないし、ずっと一緒にいたいもんね・・・

ところが奏ちゃんは突然、真実を語ります。

奏は音無の心臓-いのち-に救われた少女
ちょっとこの展開は予想外でした^^;
思わず鳥肌立ってしまいましたよw
確かにずっと奏ちゃんの存在が気になってたけど・・・まさかこんな真実があったなんて・・・。
さすがは麻枝さんですねb

自分の命を救ってくれた人に『ありがとう』が言えなかったことが悲しくて
この世界にやって来たんだそうです。

なるほどね~まさかこんな真実があるとは・・・
音無の妹・・・とかそんな予想が完全に裏切られてしまいましたw(もちろん良い意味で)
いやぁ、思わず溜め息が漏れてしまう展開でした。

奏に消えて欲しくない音無。
だけど、奏の願いを叶えてやりたい音無。
結局は後者を選んだ音無。

でも、それで良かったと思うよ・・・
あそこで「ありがとう」って言わせてあげなければきっと後悔したと思う。
だから、ちゃんと言わせた音無くんの判断は間違っていなかった。

奏ちゃんが消えた後には思わず感動してしまった。でも、もうちょっと大きな叫び声の
方が良かった気がする・・・
まぁ細かいことなのでどうでもいいですがw

エンディングは予想通り
エンディングは私の予想通りでした。
やっぱり最後は皆消えちゃった・・・なんか寂しい。
特に最後に奏ちゃんが消えた辺りでは・・・なんかこう・・・胸が締め付けられる想いが・・・

最後のシーンでは奏ちゃんらしき女の子と音無らしき男の子が出逢う感じでしたね。
肩に手が触れる瞬間に終わるのが、なんとも憎い演出(>ω<)

そんなこんなで、このアニメも終わってしまいましたね。
最終回は・・・期待通りとまでは行かなかったけど良い最終回だったと思いました。
ただ、日向とユイがどうなったのかは表現して欲しかったかも・・・
一番気になる2人なので。

そこら辺が納得いかなかった人も多いんじゃないかな?と思います。

後、他の戦線のメンバーの消え方があまりにも呆気なさ過ぎて
ちょっと残念だったかも。
戦線のメンバー全員で卒業式やったらきっと泣いてました。
5人だけ・・・っていうのも演出なんだろうけど私としては皆で卒業式やって
欲しかったかなぁと。

ま、そんな感じで良いアニメでした。

ちなみに今、ニュースでガルデモが流れてました。
ガルデモの歌も全部TOP10入りしてるんですね~さすがw
スポンサーサイト

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 感想

一度きりの人生、自分だけの人生
1回見ただけじゃ色々と理解できない点が多かったために数回見させていただきましたが・・・
それでも理解できてるか分からないw
とはいえ、結構単純な話なんじゃないかな?と感じました。
深いけど単純、うんワカラン(ぇ

第12話あらすじ
増え続ける無数の影を天使が全力で殲滅していく中、音無・日向・直井も戦う事を決意する。
影のあまりの多さに一瞬怯んだ彼等であったが、野田・大山・TK・藤巻・松下五段・椎名といった戦線メンバーの参戦もあり、影との総力戦を繰り広げていくのであった。

一方その頃、ゆりは、NPCを影に変え自分達に襲い掛からせている神様気取りの何者かを突き止めるため、ギルド深くを目指し歩を進めていた。
そして、なんとかオールドギルドまで辿り着いたゆりであったが、突如襲いかかってきた影に飲み込まれてしまうのであった…。

(公式HPより)

入江ェ・・・関根ェ・・・
前回の音無くんの言葉で「納得」したため、ひさ子や入江、関根がついに飛び立ちました。

・・・・・・
・・・・
・・・

入江と関根って必要だった?(オイ
だって、設定上では「死んでるのにお化けが怖い」とか色々あったじゃん!
なのに何この扱い・・・
セリフで言えば原稿用紙3、4行くらいだったと思うよw

当初から思ってましたが、1クールのオリジナルアニメって決めたからにはキャラ数はもっと
制限した方が良かったと思います。
明らかに人数多いせいで空気化してるキャラいるし・・・
遊佐とかさ・・・可愛いし黒ストで無口無表情キャラという完全に私の嫁・・・

エンディングでいつも遊佐がテレビ画面に収まらず見切れてるのでより一層悲しいw

謎の影との戦闘を繰り広げる音無。
最初は日向と直井しかいませんでしたが、次第に仲間が加勢しに来てくれました。
特に大山くんと松下五段には驚いたw
「神様もびっくりってね!」とか良いながらライフルで狙撃する大山くん。
神様というか視聴者もびっくりw
あの大山くんがカッコイイだなんて(つД`)

松下五段に関しては思わず「誰?」とツッコんでしまったwww

山篭りしてただけであの減量はないだろ^^;
しかも、痩せた方がイケメンに見える不思議(ぇ
腹が減って弱ってるかと思いきや逆に戦闘力が上がってるみたいです。
影を片腕で倒してる辺り、本当なんだねw

そんな感じで戦っていきますがどんどん数が増えていくため、切りがない。
そこへ、現れた椎名。
「100人だ。100人戦力が増したと思え。」
椎名様、俺・・・一生あんたについて行きます!
今後は姉御と呼ばs(ry
凄く格好良くて惚れましたw

お陰で音無くんはギルドへ向かったゆりっぺの元へと行くことが出来ました。
日向はともかく直井までもが音無と同行。

ホント、直井くんは音無が好きだなぁ(アッー

一方、ゆりっぺは影による襲撃で「幻」を見せられていました。
多分、高松がNPCにさせられた時と同じ「幻」を見せられたんでしょうね。
穏やかな学園生活、自分が自分でいられる場所・・・幸せだ。
でも、そんな幻想で自分が送って来た人生を無かったものにするなんてダメ。

前に音無くんが言ってましたよね。「お前の人生だって!本物だったはずだろ!!」
塗り替えるなんてことはしちゃいけないこと。
どんなに塗り替えられた人生が幸せなモノでもそれは自分が生きてきた本当の人生ではないから・・・

ゆりっぺはその強い意志で「幻」から開放されましたが、影に侵食されそうになります。
そんなゆりっぺを救ったのは音無・・・というか奏ちゃんかな^^*
音無の後ろからひょっこり顔を出す奏ちゃんに不覚にも萌えてしまったことを許してください。

そんなこんなで影を生み出している犯人の部屋へと行くことができたゆりっぺは、ついに犯人と対面します。

で、ここからがよく分からなかったので私の勝手な解釈になっています。
なので真に受けないでくださいw


私の解釈だと。
犯人は「Angel Player」によって生み出された存在。で、その「Angel Player」にバグが発生。
それを修復するために「リセット」を行った。
バグというのは「死後の世界」に発生した『愛』で、人生を全うして「死後の世界」へ記憶喪失のまま現れる
存在が度々確認されていた。
その存在によって想定外のバグが発生する危険性がった。

それで、今回のように『愛』というバグが発生してしまった。

現実の世界じゃなく「死後の世界」で『愛』が生まれるなんて本当はあってはいけないこと。
だから深刻なバグは「リセット」でキレイさっぱり無くしてしまおう。

よって、黒い影が次々とNPCじゃない存在をNPCに変えるような事態に陥った。

ちなみに「Angel Player」は「死後の世界」のシステムを変えることが出来る最高のツール。
一人だけたどり着いたゆりっぺはそのツールを自由に扱って良いと言われます。
だけど、そんなことをゆりっぺがするはずありません。
よって、「第二コンピュータ室」にあるパソコンを全て破壊。
影は消失し、「死後の世界」に平和が・・・ん?死後の世界の平和っておかしい気がw

全てを成し遂げたゆりっぺは救われたんですね~
かなり気持ち良さそうな顔でした。

そんな感じで適当な感想で申し訳ありません^^;
私の知能レベルではこれが限界orz

納得いかない人は記憶から抹消してくだs(ry

次回はついに最終回!

はぁ・・・ユイにゃん・・・

AngelBeats! 第11話「Change the World」 感想

戦線を襲う謎の影――
今回は前回とは一片して緊迫したストーリーでした。

相変わらず日向と直井に好かれている(アッー)音無くんですが、戯れている途中で直井くんの影が何やら
不気味に蠢き、そして化物が現れました(;`゚д゚)
なんか、昔のアニメにこういう敵がいた気がするw

それは直井くんの体を地面に引きずり込もうとしますが、日向と音無が応戦したことによって
無事に済みました。

ゆりっぺの見解では天使の新たな武器ではないか?ということでしたが竹山くんに天使のPCを弄ってもらったところ
今までとは違うスキルがあってもそれは『謎の影』とは関係の無い武器。
そもそも奏は自衛のためにスキルを開発してたわけだから、奏が犯人なわけがなかったんですがw
まぁ、でもリーダーとしてはそこもちゃんと疑うべきだと・・・こういうところはリーダーっぽいですね^^*

そんな感じで奏と話し合っていたわけなのですが、その途中、銃声が聞こえました。
見れば校庭で戦線のメンバーが大量の『謎の影』に襲われています。
もちろん助けに行くんですが、この時の奏には思わず溜め息が漏れましたよ・・・

白い翼の生えた奏はまさに天使・・・
いやぁ・・・あそこの演出には見惚れてしまいましたよw
あれじゃ完璧に天使ですよね~
音無の提案だったけど・・・音無GJとしか言いようがないw

日向と音無も見惚れていましたが、ゆりっぺも負けじと戦線のメンバーのもとへ走ります。
ゆりっぺはゆりっぺで人間離れした動きしますね^^;

大量の影でしたが、奏やゆりっぺたちのお陰でなんとか倒すことができたみたい。
ところが、違う場所で犠牲者が出ていました。

高松がNPCに!?
喰われたのは高松。しかし、すぐに無事に帰ってきました。
でも、なんだか様子がおかしいです。
授業を真面目に受けようとしている姿もそうですが・・・なんか前の高松じゃないような・・・

ゆりっぺが言うには影に喰われたことで高松はNPCになってしまったそうです。
つまりは、魂が無くなり永遠に死後の世界で生徒として生きるということ。

影に喰われると消えることすら出来なくなるわけですね。
それはとても残酷なこと。

もちろんゆりっぺたちが大人しく何もしないわけがありません。

ゆりっぺはPCを使って影のバグを発生させている犯人がいると推理し、単独で捜査に乗り出しました。
PCを使うのに最適な場所は「図書館」
そこでゆりっぺは図書館へ行くわけなのですが、そこで犯人(?)らしき怪しい人物が・・・
銃口を向けて何をしていたのか聞き出しますがどうやら学校の職員が盗まれたPCを設置するために色々としていたみたい。

というか一瞬、本気で犯人かと思いましたよw
だって声がキング・ブラッドレ(ry

ゆりっぺはその職員らしきお爺さんがいなくなると再び図書館へ潜入。
そして見つけたのは地下へ続く隠し通路。

・・・つまりですね
「またギルドかよっ!」w
とことんギルドに縁がありますねwww

次回は再びギルドに潜入するんでしょうね~

どうでもいいけどガルデモどうすんのよ^^;
2つのギターが並べられてるシーンでなんだか悲しく・・・(色々な意味で

岩沢、ユイが消えて高松はNPCになっちゃうし・・・
最初、私は音無が余計なことをしたせいで世界がおかしくなったんじゃ?と思ってましたが
どうやら音無くんのやろうとしていることは正しいみたい?

でも、音無が自分の意思で皆を消そうとしてからこうなったわけだし・・・うーん

というか最終回まで残り2話ですか^^;
グダグダで終わらないことを祈ってます。

Angel Beats! 第10話「GoodbyeDays」 感想

この第10話・・・
まったくもって納得できん!
前回、死後の世界の真実を知った音無が天使と一緒に戦線のメンバーを消す(成仏させる)ことになりましたが
最初にその1人となったのはユイ。

一番やりたいことをやっていて、一番消えるのが簡単そうだと思ったから・・・らしいです。

でも、ユイはかなり無茶な夢を持っていました。
「ミュージシャンになる」「野球でホームランを打つ」「サッカーを5人抜きでゴールする」「プロレスの大技を決める」・・・

なんでこんなにも夢が多いのかと言うと
生きていた頃のユイは全身麻痺
交通事故のせいで動かない体になってしまったんだそうです。
ずっと寝たきりで『自分で何かをする』ということすら出来ない状態。
全て身の回りの世話はお母さんにやってもらっていて自分では何もできない・・・。

でも、テレビだけは見ることが出来た。
そこで「音楽」に興味を持ち、「野球」や「サッカー」、「プロレス」にも興味を持った。

だから、死後の世界でのユイはあんなに活発で元気に動き回っていたわけですね。
日向にプロレス技をかけていたのはそのせいか・・・

と、言うわけで音無はユイの夢を叶えるべく奮闘しました。
しかし、「野球でホームランを打つ」という夢だけは叶えさせてあげることはできませんでした。
これじゃあこの世界から飛び立つことができない・・・そう思った音無でしたが
ユイはそもそも『体を動かす』こと自体が夢だったわけ
なので、こんなに体を動かせて良かった・・・とユイは満足。

でも、一番の夢は「体を動かすこと」ではありませんでした。
誰かと結婚すること
まぁ、女性の一番の夢かもしれませんね。
だけどユイの場合は体が不自由、ということもあって人一倍「結婚」に対する夢が強かったんでしょう。

「こんな体じゃ結婚できない」だからこの夢は叶わない、そう思っていたんですが、
「俺が結婚してやんよ!」
まさかの日向のプロポーズ (゚д゚)ポカーン
日向の本気の言葉によってユイは無事、飛び立つことができました。

はい!感想はこんな感じですが色々と言いたいことがあるので言います。

(以下はやや批判的、というか不満が色々書いてあるので注意^^;)

続きを読む

Angel Beats! 第9話「In Your Memory」 感想

死後の世界が在る理由
前回、大勢の意識が奏の中に入り込んでしまったことで意識不明になってしまった奏。
死後の世界には病気も無い、だけど奏は目を覚まさない。
そのことに苛立ちと焦りを見せる音無。

うーん、記憶を取り戻してから音無くんは色々と不安定な感じがします(´・ω・`)

そんな時、音無くんは奏に付き添っている間に眠ってしまいます。
そして、生きていた頃の記憶が再生されました。

生きた証を残せていた音無結弦
志半ばで死んでしまったと思い込んでいた音無でしたが、真実は違っていました。
電車事故の後、音無はまだ生きていて傷ついた乗客を助けるために必死になって頑張っていたみたいです。
自分がかなりの重傷を負っているにも関わらず、健気にみんなに希望を持たせ続けた音無。

凄く輝いて見えました。

トンネルの中での事故だったために出入り口が全て土砂で埋まってしまっていました。
だから脱出することが出来ない。
そんな空間で平静を保っていられる人間がいるでしょうか?
当然のごとく少ない食料や水を奪いあったりします。

水を自分だけのものにしようとして結局、貴重な水のペットボトルの中身をぶちまけてしまった青年がいました。
そんな彼に音無くんは怒るでもなく、拘束するでもなく・・・
「その零れた分の水は俺の水」
そんなことを言える音無くんは本当に・・・本当に凄いと思いました。
重傷を負っていて、しかも怪我人の手当てまでしている音無くんの方が確実に喉が渇いてるだろうしお腹も減っているはず・・・それなのにこんなことを言える・・・。凄いとしか言い用がありませんよ^^;

音無くんが医者になっていたらきっと素晴らしい名医になっていたことでしょうね。
大勢の人命が彼の手によって救われたはずです。

でも、それは叶いませんでした。

結局、一週間も閉じ込められた乗客たちは完全に衰弱していました。
音無くんも目が空ろ・・・
そこで初音のことが走馬灯のように蘇ってきました。
声も出ないくらいに衰弱している音無くんでしたが、仲間にペンを借りて
とあるカードに記入を始めました。

ドナー登録カード
自分の全ての臓器を提供することで、たとえ自分がここで死んでも生きた証を残すことが出来る。
衰弱しきっている中でもなお「人のために何かしたい」なんて思える音無くん・・・本当に凄い・・・本当に。

しかも、周りの乗客までもが音無くんに心動かされてカードに記入し始めたし・・・
音無くんってやっぱり私は神様なんじゃないかな?と思いますよ。
少なくとも天使と同じ力を持ってる気がします。
そうでなければ中々こんなこと出来ません。

記入し終えた音無くんだけが救出される寸前に息絶えていた描写には思わず涙が出ました。
他の皆を助けて、しかも生きた証も残してそれで自分だけ命を絶つ。
最高にカッコイイ・・・本当に理想的な最後を飾ったんですね・・・。

そこでようやく目が覚めた音無くん。
気付けば天使が音無くんの頭を優しく撫でていました。
ここのシーンも心にグッと来ました(´;ω;`)
奏ちゃんが本当に天使に見えましたよ。
というかむしろ、音無くんの本当の記憶を蘇らせたのは奏ちゃんなんじゃないかと思う。
あの撫で方はそんな不思議な力が宿っているようにも感じました。

それはそうと、あの冷酷な天使の人格じゃなくて奏の方の人格が勝ったんですね!
1対100くらいの確率
だったにも関わらず音無くんの想いが通じたのか、奏ちゃんの方が勝ったみたいです。
・・・やっぱり音無くんにも何か力があると思うw

天使との会話の中、気付いた答え。
それは、
『死後の世界は神に抗うための世界じゃなく
皆が笑って消えるための世界』

ということ。
ずっと「思い残したことが生前にあったから神に抗うために死後の世界がある」と思われてきましたが
実は「本当の記憶を思い出して、みんなが笑って消える・・・そのための世界」ということ。
現に音無くんは生前の記憶が蘇っても消えませんでした。
つまり音無くんは「死後の世界に未練がある」ということ。
それが、「みんなで笑って消えること」
そうなんじゃないかなぁ?と思います。
まぁ、勝手な憶測なので鵜呑みにしない方がいいかもw

それはそうと、奏ちゃんは最初から「死後の世界」がそういう世界だということを知っていて、それを戦線のメンバーに伝えようとしていたのに・・・攻撃されて伝えるチャンスがなかっただけなんですね。
なんか、可哀想・・・でも奏ちゃんものんびりし過ぎ^^;
そこが可愛いんだけd(ry


天使と戦線のメンバーの丁度、中間に立つ存在となった音無はこれからも天使である奏ちゃんに協力していくことに
決めました。
そのためには、またもう一度天使と対立する関係にならなければいけないらしく
奏ちゃんは再び生徒会長に
元に戻ったような感じがしますが、完全に前とは違っています。
奏ちゃんはもう本当の意味での敵ではない・・・というかむしろヒロイン!天使ちゃん可愛い!!天使ちゃんマジで天使!!!

最後、本音で崩壊してますがw

なんだかんだで残り4話くらいなのでどうまとめてくるのか楽しみです。
最後はやっぱりみんなで笑って消えることが出来るんでしょうね~
今回はかなり感動した回だったので最終回は泣くかもw

そういえば、次回はファンの人たちがずっと待っていた・・・あのキャラの回みたいですねwktk
関根ぇええええ!入江ぇえええええ!!

Twitter
ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
                                                 
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。