プロフィール

SHUMA@ロリコン紳士

Author:SHUMA@ロリコン紳士
きんいろモザイク2期デース!

趣味:アニメ鑑賞、アニソン鑑賞、ゲーム
【神アニメ】
・灼眼のシャナ
・sola
・Darker Than Black-黒の契約者-
・ひぐらしのなく頃に
・ef-a tale of memories&melodies
・瀬戸の花嫁
・エルフェンリート
・STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・異国迷路のクロワーゼ
・夏目友人帳(無印→参)
・うさぎドロップ
・Another-アナザー-
・Fate/Zero
・TARI TARI
・凪のあすから
・SHIROBAKO ⇐NEW!

大好きな声優:早見沙織、東山奈央

<2015年【新作 春】視聴予定アニメ>

【日曜日】
・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
・血界戦線
・アルスラーン戦記

【月曜日】
・終わりのセラフ 第1クール
・グリザイアの迷宮&楽園
・山田くんと7人の魔女

【火曜日】
・ニセコイ:
・黒子のバスケ第3期(後半)

【水曜日】
・魔法少女リリカルなのはVivid
・響け!ユーフォニアム

【木曜日】
・ハロー!!きんいろモザイク

【金曜日】
・トリアージX

【土曜日】
・やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続
・レーカン!
・境界のRINNE
・電波教師
・ガンスリンガーストラトス
・Fate/stay night UBW 2ndシーズン
・プラスティック・メモリーズ
・ミカグラ学園組曲

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C3-シーキューブ- 第九章「帰還者はどこか不思議な」 感想

俺の嫁キタ――――――(゚∀゚)―――――――!!!!!!
ということで、見たばっかりで興奮しまくってるんですが・・・
いやぁアニメの黒絵姉さん・・・想像以上に可愛かった・・・
ここまで想像を超える可愛さだったとは・・・原作だけでも可愛かったのに・・・

そして、新たな敵はまたババアですw
田中理恵さんはベストキャスティングwww
全く想像通りの声だったので良かったw

アニメはこのピブオーリオファミリーの話で最終回ですかね?
後3,4話くらいだし。

新オープニングになりましたが、こっちの方が合ってる気がw

サビの戦闘シーンはかなり格好良い仕上がりになっていましたね^^*

戦闘シーン見てもシスターババアとのやつしか描かれてなかったので
やっぱりこの話で終わりかな?

そして、キタエリが歌ってるだけあっていんちょーさん推しw
まぁ、それだけじゃなく本編でもいんちょーさんメインになってきますからね。
ますます春亮に惚れていくいんちょーさんは必見!!!

後、数学教師のあの変態っぽい人ですが・・・

能力は\アッカリーン!/

アニメではそこまでやりそうにないけどw

いやぁ、それにしても黒絵姉さんはハンパなく可愛かった・・・
これで毎週の楽しみが・・・(←ロリコn

いきなりお風呂シーンもやってくれたので右手が忙しかったぜ(ry爆
スポンサーサイト

C3-シーキューブ- 第七章「予見者の眼に映らない」 感想

最初で最後の恋にする、それが呪い
今回はあまり話が進まなかったんですが、衝撃的な事実が発覚しましたね。

まず、春亮たちが思いこんでいた桜参白穂が実はサヴェレンティで、サヴェレンティだと思っていた人物が
桜参白穂だったということ。

そして、サヴェレンティの呪いが「人間の精気を吸い取る」というものではなく、
「所有者に恋をして殺す」という呪いだったということ。

人形である自分が、所有者に恋をして『抱きしめたくなる』
しかし、恋が最大限にまで膨れ上がると自らの体内にある「殺人器官(キリングオルガン)」が
発動して所有者を串刺しにしてしまう・・・。

ピーヴィの一件とは違い、今回は禍具と人間を救う話になるのかな。

フィアも人間の役に立つことを自然とやれるようになってきてるから
今回の一件でもっとそういう気持ちが大きくなっていけば良いと思う^^*

ちなみにサヴェレンティと白穂の事件をきっかけにフィアが『恋』という
言葉を初めて知ります。

原作12巻まで来てもまだフィアの『恋』に関する認識はもやもやしたまんまなんだけどw

でも、難しいところだよね~
いんちょーさん以外はどんなことを言っても「人間」にはなれないんだし。
それどころか寿命だってね・・・

恋愛事情は意外と複雑^^;

C3-シーキューブ- 第六章「球形硝子に似て脆弱な」 感想

今回の任務、呪われた人形を探すこと
というわけで、前回はピーヴィのBBAを倒し、ある意味新章へ突入したわけなんですが
今回は呪われた人形を探し出す話。

あっと言う間に見つかるんですが、どうやらその呪われた人形は人間の精気を吸い取ってるらしいです。
理由はよく分かっていませんが、とにかく無関係な生徒が危険に晒されている!
ということで、フィアたちが奮闘するんですが、

今回の敵は正直言うとそこまで強くはない。

まぁ、数的には厄介ですがね。確か人の形してる物体なら何でも操れる能力だった気がする。

後、呪われた人形・・・ということでその呪いが何なのか気になるところですが・・・
『愛した人を串刺しにして殺す呪い』だった覚えが・・・。
殺人器官(キリングオルガン)だっけ?

バトルとしてはそこまで激しかった記憶はないけど、結構切ない話です。

アニメでは2話くらいで終わるみたいだね。まぁ、そんなに引っ張る話でもないし。

というか、むしろ早く黒絵姉さんに会いたい>ω<

ちなみに、全く視聴者の皆さんは気にしなかったと思いますが
フィアたちのクラスで数学を教えていた教師・・・かなり重要人物ですよw

気づかなかった人は完全に彼の能力に引っかかってますw

アニメではそこまでやらないだろうけど、やったら確実に「\アッカリーン!/」と言われることだろうね。
素顔めっちゃイケメンだけどw

後、サヴェレンティが誰で、白穂が誰なのかちゃんと把握しておくべき。
混乱するw

C3-シーキューブ- 第四章「夜には母親と抱き枕を」 感想

私は、わがままなのだぞっ!

まだしつこく生きているピーヴィのばb(ry

マミーメーカーちゃんを全裸にさせてなんとうらやまs(ry

さて、私も暴走してしまうので簡潔に感想をw

とりあえず、いんちょーさんのあからさまな「私ただの人間じゃないですよ?」描写はどうかと思う。
これじゃ、次回の驚きや衝撃がなくなっちゃうような・・・。

それはそうと、原作ではこのは嫌いだった私。
でも、アニメになって気づいた・・・

あれ?なんで嫌ってたんだろうw

普通に良い子じゃんw
このはの矯正のお陰でフィアがあの病んだ表情で闘わなくなったわけだし・・・
今更気づくとはw

そして、相変わらず主人公の器である春亮。
「禍具は、俺達人間の身勝手な呪いが作り出してしまった存在。普通なら俺達を憎んで当然。だけど、他に頼るものがなくて・・・それで、俺達の元へとやって来た・・・。俺達が助けてやらなくてどうする!」
というのが、春亮くんの気持ち。

・・・これは惚れるw

このはが一瞬反応してましたが、あれは「春亮くんカッコイイ///」という反応w

アニメのこういうハーレム主人公って大体ヘタレが多いんですが、春亮くんはお爺ちゃん性分なところもあって、
それでいてやる時はやる!っていうスタンスなんですよねw
だからこそ、主人公の中では結構好きなんですよw

まぁ、こんな格好良ければ惚れても仕方無いw

とはいえ、好かれるのは禍具全般なんですが・・・w

唯一、人間で春亮くんが好きなのっていんちょーさんだけだs(ゲフンゲフン

そういえば、ピーヴィとの激しい戦闘中に夜知家へ訪れるとか・・・馬鹿げているぞ・・・

完全に死亡フラグ立ってるw

後、マミーメーカーちゃんが可哀想!と思う人は多数いると思いますが、
大丈夫・・・彼女は生きてr(ry

C3-シーキューブ- 第三章「彼らの温度の二律背反」 感想

その答えは最高で・・・最低だな・・・

<第三章ストーリー>
『蒐集戦線騎士領』からの刺客でフィアを破壊しにきたというピーヴィーと対峙する春亮たち。戦闘の中、かつて多くの血を吸った拷問器具としての本能に目覚め、 狂気に呑まれそうになり春亮を傷つけてしまったフィアは、 春亮たちの元から去ろうとする。



ついに本能を現してしまったフィア。今までの負の感情が爆発して自我が崩壊してしまっています。
ピーヴィの左腕を容赦なくギロチンで切断するあたり、完全に暴走しちゃってるね・・・。

しかもピーヴィが逃げてもまだまだ『悲鳴』を求めて春亮までも攻撃してしまいます。

そのせいで、春亮に怪我をさせてしまいフィアはようやく正気に戻りました。
だけど、同時に自分が「許されない罪を背負った拷問器具」ということを決定付ける出来事だったため、
フィアは春亮たちから姿を消します。

まぁ、折角自分の居場所が見つかったと思ったのにまた壊そうとしちゃったんだから当然ですね。

血を流しすぎた春亮はそのまま意識を失ってしまいます。
このはの手当てで事なきを得ましたが、春亮はとにかくフィアを探したい様子。

そこでこのはは春亮にヒントを与えてくれます。

「自分とフィアは同じ、だけど春亮に、過去の罪がどうとか、どういう存在だとか・・・そんなことは一言も言ってない」

その言葉で答えを得た春亮はフィアを探すため外へ。

一方、腕を切断されて瀕死のピーヴィはマミーメーカーによって治療され、なんとか死ぬことだけは
避けられました。
とはいえ、もはや立つこともままならない状態なため、マミーメーカーの指示で休むことになりました。

自分を諭したマミーメーカーに興味を持ったのかピーヴィはなんとなく穏やかな顔になっていましたね。
まぁ、一時的なものなんだけど^^;
マミーメーカーちゃんマジで可哀想なキャラなので(泣)

そんな時、フィアは雨の中を未だ自我を喪失したまま・・・

いんちょーさんがそれを見て、ただならぬ空気を感じたみたいですが
案の定いきなりフィアに襲われてしまいます。
人体穿孔器とか・・・ガクガクブルブル

幸い、途中でフィアが正気に戻ったためいんちょーさんは手のひらに傷を負った程度で済みましたが
フィアはそのまま呆然としてふらふらと消えていってしまいました。

春亮はいんちょーさんからの目撃情報を得て、海の方へと足を運びます。

ところで、いんちょーさんの手のひらの傷が完治していたことに違和感w
私は知ってるんですが、さすがにいんちょーさんのネタバレ多すぎでしょ・・・
「普通の女の子」っていう演出を強くしておけば後々で良い展開になったはずなのに。
演出に文句を言いたい(ぁ

で、春亮はようやくフィアを見つけるんですが海に沈んでしまったために引き戻すのが大変だったみたいですねw
見た目は小柄な女の子だけど、体重はそのまま立方体の重さだからねw
騎乗位の時とかつら(ry馬鹿げている

春亮の優しい一言でようやくいつものフィアに戻りました。
「罪がどうとか、過去がどうとかは関係ない。ただ、フィアがここにいたいか、いたくないか、それだけ」

だからこそ夜知春亮は主人公としてもキャラとしても結構好きだったりするw

なんか良い最終回だなーって感じに終わりましたが、次回でピーヴィの話は終わりかな?

サヴェレンティや白穂が楽しみwktk

その前に・・・黒絵姉さんは・・・まだか?・・・まだなのかっorz

Twitter
ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
                                                 
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。