プロフィール

SHUMA@ロリコン紳士

Author:SHUMA@ロリコン紳士
きんいろモザイク2期デース!

趣味:アニメ鑑賞、アニソン鑑賞、ゲーム
【神アニメ】
・灼眼のシャナ
・sola
・Darker Than Black-黒の契約者-
・ひぐらしのなく頃に
・ef-a tale of memories&melodies
・瀬戸の花嫁
・エルフェンリート
・STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・異国迷路のクロワーゼ
・夏目友人帳(無印→参)
・うさぎドロップ
・Another-アナザー-
・Fate/Zero
・TARI TARI
・凪のあすから
・SHIROBAKO ⇐NEW!

大好きな声優:早見沙織、東山奈央

<2015年【新作 春】視聴予定アニメ>

【日曜日】
・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
・血界戦線
・アルスラーン戦記

【月曜日】
・終わりのセラフ 第1クール
・グリザイアの迷宮&楽園
・山田くんと7人の魔女

【火曜日】
・ニセコイ:
・黒子のバスケ第3期(後半)

【水曜日】
・魔法少女リリカルなのはVivid
・響け!ユーフォニアム

【木曜日】
・ハロー!!きんいろモザイク

【金曜日】
・トリアージX

【土曜日】
・やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続
・レーカン!
・境界のRINNE
・電波教師
・ガンスリンガーストラトス
・Fate/stay night UBW 2ndシーズン
・プラスティック・メモリーズ
・ミカグラ学園組曲

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語-バケモノガタリ- 第5話「まよいマイマイその參」 感想

阿良々木暦はロリコンだった!
相変わらず面白いやり取りをしている暦と真宵ちゃんなのですが今回は色々とヤバかったです。
えぇ、阿良々木くんがwww
まさかの胸揉みました発言
取っ組み合いしている時、どさくさに紛れて何をやってるんだか^^#
俺にもやらせ(ry

前回はあまり出番の少なかったひたぎさんが帰ってきました。
それで真宵の探している家にたどり着くための方法を教えてもらうわけなのですがその方法が
なんとも残酷でした。
阿良々木くんが真宵から離れればいい
どうやら、もともとひたぎには真宵の姿も声も匂いも感じなかった。
そこでひたぎは『また』自分はオカシくなってしまったと思い、そして暦にそのことを知られるのを恐れ、わざと見えてるように接していたのだという。
これには衝撃でしたよ^^;まぁ、ちょっといつものひたぎとは雰囲気が違うような気はしてたけどね^^;

そして、問題の真宵なのですが怪異と言うよりは呪縛霊なのだそうです。
『家に帰りたくない』
丁度そう強く思っていた暦に引き寄せられた。だから暦にだけは真宵の姿が見えていた。
同じく羽川さんも家庭の事情を抱えていて『家に帰りたくなかった』だから真宵の姿が見えていた・・・。
この謎解きみたいなストーリーには体中電撃が走りました(;゜Д゜)
こんな感覚はひぐらし以来のような気がしますw

呪縛霊・・・つまり真宵ちゃんはもう亡くなっていたんですね・・・。
しかも、真宵が探してた家は既に無くなっていて私有地に・・・orz
でも、真宵ちゃんは感動で涙を流し、その私有地の中へ・・・『光』の中へと帰って逝きました。
(つω;`)グスン
ここ感動的で泣いちゃいました(TT

何はともあれ真宵ちゃんはちゃんと無事に帰れたみたいですね・・・。

そんな干渉に浸っていた私をよそにひたぎがまさかの
I LOVE YOU m9(゜o゜)
まさかの告白ですよw不意を突かれてしまい、食べていたアイスを咽てしまいましたw
それにしても告白シーンのひたぎ可愛かったなぁ(ぇ
ちゃんと答えが聞きたいらしく本気で暦を追い込むひたぎさん。
暦もいきなりそんなこと言われた「OK」とか言えないですよねw
結局、暦の答えは
戦場ヶ原蕩れ~、流行るといいな
もう流行ってますよwニコニコなんかではかなり使われるようになっちゃってますw
今年の流行語大賞は「戦場ヶ原蕩れぇ~」で決まりだね☆(ぇ

そんなことよりもこれじゃ答えになってないだろ!と思ってツッコんでしまいましたがひたぎさんは何かを理解したらしく笑顔で応えてましたね。
ひたぎさん・・・・普段あまり笑わないから笑うとメチャクチャ可愛いです(*´∀`)

そして、家に帰って無事(?)妹とも仲直り出来た・・・出来たんだろうねあの雰囲気だとw
朝になって妹2人に起こされるという現代の男性の8割以上が望むであろうシチュエーションを堪能し、
また自転車に乗って妹たちから逃げるのであった――

そこで意外な人物に出くわします、それは・・・
八九寺真宵
Σ(;゜Д゜)エッ?あれ?だって成仏したんじゃ・・・
と、思い切り動揺&興奮してしまった私なのですが真宵ちゃん曰く
呪縛霊から幽霊に昇進したみたいです。
誰かにとり憑くことで存在する真宵ちゃんじゃなくなったわけですね。
最後の真宵ちゃんの本気で嬉しそうな笑顔にはズキューーーーンと来てしまいました。

ホント、良い終わり方でした^^*

で、次回からは『猿』です。
私が求める『蛇』はその後・・・香菜(かな)?www
スポンサーサイト

Angel Beats! キャラクター更新!!

この前かなりの数のキャラが追加されていましたが
今回は新たに6人ほど。男は個人的にどうでもいいので(オイ
女性キャラだけ紹介させていただきます。

まずは
岩沢
iwasawa01.jpg
正直言うとですね・・・髪青くしたら完全に美魚ですねw
雰囲気的にはこういうキャラ好きなんですが・・・どんな感じなのかはアニメ始まらないと分からないですしね。というかこれ本当にアニメ?

<紹介文>
ボーカルとリズムギターを担当する、もの静かな性格のバンドリーダー。
率先してみんなをまとめるタイプではないが、その卓越したギターの音色と歌声は、
聞く者を惹きつけてやまない。
また、バンドで演奏する曲の作曲や作詞は彼女の手によるもの。
自分の想いはすべて歌で語るという、生粋のミュージシャン魂を持っている女の子だ。


<解説>Girls Dead Monsterとは?

一見ただのガールズバンドに見える「ガールズデッドモンスター」略して「ガルデモ」だが、彼女たちにも死んだ世界戦線での重要な役割がある。それは、ズバリ陽動。ゆりっぺたちがオペレーションを発動する際に、時を合わせてゲリラライブを敢行。オペレーションとは無関係な一般生徒たちを安全な場所に釘づけにすることが、彼女たちの使命なのだ。
それだけに、彼女たちには、常に人を惹きつける高度な演奏や曲が要求されている。


なんかバスカッシュ!の三人組みたいだね(ぇ
きっと人気出るんだろうな~と思いますwキャラソンとか出しそう・・・

続いて
ひさ子
hisako01.jpg

<紹介文>岩沢とともにバンドをまとめる、サブリーダー的存在で、担当パートはリードギター。
見た目どおりのサバサバした性格の女の子で、戦線の男メンバーたちといっしょに
麻雀に興じることもあるほど。
そのうえ、本人に自覚はないがかなりの強運の持ち主で、ともに卓を囲んだ相手は
その度にヒーヒー言わされるとか。


強運の持ち主で性格はサバサバとしている子・・・うん、イイ(・∀・)!!
こういう子はアニメでは必須ですからね。盛り上げ役として頑張ってほしいです。
でも設定画を見る限りケンカ強そうな子に見える((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル

そして3人目が・・・
入江
irie01.jpg

<紹介文>
戦線きってのビビリキャラ。
自分も死んでいるのに、幽霊が怖く、怪談話が大の苦手という矛盾を抱え持つ女の子。
そこがかわいいからか楽しいからか、関根にはなにかとからかわれて、オモチャにされている。そんな入江もバンドではドラムを担当。演奏時には肝がすわり、いっぱしのミュージシャンの表情を見せる。


自分も死んでいるのに、幽霊が怖く、怪談話が大の苦手という矛盾を抱え持つ女の子
・・・・・・
嫁決定!!!(ぇ
もうこの紹介文だけでどんなキャラか大体想像がつきますw
きっとこの作品中一番可愛い女の子であると予想。
いや、椎名も可愛いっぽいけど・・・というかこれ本当にアニメ?むしろゲームの方が売れるんじゃ(ry
立ち姿も可愛いですよね~是非彼女にした(ぉ
右足にさりげなく巻きつけてある何か・・・それがよりいっそう男の視線を下半身に(黙れ

そして最後が
関根
sekine01.jpg

<紹介文>みんなの驚く顔を見るのが大好きな、イタズラ好きのトラブルメーカー。
バンドでの演奏時には、なんの打ち合わせもなく突然アドリブで弾き始めたりと、
やりたい放題の女の子。
そのたびにひさ子に怒られるけど、こりる様子はまったくなし。
最近は、罰の一環としてバンドの活動日誌を書かされているらしいが……?



立ち位置的にははるチンみたいな感じですかね?
というか一人だけ寝っころがってる設定画って・・・
かわえぇええええええええええええ!!!!!!!!!!!
何この上目遣い・・・やば・・・・もう誰が一番可愛いのか分からなくなってきた(つД゜)
トラブルメーカーみたいなのでかなりお騒がせキャラっぽいですね。こういうキャラと入江ちゃんとのやり取りが面白いんですよね♪

はぁ~なんかキャラが追加されていくごとに期待感と不安感が・・・w
こんな可愛い子たちをアニメで動かすとなると・・・相当頑張らないと厳しいような・・・
戦闘モノだしキャラ多いし1クールだし・・・作画とか心配です。内容は心配してません。
だってだーまえさんだしw
きっと泣かせてくれると思いますwww
BGMとかも良さそうだな~、と。

とにもかくにもまだ放送日がいつになるか決まっていないので
これから出される情報に目を向けていきましょう。
来年の1月ころやりそうな気が・・・季節的に合いそうだしw

<おまけ>
irie.jpg
この設定画があるということはつまりは恐らく確実に
主人公:「(部屋の扉を開ける)」
入江:「えっ!?」
主人公「・・・・・・あ、あれ?」
入江:「き・・・・・・」
主人公:「・・・・あ、あの」
入江:「きゃぁああああああああああああああああああ」


的な展開じゃないですか?ね、そうでしょ???絶対そうだってこれ
だってそういう場面が無いならこんな設定画描くわけありませんよね!!!
ふっふっふ・・・見る気が更に上がりましたよ。
というかやっぱゲーム(R-18)で出してほしか(ry殴

宙のまにまに 第4話「夜明けまで」 感想

大好き☆
未だに恋の進展がない蒔田姫ちゃんはかなりもんもんとしております。
折角、朔と仲良くなるために部活へ入ったのになんの進展もないんですから当然ですよね。
そんな中、舞い込んだチャンス。それは夏合宿!!!
お泊り=朔と一緒
そんなわけではりきる姫でしたがいつも朔に抱きついたり仲良くしていたりする美星に対してついに
我慢が出来なくなり美星にとんでもない質問をしてしまいます。
「大八木くんのこと、どう思ってるんですか!!」
まぁ、美星のことだから「大好き☆」とか言っちゃうんだろ、とか予想してましたが
まさか当たってしまうとはwww
大好き☆(大事なことなので二度(ry
これにはさすがに朔も胸がズキューンとなってしまったみたいで以後、その言葉が気になって仕方がなくなります。美星本人は「朔ちゃんも小夜ちんも部長も・・・みーんな大好き☆」とか言ってます。
つまり友達としてみんな大好きというわけですね^^;
さすがは美星w

そんなこんなで合宿開始!!!
良いところに宿泊出来たらいいなぁ~とか淡い希望を持った部員たちが目にしたのは
もはや幽霊屋敷を通り越して廃墟と貸した小屋w
中とかひどすぎでしょw汚れてるってレベルじゃないですwww
唖然とした部員たちを尻目に美星は何かが覚醒してしまったらしく一人で大掃除。
最初の時とは見違えるほど綺麗になりました♪
しかし疲労で美星ダウンw

小夜ちんが言ってましたが天体観測をするには昼間寝ておく、というのが鉄則ですからね。
そうじゃないと眠気でちゃんと星が見えないわけです。
折角の合宿なのでそんなことになったらもったいないですしね。
皆で昼間から眠るわけですが朔が一番起きるのが遅かったようで周りから皆が消えていました。
というか部長、よくちゃんと起きれたなw

少々、夜の暗さに戸惑いながらも優しい明かりを見つけた朔。
美星の案でキャンドルに火をつけていたみたいですが凄くロマンチックですね♪
キャンドルの光って結構安らぎ効果があったりして私は結構好きです。
星を見るのにも有効な光なんですね、初めて知りました。

そして、キャンドルの火が消えた瞬間夜空を見上げると
神秘的な天の川
毎回思うんですが星の見せ方が綺麗ですよね。テレビ画面で見ているというのに
まるで本当の夜空を見上げてるような感覚になります。
天の川なんて一度も見たことないですからね生で^^;
一度は見てみたいな、なんて思ったりします。

無事、合宿は終了しましたが皆一緒の部屋で寝ていたところをフーミンに発見され大騒ぎになってしまったようですwというか皆で一緒に寝ているときの部長が死んでるようにしか見えませんwww
それを言い忘れてましたが最初の部長の寝顔シーンには飲んでいたアクエリアスを噴出してしまいましたw
だってキラキラの漫画チックな目が描かれたアイマスクですよwww
しかも口からは血が流れてるしwww
吹かないわけがありませんw
相変わらず部長を見ているだけで楽しめますw

プリンセスラバー! 第4話「薔薇と靴」 感想

またまたフラグを立てた有馬哲平
ついに4話目に突入。今回は聖華さまメインのお話ということもあって見るのを楽しみにしていたわけですが予想以上に面白かったです。

まず序盤に出てきた転ばない原付には笑ってしまいましたwどこをどういう仕組みにすればあんなものが作れるのか^^;とw
それに転ばなくても事故は起きると思うのですが。
毎日これで通うのかな?

それはそうと、聖華さまはどうやら「セイントローズ」なる鳳条院ブランドのデザイナー兼モデルをやってる凄い人だそうです。もうすぐモデルの試作発表パーティがあるらしく暇そうだったネズ(漢字めんどいw)をひっ捕まえて聖華さまのパートナーとして参加することに。
ところが当日、そのネズが見事なまでに風邪を引いてしまい代わりに哲平が行くことになります。
気が進まない哲平だったけど有馬と鳳条院との確執を知ってしまったわけで・・・
その話をするには絶好のチャンスなわけです。

当然のごとく突然の哲平登場で驚いてしまった聖華さまは問いただしますがネズのことを知って渋々了承。嫌そうな表情してたけど心の中では嬉しかったりしちゃったりなんかしてたり?www

そんなわけで試作発表パーティが開催。
聖華さま・・・美しいです(ノ\*)
見えそうで見えないくらいの短いスカートは個人的に高得点ですよ(`・ω・)b
よくよく見てみたら結構スレンダーでかっこいいですよね~。
単なるひんぬーではなかったようです(ぇ

パーティ終了後、記者たちの質問やらなんやらをされる場面に出くわしますが哲平カッコイイねw
「聖華さんをどう思いますか?」みたいな質問に色々と聖華をデレ期にさせる答えをしてましたよ^^*
聖華が明らかに惚れたカンジがしました。
どうでもいいですが足でバシバシやってるシーンが面白かったですw
ハイヒールは痛かったと思います((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル

原作ではテーブルの下で足○キされちゃうシーンが(ry

記者の質問も終わりようやく二人っきり。そこで哲平はついにあのことを話します。
説明するのめんどいので気になる方はアニメ本編を(オイw
ようするに有馬一心のせいで鳳条院家は多大な屈辱を味わったということです(簡潔すぎw
「俺たちの代でチャラにしないか?」
聖華はセイントローズを経営しているわけですから有馬百貨店の経営者が哲平になれば
もういがみ合いを終わらせることが出来る。
そう考えた哲平の策ですが凄いですね。なんかアニメの哲平、漢すぎて惚れそう(アッ-
聖華も驚きを隠せないみたいでしたが最終的にそれで手を打ってくれたみたいですね。
これで聖華との溝も埋まったようです。

つまり!聖華フラグを獲得(`・ω・´)
シャル、シルヴィ、優に続いてついに聖華ともフラグを立ててしまった哲平。
くそぉ羨ましい(>ω<)
でも次回はなんかシャルと良い感じ?
観覧車でキスしちゃいそうなシーンがちょこっとありましたがどいういうことだ!!!
まさか状況に流されるままユーリしゃんみたいに・・・
ここはアニメの哲平を信じるしかないか(ぇ



化物語-バケモノガタリ- 第4話「まよいマイマイ その貮」 感想

シャフト頑張りすぎですw
というわけで新OPから始まりました化物語第4話ですが
OPが八九寺になりました^^*
いくらなんでも動きすぎでしょwしばらく唖然としてましたよ^^;
ひたぎのOPと比べると明らかに贔屓してるようにも見えましたw

さてさて、本編ですが八九寺の行きたい場所である「綱手」という名の家を探すわけです。
ところがひたぎの後ろに付いていったのに一向に到着する気配がありません。
悩みに悩んだ末、ひたぎが忍野さんところへ行って事情を説明することに。

そして、暦と真宵は二人っきりに^^;ひたぎの子供嫌いだとか色々な話を聞いて再び警戒レベルが上がってしまった真宵に暦はどう離せばいいのか分からずとりあえずアイスで釣ることにw
というかアイスで釣られるなんてさすがは小学生www
そういえば千円で釣られてるシーンがありましたね。でも、千円なら私は釣られそう(ぇ

良い感じに話を聞けると思いきやいきなり真宵が暦の手を齧ってきました(>ω<)イタイ
え?暦の手が痛そうに見えたわけじゃありませんよ?
その後に暦が真宵(小学生)に対して腹に2発拳を使って殴ったところとかそれを見ながらニヒルに微笑んでるところとか・・・
そこがイタかったんですよ?www

途中、羽川翼ちゃんが1話目ぶりに登場しましたがさすがに「綱手」という家は知らないご様子。
結局、忍野さんのメールで詳しいことが・・・詳しいことが・・・分からないw
どうやら目の前にツンデレひたぎさんがいるようでホッチキスによる圧力を受けていたみたい^^;
ひたぎに解決策を託す忍野さんでしたがちゃんと解決するのか不安なところです。
というかひたぎが素直に解決策を暦に伝えるとは考えられないしw

いや・・・たぶんひたぎの機嫌が悪かったのは子供(真宵)が嫌いなんじゃなくて暦と二人っきりだったところを邪魔されたからじゃないのかなぁ?とツンデレをよく知る男SHUMAが予想してみました。
はい、ありえないですね。・・・ありえなくも・・・・ない・・・・のか?

そんなことを考えながらエンディング!
ものすっごくおシャレ(☆o☆)
こういうアニメーションが好きな私としてはとても感動的でした。歌詞とも合わせていましたしね。
やっぱり「ひたぎクラブ」の時より色々と進化してる気がします(´・ω・`)
なんか地味にショックw

そういえば今まで言っていませんでしたが次回予告良いですね。
「火憐だぜ(`・ω・)」 「月火だよぉ(・ω・*)」
ここ、可愛すぎますb

<おまけ>
bakemonogatari-01(1280x1024).jpg

東京マグニチュード8.0 第3話「燃える、橋」 感想

お台場が孤立
そういえばお台場って埋立地だったんですね。橋が崩壊したらお台場は孤立状態に・・・。
未来や悠貴、そして真理さんの3人もお台場にいたわけなのですが橋が崩壊&炎上していて移動出来ない状況です。
でも、両親のことが気になりますよね。嫌いな両親でも親は親ですから未来もなんだかんだ言いながら心配なご様子。

それにしても真理さんって良い人過ぎますね。どこかへ行ってしまったのかと思いきや朝食におにぎりや飲み物を買ってきてくれるとか・・・こんな状況でこんなことできるなんて逞しすぎますよ^^;
性格も気さくな感じで打ち解けやすいというか・・・こんな人実際にいるでしょうか?

それはそうと救助用の海上バスが来てくれたみたいでようやくお台場から離れることが出来るようになります。でもやっぱり人数的に厳しいですよね。
かなりの数の人たちが「俺が先だ」「早く行け」という感じで突き進んでいく描写がありましたが。
実際にこうなりそうですよね。人間なんて最終的に大事なのは自分の命ですからね。
人の波に押されて未来が真理さんと悠貴くんと離れ離れになってしまいましたが真理さんが迅速に未来を見つけてなんとか安心=3
しかし、恐怖していた出来事が起こりましたよ
人のドミノ倒し
一番怖いのはこれかもしれません。あれだけ人が犇めき合うと必然的にドミノ倒しになってしまうんですよね。誰か踏まれてしまっていた人がいましたが・・・
悠貴くんも危うくそんな事態に陥りそうでしたが姉である未来の声が響き、無事救出。
なんか、ここのシーンは未来の弟への想いが感じられた良いシーンでしたね。感動しました。

ようやく海上バスの元へたどり着きましたが一台目のバスが満員の様子で二台目に乗ろうと未来は言い出しますが海上保安庁の人が未来たちを発見して早く乗るように促します。
ここがまさか運命の分かれ道になるとは思っていませんでした・・・。
二台目の海上バスが橋の崩落に巻き込まれて波に攫われてしまいました!
未来たちがもし二台目のバスに乗っていたらと思うとゾッとしますよね((((;゜Д゜))))

相変わらずリアルで怖かったですが非常に考えさせられるアニメですね。視聴率高いのも頷けます。
次回は両親に会えるのでしょうか?気になります

皆様は皆既日食見れましたか?

アニメの感想ばかりじゃつまらないので最近の話題から
皆既日食
について語らせていただきたいと思います。
私は東京に住んでおり、皆既日食を微妙に見れる場所だったりして空を見上げながらワクワクドキドキしていたわけです。
ところが当日は生憎の悪天候(気持ちは美星w)
そのせいで空は曇っていました。
そして時間が来ましたが結局、雲のせいで見れませんでした|||orz

テレビではやっていたのでそちらを見ると本当に幻想的でしたね。
ダイヤモンドリングの瞬間なんかは鳥肌が立ちました。
同時に悲しくなりました(TT
だって生で見るのとテレビで見るのとじゃ感動の差がありすぎですもの(つД`)

とはいえ、貴重な皆既日食の瞬間をテレビ越しとはいえ見ることが出来たので良かったです。
こういうときにフルハイビジョンって良いですねw

ようやく梅雨明けしたというのに悪天候が続く今日この頃ですが皆さんは皆既日食を見ることが出来たのでしょうか?出来た人はどんな感じだったか教えて欲しいですwww

宙のまにまに 第3話「プラネタリウム」 感想

今夜も寝かさないぞ☆
毎日のように教室へやってきてはべったりな美星にうんざりする朔でしたが確かにゆっくり出来ないね^^;
だって、あの言葉じゃ明らかに美星と朔は付き合っていて毎晩アーンなことやウフーンなことをやっているとしか思えな(ry
しかも、最初に記したセリフ!
今夜も寝かさないぞ☆(大事なことなので二度言いました)
可愛すぎます!これで更に人気が出たな・・・w
可愛すぎますがこんなこと言ったら明らかに・・・もうwww
真に受けるわけがない、と信じる朔でしたがいきなり真に受けた人がw
蒔田姫ちゃんです。
放送禁止用語をワオーンとかニャーンとかいう音で誤魔化したスタッフはかなり凄いと思うよwww

さすがに我慢できなくなった朔は部活をエスケープして市民図書館へ。
大好きな本に囲まれて気分リフレッシュ♪
そんな中、意外な人物と出会います。
それは何かと天文部に嫌味を言ってくる生徒会長フーミン。
お互い本好きなわけで結構、気が合いそうな2人ですがベンチの空白には苦笑いw
開きすぎだとも思いましたがまぁ、普通はこんな感じですかね。というか一番朔に近いのは美星だろうし。
ここの朔とフーミンのやり取りを見ていると色々と感じますね。
フーミンは天文部を目の堅きにしてるけど別に嫌いというわけではない。案外廃部にしたらフーミンも寂しいと思うしねw
朔は朔で部活をエスケープしつつも星のことは忘れられない様子。
色々嫌だ嫌だと言いながら朔も星が好きなんですよね♪

家に帰ると美星がいて「ごめんなさい!」と謝ってきたあのシーンも良かったですね。
なんか更にお互いの距離が近くなったというか・・・。
美星が織姫なら朔が彦星って感じですかね(ぇ

ところが天文部も活動が出来ません・・・何故なら文芸部と違って天候型だから!
雨が降ったら観測もクソもないですからね^^;
お陰で美星が部長みたいな姿にw
ダイイングメッセージっぽく「ほ」って書いてあったのには笑いました(つ∀≦)
慌てて布団に美星を寝かせようとしますが布団にはもちろん・・・
亡霊のような部長がw
部長・・・とりあえず入院して安静にしましょうw

HP0な美星に朔が何かないか考えますがそこでプラネタリウムを思いつきます。
私が最初から言っていたのですがようやく気付きましたかw
市内のプラネタリウムを見るため部員全員で行動を開始。

プラネタリウムの描写が美しかったです☆
数え切れないほどの星座を映してましたがここの描写は最高でしたね。特に星好きな私としてはかなり感動しました。なんだか久々にプラネタリウムも良いな~なんて思いつつテレビ画面に夢中な私。
部員の皆も感動したみたいで興奮気味。分かります^^*
プラネタリウムって見終わった後のあの不思議な感覚がたまらないんですよね。
なんというか悩みが全部吹き飛ぶというか心が洗われるというか・・・
そういった描写があったのでかなり私的に高評価でした。

1話1話進んでいくごとに面白さがUPしていく作品なんて久々なので嬉しいです。
次回はついに夏合宿!
部活アニメにはかならずある合宿・・・水着♪水着♪(;゜Д゜)ハッ

プリンセスラバー! 第3話「剣と舞踏会」 感想

真剣勝負!
前回、シルヴィに哲平が勝負を申し込むところで終わりましたがフェンシングと剣道じゃ明らかに作法やら何やら違うためお互いルール抜きの一本勝負に切り替えます。
正直シルヴィと哲平どっちが勝つか予想出来ませんでしたが勝ち負けではなかったわけですね^^*
お互いの気持ちを確認するための勝負。
それにしてもシルヴィの動きも凄かったですが哲平格好良すぎでしょw
構え方が完璧でしたね。
結局、引き分け・・・とシルヴィは言いますが哲平が「あんたの勝ちだ」とカッコイイことを言ってシルヴィは哲平の気持ちを素直に受け止めることが出来ました。
これでギクシャクした雰囲気もなくなりましたホッ

何気にその勝負を聖華さまが見てましたが明らかなツンデレ反応www
思い切り哲平に見惚れてましたよねw

そんなこんなで今度は最初の時から聞かされていた社交部の部室へと行きますが
まさかの部屋じゃなくて家www部室が家・・・(;´Д`)どんな部だよ
金持ち校の恐ろしさを痛感しました(´・ω・`)
入るなり哲平は生徒の注目の的。まぁ、ルックスが良い上に『有馬』の肩書き、更にシルヴィと真剣勝負で引き分け(少なくとも周りから見れば)・・・注目しないわけがないですよねw

皆が注目している中、社交部の中心的存在である聖華が哲平の入部を拒みます。
聖華の言い方は理にかなってるけど緑色の髪の子の言い分は明らかに悪口ですよね。
蕎麦屋がどうこうとか言って哲平の両親のことを馬鹿にしてましたが
「今の自分がいるのを当たり前だって思うなよ?」
哲平じゃなくて私の考えなんですがねwこう言ったら結構黙るしかないと思うんですよね。
だって、誰だっていつ、どこで生まれるかなんて分からないし、
下手したら今金持ちで何不自由なく暮らしている人だって貧乏でご飯もまともに食べれないような家に生まれたかもしれません。
今金持ちだからって言っていいことと悪いことがあります。

と、アニメに対して何を熱く語ってるんだか分かりませんがw
とにかく現実的にはそう思うわけです。

哲平もよくあそこでブチ切れなかったなぁと感心しました。聖華の入部条件も肯定し、学園に相応しい振る舞いが出来るように特訓します。
ところがダンスやら紅茶の飲み方やら明らかに男には無理がある作法の数々で疲労困憊。
でも諦めないで最後までやり通した哲平。ここら辺の根性は親譲りですかねw

そんなわけで鳳条院家主催のパーティが開催されたわけですがその頃には既に哲平はほぼ完璧な作法を身に着けていてダンスもかなり見栄えするものに。
これを見た聖華は哲平に・・・惚れましたね、うんw
明らかに惚れてしまったとしか考えられない聖華さまの反応でしたがツンデレなので素直になれないご様子。そこで今回の試験は合格としても入部はまだ認められないと言い出し、2週間後・・・
有馬主催のパーティを開くことを命じます
あれ?ここらへんは原作と同じなのねw初めてパーティを開くことになる哲平ですがどうなってしまうのか非常に見所ですね♪

ところが次回は聖華のお話をやるそうです。かなり刺激的な格好で歌って踊ったりしているようでしたが・・・何故だろう・・・かなりワクワクしてるんですがw(ぇ

かなめも 第3話「はじめての、スマイル」 感想

一体どんな笑顔?
前回はかなが初めて新聞配達をやる話でしたが今回は初めての営業スマイルに挑戦。
代理の営業スマイルが完璧過ぎて笑いましたw
もはや絵が違ってたし^^;

同じクラスの子に良い印象を与えることで親に新聞を取ってもらう。そういう作戦なのですが
あんな小さいうちからそんな技を覚えているとは・・・・。

かなも営業スマイルというものに挑戦してみますが何故か皆が恐怖の表情をwww
どんな顔してるのか物凄く気になったのに一度も出ませんでしたね。

そういえばかなのクラスに転校生がやってきましたが
それがまさかの前回出てきた
久地院美華
いきなりかなに百合モードみたいな彼女ですが実は花日新聞という専売所で働いている子で、その花日新聞は風新新聞のライバル会社みたいなものだったわけです。
そこで代理はかなに顧客の獲得を命令します。

でも、営業スマイルが完全にホラーの域へと達しているせいなのか
かなの笑顔を見るだけで町の人々は恐怖のあまり逃げ出してしまいます^^;
本当にどんな顔してるのか気になって仕方がありませんw

最後の方では自然に笑顔が出てたのにね。美華だってドキッとしちゃってたしw
それにしても最近百合ばっかだな・・・orz

GA 芸術科アートデザインクラス 第2話「神様の鉛筆」 感想

神様の鉛筆?
受験前にとあるお婆ちゃんから鉛筆を売ってもらったキサラギなのですが
「菅原道真が使ってた――」とかいう言葉を信じないようにねw
でも結果的に受かったんだから・・・人の思い込みって恐ろしいw

今回もキョージュがめちゃくちゃ面白かったです。
ニワトリのアフレコが完璧過ぎてwwwしかもどうやら実話みたいですしね^^;
キョージュ恐るべし。

話の大半が美術用語で私は全く分からなかったのですがとりあえず鉛筆の種類の多さにはびっくりしました。
9Hなんて鉛筆初めて聞きましたよ( ̄□ ̄;)
私もそれくらい集めれば良いイラストが・・・

最後のオチはなんだか感動的でしたね。
鉛筆を売ってくれたお婆ちゃんは騙したのではなく、鉛筆が大事にされなくなったことを悲しく思い、キサラギなら大切に鉛筆を使ってくれそう・・・そう思ってキサラギに鉛筆を売ってあげたんですね。
感動的過ぎます(´;ω;`)

途中の話がなんとなくダラダラと長い感じがして退屈でしたが結構区切って話を構成しているので飽きずに見ていられました。
とりあえずノダキミのツインテは可愛かった(*´Д`)
ノダキミが何気に一番人気あるみたいですからね。まぁ確かに可愛いけど・・・
私はやっぱりキョージュですね♪
あの喋り方や行動のすべてが面白いですw

なんか最近無性にキョージュのイラストを描きたくなってきてしまいました(ノ∀`*)ペチョン

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第4話「試される心」

ピュア100%を目指します♪
今回は夏音がピュア成分100%の心を得るために洞窟へ向かうRPGです(違
マリンも一緒について行きますが何やら不気味な洞窟で案の定どこかの穴へ落ちて一緒に怪しげな場所へ。
そして沈没船を発見しますが
夏音の心が更に邪悪化w
宝を手に入れたらバイトもしなくて良いし学費にも・・・グヘヘ
と金の亡者になりかけていた夏音ですが自力で現実に戻りました。
お金は人を狂わせますからねw

そんなこんなで沈没船へと乗り込む2人だったのですがそこで意外な人物と遭遇。
ワリンサム
1話目にも出てきたマリンたちの知り合いです。
ワリンは空人をかなり嫌悪しているみたいですがサムは反対w
いきなり夏音を口説こうと・・・ってこんなヤツだったのかorz
意外と普通なヤツだと思ってたのに・・・歯を光らせるな!歯を!!w

挙句には敵妖怪も口説こうとしてるし^^;

今回の戦いで明らかに矛盾してる箇所がありましたね。
海の中に炎をぶち込んでなんで敵を倒せるのでしょうか?
ありえない描写は入れない方が良いと思います。
マリンの水攻撃なら効くだろうけど炎は無理ですよ・・・。

というかあの亀さんがいないと夏音って無力なわけね(;´-`)

今回はちょっと面白みに欠けた気がします。
最後のオチも笑う前にイラッときましたよ^^#
こんなオチは望んでない!
宝が実は交換日記とかどんなオチですかwww
次回はちゃんとしてほしいです。
せっかく3話目は良かったのに・・・。
今回は色々とヒドかったです(TT

東京マグニチュード8.0 第2話「壊れる、世界」 感想

視聴率 約6%取ったアニメ
今期というかアニメ史上かなり珍しいドキュメントアニメですが初回の視聴率がいきなり5.8%だったみたいですね。深夜枠でこの視聴率は凄いです^^;
まぁ、2話目を見て私も改めてこのアニメの凄さを知りましたが。

まず崩壊する町がリアル過ぎます。窓ガラスの弾け方とか凄くリアルでぞくぞくしちゃいました。
本当にマグニチュード8.0もあったらこうなりそうで怖いです。
でも、地震なんていつ来るか分かったものではありませんから何も出来ませんよね。
特に私なんかはビルの11階に住んでるので地震が起きたら地面にグシャリですよ(ぇ

話の方ですが未来が弟くんと離れていた時に地震が起きてしまったために弟くんがまだ崩れたビルの中にいるわけです。必死に助けようと探しますが崩れた瓦礫の中で特定の人物を探し出すなんて難儀ですよね。
でも、ある女性と再会してその人が手伝ってくれたお陰でついに弟くんを発見。
生死は・・・
無事、怪我もなく生還
良かったぁ・・・(ノД;`)
トイレに行ったあとコンビニへ立ち寄っていたのが良かったのか商品棚の下敷きになっていただけで生きていましたよ。店員の一人が庇ってくれたようですね。

無事に弟と出会えることが出来て本当に嬉しそうな未来。でも、地震の脅威を思い知ったみたいです。それに後悔も大きいでしょうね。未来が「こんな世界壊れちゃえばいいのに」と思ったせいで起きたと感じてるみたいなので。
でも、未来は何も悪くありませんよね。というか必死になって弟を探す姿は勇敢でした!
良いお姉ちゃんだね。

そんなわけで今度は両親の元へ向かうのでしょうか?
両親も無事だと良いですが・・・
来週も目が離せませんね(`・ω・´)

最後にOP映像にある東京の場所を調べてみたので記しておきます。
地震が起きたらアキバがあんな風になっちゃうかと思うと怖いです。東大も・・・
本当にめちゃくちゃですね・・・´`;
台東区上野・アメヤ横丁
渋谷区道玄坂・ハチ公交差点
文京区本郷・東大赤門
港区芝公園・東京タワー
台東区松が谷・かっぱ橋商店街
千代田区永田町・国会議事堂
中央区銀座(1)・新京橋出口(高架上)
中央区銀座(2)・銀座四丁目交差点
千代田区神田/(台東区)秋葉原・万世橋交差点
中央区日本橋・日本橋(高架上)
中野区中野・中野サンプラザ
渋谷区神南・代々木競技場第一体育館
新宿区新宿(1)・歌舞伎町
台東区浅草 雷門
新宿区新宿(2)・靖国通り
千代田区丸の内・東京駅
大田区羽田・東京国際空港

化物語-バケモノガタリ- 第3話「まよいマイマイ 其の壹」 感想

ひたぎがなんか色っぽいw
前回はひたぎの問題を解決した暦ですが今回は何やら公園でダラーっとしています。
なんでも「母の日」ということで普通なら母親を祝ったり感謝したりするところですが暦はどうやら妹と喧嘩をしたみたいです。

そんな暦の元にひたぎが現れたわけなのですがまさかの私服!!
しかも前回とは違うヴァージョン(ポニテ)という・・・
暦同様わたしも見蕩れてましたw
ひたぎ曰く見蕩れるの「蕩」は「萌」を超える漢字みたいです。
そう言われるとそんな気がしなくも(ぇ

前回のことをよほど感謝しているのか異常なまでに暦にべったりとくっ付いてくるひたぎにドキドキしながら色々と期待してみたりw
てっきりキスしちゃったりするのかと思いきや寸止めですか^^;
また童貞だの処女だのの話になったけど、もういいって・・・

ひたぎは処女(メモメモ

恩返しをどうしてもしたいみたいなのですが色々とヤバイ妄想をしてしまいそうな単語をばんばん出してきますねぇ~w
裸エプロンって(汗)
ひたぎの裸エプロンを想像、否、妄想してしまった私は変態で童貞ですスミマセンひたぎ先輩orz

コホン、そんなことはともかく心が揺れちゃったりする暦でしたが人畜無害みたいで変態な要求はせずにジュースを奢るだけでOKという話に。

胸ばっか見てるんだからパイz・・・いやなんでもないです自重します。

そんな中、暦は一人の小学生を発見。どうやら道に迷っているようで声をかけてみると
「話しかけるな。あんた嫌い。」
と、バッサリwww暦じゃなくてもヘコみますよねwww
2度目もバッサリでしたが3度目でついに進展が・・・
と思いきや小学生(女の子)相手に本気で喧嘩をする高校生・・・しかも勝った後に本気で喜んでます、しかも高笑いしてます・・・うわ、ちっせぇ人間ちっせぇ(視聴者全員の感想)

ここでのナレーションには吹きましたw神谷さん気持ち入りすぎですwww

ひたぎもそんな暦を見てドン退き。まぁ・・・仕方ないよw
結局、その小学生の探している場所へ向かうことになったひたぎと暦は少女の正体を知ります。
蝸牛(カタツムリ)
まよいマイマイという題名だったので蝸牛だとは知ってましたが、蝸牛でしかも声がかがみんなんて・・・(関係なしw

ヌメヌメした印象だったのですが随分と可愛い小学生でしたね。
とりあえず小学生のパンチラを普通に夜の11時で解禁しないでください(ウソですもっとやれ(オイ

宙のまにまに 第2話「ファーストスター」 感想☆

新たに新入部員がっ!
というわけで第1話目がかなり面白かった宙のまにまに第2話の感想です。

新たに現れましたよ美少女がw
蒔田 姫
朔と同じクラスの女の子ですがどうやら朔に片想い中らしいです。
きっかけは高校へ登校する初日。周りの空気に緊張して誤って朔にバスの中でぶつかってしまう姫。
髪の毛がボタンにひっかかってしまいます。
慌ててハサミで切ろうとしますが朔の一言で静止。
『綺麗な髪なんだから』
朔ちゃん・・・既にフラグをwさすがは主人公ですね。
その時に好意を抱いちゃった姫なのですが現在はいつもベタベタくっついてる美星にヤキモキしているご様子です。
美星は美星でまったく気付いてない・・・というかあまり意識していないのか姫が厳しく当たってるというのに明るくいつも通り接してます^^;
ここが美星の良いところ・・・なんですかね?w

それはそうと美星に朔が奪われてしまうことを危惧した姫は天文部へ入部!
これはまさかの展開ですね~
美星はこれまた嬉しそうに天文部への入部を喜びます。
ところが部活申請の用紙に記入された活動計画に生徒会長が反発。
まぁ、さすがに私もヒドイとは思いましたよw
『晴れたらやる
 晴れたらやる
 晴れたら(以下略)
 以下略・・・』
これはないわwww
計画じゃないねこれは^^;

そんなわけでいきなり不穏な空気に包まれる天文部を活気付けるため部長が(死にそうながらも)
天体観測を決行します。

普段は見上げることの無い夜空も不意に見上げると美しい・・・。
空や星が好きな私としてはここの演出は良かったと思いました。
春って確かに空が霞んで綺麗に星が見れないんですよね^^;
だから冬の方が好きだったりするのですが春も綺麗なんですね。

春の大曲線は知らなかった
星の名前も細かに記してあって良かったですね~
凄く勉強にもなるしついつい天体観測をしたくなりますw
望遠鏡とか無いけどたまには空を見上げてみるのもいいかもしれませんね♪

天文部も充実した観測が出来・・・そうな時に大雨がw
誰か雨人間がいるとしか考えられないwww

結局、雨宿りついでに朔の家へと行きますが当然、朔の部屋とかに興味津々な美星たち。
こうして見ると小夜が一番まともで美人ですねw
姫も可愛いけど性格がかなり変www

そんなわけでかなりハラハラしつつも楽しくなりそうな雰囲気の天文部。
しかし、次回はまた雨続きの日々が^^;
これじゃ観測どころではないですね。プラネタリウムとか作ったりすればいいのに、と思います。
学園祭とかで作ってるクラスがありましたし。
そういうのも意外と良かったりします。

P.S.
エンディング映像が流れましたが星座がいっぱい描かれていて綺麗でした☆
スタッフの星座も書いてあるのが面白いですよね。
cooRieさんの歌も綺麗で好きだし・・・
このアニメは今期一番ラブコメ的に面白いかもしれませんw

プリンセスラバー 第2話「学園と再会」 感想

アニメの方が面白い?
というわけで第1話の印象が予想外にも悪くなかったプリンセスラバーの第2話なのですが
2話目も普通に楽しめました。
ストーリー構成にも違和感はあまり感じませんでしたし。
相変わらずヌルヌル動くし^^;

さてさて、今回は哲平が新居、新学校へと行く話だったわけですが
哲平の新しい家がもはや家と呼べるような代物ではありませんでしたw
もうお城(;´∀`)いやテーマパークといっても過言ではないです。
しかも、家に入るなり「お帰りなさいませ!ご主人様!!」と至るところにメイドメイドメイド...
羨ましいぞチクショウ(TT
男性ならば誰でも一度は経験してみたい(?)この待遇・・・でも、さすがにここまでくると精神的に疲れそうです。
それは哲平も同じようで部屋に入るなり出逢ったシャルロットのこと、剣を交えたシルヴィアのことなどが頭の中を駆け巡りますが何気にシルヴィアの回想だけ長かった気がしたりw

それはともかく哲平の最初の頃の生活とは一変。
朝は気付けば服を脱がされ制服に。
学校へ行くのには高級リムジン。
しかも、向かった学校はもはや東京ドーム何個分だよというくらいのスケール。
どうやら一心様が十兆もの投資をしているそうです・・・。
十兆って・・・国家資産クラス・・・というかそれ以上じゃないですか?
実際に世界にはこういうお金持ちがいると思うと複雑です^^;

入学そうそう注目を浴びる哲平ですが有馬の名前はやはり違うみたいですね。
色々な人から「有馬」という肩書きだけで興味を沸かせます。
その視線に耐えられなかった哲平は一人で学校の中へと入ってしまいますがあまりの広さに迷子。
そして、またまた新たな女の子と出逢います。
鳳条院 聖華
ツンデレ キタ―――(゜∀゜)―――!!!
原作でめちゃくちゃツンデレさを発揮して人気があるキャラですよ。
しかもアニメでは加藤英美里さん(=かがみん)
キャストGJ!ですねw

出逢ったばかりのときは哲平を「有馬」ということは知らずに優しく接しますが「有馬」と知った途端に
態度が激変。でも、原作より明らかにソフトな気がしますw
金子綾乃(紫の髪の子)とか明らかにソフトすぎますよ。もうちょっと棘があった気がしますが。

そんなわけでいきなりフラグを立ててしまった哲平君ですが放課後、シャルロットに連れられてフェンシング部(?)へと向かいます。
そこにはこの前手合わせした時とは明らかに剣筋がおかしいシルヴィアの姿が。
気になった哲平はシルヴィアに剣で挑戦を申し込みます。
というかシャルロットに無理やり挑戦させられますw

まぁ、シルヴィアの様子がおかしいのは明らかに教室で哲平がシャルロットを押し倒してる場面を見てしまったからでしょうが・・・次回はどのような決着が付くのか非常に楽しみだったりします。

次回予告ではなんか・・・聖華様が目立ってましたが(ツンデレ顔的な意味でw

かなめも 第2話「はじめての、新聞配達」 感想

初めての新聞配達
今回はかなが初めて新聞配達を行う記念すべき回です。
色々と決まりごとやサインなどがあって色々と苦戦するかなですが
健気に一生懸命取り組んでましたね^^*

それはそうと1話目の新聞の記事にリトルバスターズ!ネタが入っていたみたいですねw
全然気付きませんでした^^;聞くところによるとあの伝説の「(21)」が載っていたそうで。
友人が言っていたのですがよく気付いたものですw

そして今回は声優ネタを使ってましたね。
配達先の名前が色々とwww

豊崎(ゆたかざき)さんと針宮さんってw
豊崎愛生さんとくぎみーですね分かりますwww

くぎみーといえば結構人気があるみたいな新キャラが登場しましたね。
名前は久地院美華というそうです。
プロフィールを見ると
『物言いは偉そうだが、かな以上に世間知らずで子供っぽく、すぐムキになるため、よくかなにからかわれている。実は寂しがりやで、優しくされると嬉しいが素直になれず、気持ちとは裏腹の態度をとってしまう。

ようするにツンデレ
ですねw
くぎみーのツンデレは定番ですからね。きっと可愛い子なのでしょう。
かなのクラスメイトとあったけどかなって学校行けるのかな?(ダジャレじゃないですw
身寄りを亡くしたわけなのでそこらへんはどうなるのか分かりませんが楽しみです。

相変わらずほわわ~んとしているけど頑張り屋なかなに癒されてます。
私も暑さに負けず頑張らねば(`・ω・´)

2009年アニメランキングm9(´ー`)

というわけで視聴予定だったアニメをすべて見たところで久々に
新作アニメランキングを開催!!!
いや、開催というか一人だけのランキングなんですがね・・・ハハ
私の勝手な評価を見てもつまらないかもしれませんが暇つぶしにでも観察してあげてください(笑)

ちなみに新作アニメで私が視聴続行決定したアニメは13作品です・・・多いw

続きを読む

GA 芸術家アートデザインクラス 第1話「えがいてあそぼ」 感想

戸松さんの声が能登さんにしか聞こえない件
というか見るのが非常に遅れてしまいました^^;
動画サイトなもので見る機会がなかなかなかったのでw

それはともかく主人公のキサラギの声がとても戸松さんの声とは思えずにびっくりしましたw
EDテロップ見るまでずっと能登さんだと思ってた私がいるwww
絶対に似てますよwというか気付かなかったし^^;
私以外にもそう思った方はきっといるんじゃないかと思います。

さてさて話の内容ですが第1回目はピクトグラムについてでしたね。
確かCMでやってたやつですよね?まんがタイムきららの。
私もずっとピクトグラムって何だろう?と思っていたのですがEXITや標識みたいな絵をそのまま記号化して使っているヤツのことなんですね。
美術系の学校ではありませんが勉強になりました^^*

キャラクターも個性的なのが多くて面白いですね。
特にキョージュがかなり好きですw
キャラ的にかなりストライクでしたw喋り方も声もカッコイイですし。
あの廊下などの角に体をチョン☆ってくっつけてるシーンにはかなりキましたw

もうちょっと無口なのかと思っていましたが意外と喋るんですね。
大体、キャラの位置関係が分かりました。

話の構成もなかなか上手ですよね。イロドルンジャー・・・だっけ?あのノリには(゜Д゜)ポカーンでしたがwww
最後に先生が眺めてたピクトグラムには笑っちゃいましたよw
「迷走中」と「反抗期」のピクトグラムが(;´∀`)
想像力が凄すぎますね^^;

そういえば私も中学の時ピクトグラム描きました。
こういう授業って意外と想像力を働かせるので楽しいんですよね♪

そんな雰囲気をふんだんに表現した第1話はなかなか良かったと思います。
途中に4コマ入れたのも良かったです。

ふぅ・・・視聴決定・・・結局切った作品が少なすぎて毎日退屈しないで済みそうですw

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第3話「近づく心」 感想

マリンとウリンが居候?
前回、自分が空の巫女という存在だと知り「なんで面倒な役ばっかり私が引き受けなきゃならないの!?」とイライラしていた夏音でしたが次の日の朝、目が覚めて大広間へ行くとありえない光景がw
なんと昨日あれっきりの関係でハイさよなら!となったはずのマリン、ウリン、亀さん(本名:松本)(個人的な呼び名w)が普通に空間に馴染んでいたのです。
夏音の母はどうやらなんとも思ってないみたいですね^^;
おおらかというかなんというかw

色々と言いたいことがあるみたいだったけどとりあえずシャワーを浴びに行く夏音でしたが
シャワーの音を聞いたマリンとウリンが反応 Σピクン
WS000306_20090712164619.jpg
WS000307_20090712164725.jpg
ここ・・・可愛すぎます(ノ\*)
めちゃくちゃ可愛いでしょここw物凄く「萌え萌えキュン☆」な状態にwww

そういえば今更なんですがマリンとウリンって微妙に耳がとんがってますよね・・・
ハーフエルフの耳ですねw

そんなことはともかく夏音がシャワーを浴びている時に水の音に惹かれ無断で入ってきたマリンとウリンがこれまた可愛い♪
WS000308.jpg
『きもちいぃ~~
『おちつくぅ~~

画像付けないと言ったのはどこのどいつだ!と思った方にお答えします。
可愛いからです  以上!(オイw

何気に湯気も少なかったですよね。その代わり泡でガードされてましたがw
でも、泡でガードしたほうがエロさが増す?(*゜∀゜)=3=3
マリンのスタイルが抜群で驚きましたwいや、普段着が普段着だったのでそれは分かっていたのですが改めて認識させられましたね、うん。

で、今回の対戦相手は
ハリセンボン美女戦士(2人組)
とりあえず・・・このネーミングセンスの無さは・・・www
というか前回もタコ美女戦士って名前だった気がw
それはそうとハリセンボンの描き方が独特過ぎて最初ウニだと思ってました^^;
ハリセンボンってあんなだったかなぁ?見たことないから分からないけどw

今回の闘いも夏音が炎で気絶させてマリンが懐柔して海へ返すという感じでしたがなんかワンパターンな気も。まぁ、戦闘モノではないのでそれほど気にしてませんが。
逆にこういうノリでやったほうがいいのかもしれませんしね♪

夏音ちゃん愛してるーー!!
毎回同じセリフを言っているマリン。俺も言われてぇと思った人は私を入れて何人いるでしょうか?w

とはいえ毎回次回予告の最後に
『皆、愛してるっ☆』
と言ってくれるので次回予告が大好きです^^*

化物語 第2話 「立入禁止-パスワード-」 感想

ヌードいっぱい(*゜∀゜)=3

そんなわけで今期アニメの現在1位である化物語ですがやっぱり凄く面白いです!
今回は前半だけサービスシーンでした!!
ひたぎのヌード(;´Д`)ハアハア
何気にナイスバディでかなりドギマギしてしまいましたよw
それは阿良々木くんも々だったみたいですね。
でも「童貞、童貞」とからかわれて
「俺は童貞ですよっ!!!」
と大きな声で宣言しちゃうのはいかがなものかと^^;
大丈夫bきっとひたぎも処j(ry

それはそうと話ですが蟹を出現させるために忍野さんが人肌脱いでくれましたが
本当に出現しましたね。
でも、その蟹はひたぎにしか見えないみたい。
というか「蟹」という文字を蠢かせて動いている様子を表現するとはさすがはシャフトです。
かなり見入ってしまいました。

ひたぎは親が昔、宗教団体にハマったせいで犯されそうになった場面で相手を殴打。
そのせいで家庭が崩壊してしまったそうです。
そのことを「想い」、結果として自分の「重い」が奪われてしまった・・・と(勝手な解釈w
なかなか難しい話だったのでもう一回みたら理解すると思います。
バカですみません(´・ω・`)
これじゃあ私もひたぎに「脳みそがない」とか言われちゃいますね(*ノ∀`)ペチョン

忍野さんと暦のお陰で体重を元に戻すことが出来たひたぎは今までのツンから一変。

「ありがとう!阿良々木くん
と可愛らしい女の子・・・つまりはデレへと生まれ変わりました(ぇ

ツンドラではなくやはりツンデレだったようですね・・・・・・・・・・
嫁になりそうです(オイw

最後のオチは
暦の体重55.0kgから100.0kgに増量!
このオチは予想出来なかったorz

絶望したぁああああああああああああ!!!!

プリンセスラバー&宙のまにまに 第1話 ダブル感想

まずはプリンセスラバーから(=゜ω゜)ノシ
実を言うとかなり切る気マンマンだったアニメなのですが・・・
正直タユタマより面白かった気がw
ただ第1話からあんなに作画を頑張られると逆に不安しか湧かないというのが事実なわけでして^^;
ヌルヌル動いてましたね^^;
というか原作ガン無視ですか(;´Д`)
あんな出逢い方じゃないんですがねw
シャルロットとの出逢い方とか凄くありえないです^^;
いきなり銃を持った集団に襲われてピンチなシャルロットを哲平が助けるって・・・
何年前のアニメだよ、とw
それに白昼堂々とあんなことしたらまず警察が来ると思います。
それと現代に馬車ってどうですかwまぁ・・・二次元の世界なので何でもありですね(ぇ

出逢い方は無茶苦茶でしたが話的には結構繋がってた・・・・のかな?
あまりつまらない感じはしませんでした。
というか意外と面白かったです。

なのでこれも視聴続行!

お次は宙のまにまに☆
これは何気に期待度数の高かったアニメなのですがやはり面白かったです。
というかスフィアのOPがイイ(・∀・)!!
一回聴いただけで心に残りましたよw
「とぉ~く、とぉ~くへと~~伸ばした手に触れたのは♪」
イイですね・・・これは買うしかないです(ぇ

で、話の内容ですが思っていたよりもハチャメチャな展開でしたw

主人公である大八木朔は読書好きのいたって普通な高校生。
しかし昔、朔に恐ろしいトラウマを残していった明野美星と再会してしまいます。
そこから文芸部に入ろうと思っていた朔の学園人生は一変!
無理やり天文部に入れられてしまいます。

美星の表情がかなり喜怒哀楽激しくて面白かったです。
それと天文部の部長・・・
部活の前に病院行こう?(;^ー^)
思い切り吐血してたし白髪だし顔色が死人みたいだし・・・もう病院行った方がいいですハイw
このままじゃ部長がお空のお星様にw

キャラはかなり個性的だったし演出もよかったしでかなり好印象。予想通りくらいの出来で良かったです。まぁ、原作も人気ありますからね。
原作買おうかなぁと思うのですが財政難のため・・・検討中orz

東京マグニチュード8.0 第1話 感想!!

物凄くリアルな未来・・・
まず、OPがabingdon boys schoolだったのが凄く意外でしたw
もうちょっと昔風な感じと思っていたのですが^^;
良い曲で鳥肌がいきなりw

そして、本編ですが設定もなかなかリアルに近くてよかったと思います。
主人公の小野沢未来ですが、どこにでもいそうな今時の高校生
という感じでしたね。
家族間の雰囲気が悪いせいで色々と鬱憤が溜まってるところの描写、表情などもとても生き生きと表現してあって素晴らしかったと思います。

とりあえず弟くんが良い子過ぎる(TT
お母さんと仲良くなれない姉、気分が悪そうにイライラしている姉・・・そんな姉を元気付けるために姉と一緒にロボット展覧会へ出かけます。
そこでも必死に姉を気遣い、元気になってもらおうとしている弟くんの姿に感動。
でも、姉には伝わらなかったみたいです。
こういうときに気付いていてあげれば何かが違ったのかもしれませんが時すでに遅し。

嫌なことばかり起こってしまいイライラが止まらなくなる未来。
良いことなんて何もない・・・自分の未来なんか分からない・・・
そんな中ついに禁断の言葉を口にしてしまいます。
『こんな世界壊れちゃえばいいのに・・・』

その瞬間、突然激しく揺れ始める世界。驚きに身をこわばらせる未来だったが建物は崩れ、巨大な橋はまるでコンニャクのようにグニャグニャと歪みゆく世界に呆然とする。
しかも!後ろの崩れてゆく建物にはトイレへ行ったばかりの弟がいるわけですΣ(;゜Д゜)

一体次回はどうなってしまうのでしょうか?

というかこれは笑い事じゃありませんよね。リアルでもいつこういう事態が起こるか分からないのですから・・・。これは凄く今の私たちが見るべきアニメであると思いました。

それにしても・・・

今期のアニメはレベルが高すぎる!w

かなめも 第1話 感想!

笑いたいのに笑えないw
というわけでついに始まりました何気に期待していた「かなめも」第1話の感想ですが
なかなかに面白かったです。
やはりまんがタイムきららは良いですね^^*

とはいえ、始まり方は意外と重かった・・・(;´Д`)

祖母を失った中町かなちゃんですが肉親が皆いなくなってしまったようで物凄く可哀想でしたorz
いや、こういう場合に「可哀想」というのは逆に失礼なんですよね^^;

そんな深い感覚に囚われながらいきなり引っ越し屋さんが現れお祖母ちゃんの荷物を持っていこうとします。それを見て何を勘違いしたのかかなちゃんは「自分も売られちゃう」というとんでもない勘違いをして脱走Σ( ̄□ ̄;)
こは引っ越し屋さんも驚いたでしょうねw追わないのがオカシイ気もしましたが^^;

そんなわけでかなちゃんは一人、雇ってもらえるところを探したりしますがなかなか見つかりません。
やっぱり中学生で身寄りが無いとなると厳しいですよね・・・(TT
なんか健気に探している姿に目頭が熱く(ノД;`)

結局、見つからず・・・いや、途中で住み込みバイト募集中という場所を見つけたのですが恐ろしいほどの変人たちがいたため断念w

だいじょうV♪なんとかなるさ、だいじょうV♪
ここのシーンはかなり「かわええ」的な場面なのですが何故か私は切なくw
なんか笑いたいのに乾いた笑みしか浮かばないという事実(>ω<)
状況を考えると凄く可哀想な場面ですよw

そんな感じで元気を出しながら道を歩いていたら自転車と正面衝突!
エエエェェ(’A`)ェェエエエ
当然、気絶。
そして目が覚めた場所・・・そこは先ほど訪れた変人たちがたくさんいる家だった(○_○;)
これは地獄に仏・・・なのか?(・w・;)

結果オーライというわけでそこでの住み込みが許されましたが色々と楽しいイベントが発生しそうでワクワクしますね♪
とりあえず百合2人は帰ってよし(ぇ

それにしてもほっちゃん仕事し過ぎでしょwww


大正野球娘。 第1話「男子がすなるというあれ」 感想

時代背景が分からない(´・ω・`)
というわけで始まりました今期アニメ5作品目である大正野球娘ですが
正直言ってあまり面白いとは感じませんでした^^;
始まりの辺りで主人公の小梅が歌いだした時点で物凄く「エエエェェ('A`)ェェエエエ」という感じになりましたw
このノリは最近のクレヨンしんちゃんの映画的なノリでしょうか?
こういうのは正直やめて欲しいです(´・ω・`)

それと面白く感じなかった理由がもう一つ。
最初に言ったように時代背景が全く掴めませんorz
昭和ならまだ想像は出来るので良いんですが大正とか言われても・・・
完全におじいちゃん、おばあちゃん世代じゃないですか^^;
この時代設定はいただけません・・・。
それにセーラー服のデザインですが昔の人はこんなにスカート短くないってw
細かいところにも気を配ってほしかったですね。

まぁ、でも評価出来るところもあります。
それは野球の風景。昔はあれくらいが普通だったんですよね。
今はゆとり教育の影響であそこまで厳しくしたら体罰になるし、こういう描写はなかなか良かったと思いました。
ちなみに私が野球をやっていたころは結構厳しかったですがさすがにバケツで水をぶっかけられることはありませんでしたよ^^;下手して死んだら大問題ですからねw

と、そんなことはともかく。声優も豪華で良かったです。
能登さんのキャラがかなり良い感じでした。乃木坂春香に向けて能登さんもエンジン全開ですかね^^*
秋も楽しみにしてますよ(^O^)

OPも良かったですね。声優で歌う歌って結構好きだったりします。
上手い下手とか関係なく楽しそうに歌ってる姿が思い浮かべられますからね(´∀`)
曲自体も良かったですし。

というわけであまり面白いとは思いませんでしたが切るほどでもないので視聴は続行させていただきます♪

続きを読む

CANAAN 第1話 感想

夏アニメもどんどん始まっちゃってますね!正直、追いつけてません^^;
とはいえ11時代辺りからかなり面白い作品がやってますね。
その作品の1つではないのかな?と思われる
CANAAN
最初にOPが良いなぁ~と思いました。
凄く凝った作りで見ていて興奮を誘いました。
次は声優です。
いきなり最初のナレーターが大塚明夫さんだったのでかなり日曜洋画劇場みたいな感じでしたw
言い換えれば映画クオリティ^^;

話が第1話だけなので分かっていませんが
どうやら主人公のカナンは五感を同時に発動出来る共感覚者という能力者だそうです。
戦闘シーンで両目が光ってましたがそれは能力を発動した証拠だったんですね。

というか舞台が中国なせいかダーカーっぽい雰囲気がしたんですよねw
それに能力者だし。
敵(?)っぽい仮面を被った集団も仮面を外した途端に目、鼻、口から大量出血してましたがあの死に方もダーカーにありましたからねw

内容的にはイマイチよく分かりませんがそのうちどんどん分かってくるのだと思います。
まぁ、奈須きのこさん原案ですから心配は無いでしょう。

とりあえずキャラ的にかなり好きになったのは大沢マリアちゃんですねw
めちゃくちゃ可愛いです!声優さんは知らなかったけど良い声でしたし^^*
なんかカナンのことを知っていましたがどういう関係なのでしょうか?
それも今後明かされそうですねwktk

最初に言ったみたいに結構早い時間帯にやるアニメがかなりクオリティが高い気がします。
私的に今のところ一番ハマったのは化物語ですが、CANAANもこれから面白くなっていきそうでワクワクしています=3
なんだかんだで今期のアニメはあまり期待していなかったのですが
考えを改めました。
正直言って4月からのアニメより面白いのが多いです!!!

というわけでこの作品も視聴継続ということで・・・
今期は没落作品が少ないかも・・・

化物語-バケモノガタリ- 第1話 感想

銅40グラム、亜鉛25グラム、ニッケル15グラム、照れ隠し5グラムに悪意97キロで、私の暴言は練成されているわ

いきなりOPからインパクトがありすぎだった化物語ですが恐ろしい程面白かったです。
OPから腕が飛んだり、内臓が飛び出ていたりグロイ描写がありましたが逆に興味をそそられてしまいました。
階段から滑って落ちてきた戦場ヶ原ひたぎを本編の主人公である阿良々木暦が助けてしまったことから物語は始まります。
あの高さから落ちてきた人間を腕も折らずに助けられるわけないとは思いましたが
まさかひたぎの体重が5kgしかなかったとはね^^;
なんかそこだけでストーリーに引き込まれてしまいましたよw

原因はどうやら蟹に重さを持っていかれたみたいです。それが妖怪の類なのかな?と予想してみますがこの作品は簡単に予想を裏切ってくれそうですね。
久々に鳥肌が立ちましたw
それに記事の最初のセリフ。
こんなのをよく思いついたなぁと感心しました。
ひたぎの設定はツンデレみたいですがこれじゃあ明らかに暦が言うとおりツンドラwww

(※ツンドラとはツンツンしていてデレることなくドライになる女性のことです。)

それにしてもいきなり主人公とのやり取りが口にカッター、ホッチキスなんてデンジャラスなモノだとは^^;かなりビビリましたよw
というかあの勢いでカッター口に突っ込まれたら絶対に切れちゃってますよ^^;
でも、どんなに傷を付けても平気なんですね暦は。
どうやら吸血鬼の類だったらしく傷が早く治るみたいです。だから一発口をホッチキスで打たれましたが傷はすぐに修復。これにはさすがのひたぎも驚いたようですね。

ツッコミどころと言えばひたぎ・・・文房具所持しすぎ(;´Д`)
あれ?でもこんなキャラどっかで見たような・・・・・・
それと暦が眼鏡外した糸色望にしか見えないんですがw声も同じだしwww
髪型も似てるしで・・・それにしてもシャフトは最近頑張りますね。
絶望先生も始まるのに相変わらずのハイクオリティ=3
これは視聴を続けるしかないでしょうw

というかこの作品は正直、神作品になると予想・・・というか直感しました。
時間も午後11時なので寝る前に丁度良いですしね。
さすがにフルハイビジョンで見ると映像の綺麗さが恐ろしいです^^;

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第2話「指輪の心 巫女の心」 感想

作画の凄さに唖然w
というわけで早くも第2話です。
1話目の印象が良かっただけに2話目は失速したらやだなぁ~と不安に思っていましたが
それ程でもなかったです。
むしろ作画のレベルが恐ろしいくらい上がってました^^;

前回、夏音が指輪を投げ捨ててしまいウリンがそれを見つけたわけですが
なにやら怪しい箱から声が。思わず開けてしまったために邪悪なる闇、セドナを復活させてしまいます。
そのセドナはどうやら空に半身、海に半身存在しているようで空の半身が復活してしまった今、海の半身を手に入れてしまったら世界は闇に包まれるらしい・・・。
以上の解説を2話目に登場したカメさんがしておりましたw
更に話には続きがあって、そのセドナに対抗し得る力を持つ巫女が空と海の両方にそれぞれ存在しているようで、その一人がマリンだったわけです。

カメさんから不思議な光を受け取ったマリンはタコ美女兵士なる化け物に襲われる夏音を助けるべく、
変☆身!
変身シーンが狙っているようだったら減点モノでしたが一瞬で変身しちゃいましたね^^;
良かったですwあまり狙った変身シーンだったら正直がっかりでしたからw

で、変身した衣装が・・・なんか綺麗でした(*´∀`)
腰のヒラヒラが可愛いですw

それはそうとそこからの戦闘シーンが異常でした^^;
タコ美女兵士の触手攻撃をヒラヒラ物凄いスピードで避けていくマリンの作画がハンパ無かったです(;゜Д゜)
ここまで力の入った作画は久々ですよw
てっきり触手プレイに走るのかと思いきやそうでもなく(むしろ触手プレイされたのは夏音w)戦闘を繰り広げていましたが、マリンは押される一方。
そこで長い葛藤の中、ついに空の巫女が現れます!!
というか夏音だったぁーーー!!!!(ぇ
マリンが水を使う巫女で夏音は炎を使う巫女・・・なんとぴったりな能力w
夏音の炎はてっきり黒い炎だと思ってましたが普通の炎でしたね(オイw

そんなわけで夏音がタコ美女兵士にトドメを刺そうとしましたがそれを何故かマリンが制止。
まぁ、タコが無理やり操られてるだけだったので海の巫女であるマリンにとっては大切な仲間だったのかもね。浄化して海に返してあげるとか・・・優しいですね(*´∀`)

結局、無理やり巫女やらなんやらにされてしまった夏音は「関係ない」とブツクサ言いながら去っていきますが次回はどうやら無視することが出来なくなるみたいですねw
というか私服のマリンがメチャクチャ可愛い=3
これは次回も楽しみです・・・お風呂シーンもあるし(ボソ

よくわかる現代魔法 第0話 感想

まずお知らせ(=゜ω゜)ノ
今年夏アニメをもってキャプ画像でのレビューはやめにしようと思います。
理由は時間が掛かるからです^^;
それに忙しくて疲れた日なんかはレビューする気にすらならないときがあるので
文字だけならばレビューは確実に出来ると考えたからです。
それと今期は今のところ19本も見るものがあるので丁度良いかな?とも思います。
あ、ちなみにダーカーの2期はキャプ画で完璧にレビューするつもりですのでw

以上お知らせでした。



そして、今年夏アニメの2番手となった
『よくわかる現代魔法』
ですが・・・
予想以上に面白かったですw
というか出てくるキャラが皆可愛いんですよね^^*
何気に一人私がツボったキャラがいたりw
その子の名前は坂崎嘉穂
一見無口、無表情で無機質な女の子に見えますが意外とツッコミが面白い子でしたwww
こういう子はかなり好きなので物凄くツボりました。

ストーリーも意外と私に合ってる感じでした♪
主人公こよみの得意魔法が『たらい』というのも面白い設定でしたし。
何より戸松遥さんの演じる一ノ瀬弓子クリスティーナが有能な魔法使いなのに色々と抜けてるところが面白かったですw
「たらい召還」しか出来ないこよみにあれこれ指導をするのですがなかなか治らずに最後は結局、巨大なたらいが落ちてきちゃいました^^;
ある意味レアだと思います「たらい召喚」
今までに見たことのない魔法ですしw

そんな感じでキャラ良し、作画良し、キャラデザ最高、ストーリー良しで
このアニメも視聴続行決定!
そしてこの「よくわかる現代魔法」の主題歌を歌っているのが美郷あきさん
何気にファンだったりするので非常に嬉しいです^^*

本番が楽しみです=3

Angel Beats! 公式が更新されました(^∀^)

ずっとゆりっぺと天使ちゃんしか出ていなかったサイトが華やかに。
キャラクターがいっきに登場!!
というかどう見ても
ゲームにしか見えないw
出てくる女の子キャラ可愛すぎでしょ!wこれアニメとか私はどうすれば(゜Д゜;三;゜A゜)

特に目を惹いたのが
椎名
寡黙で冷淡・・・しかし可愛いものが好きで女の子っぽい弱点が・・・!
この設定やヴぁい・・・私のハートストライクど真ん中じゃないすかw
クーデレというやつかっ!!
他にも
ユイと遊佐
がかなり可愛い=3ユイとかクドっぽくて良いですね。
ただ遊佐が天使にソックリな気がしたのは私だけ?
他にも男キャラが大勢・・・まぁ男なんてどうでもいいけど(オイw

というか主人公がてっきりゆりっぺだと思っていたけどヒロインだったわけね。
ちゃんと男の主人公がいましたよ。
名前は音無
雰囲気が朋也っぽいです。
何はともあれKeyとだーまえのコラボ作品ですから期待度はかなり高いです。
それにこのキャラデザを忠実に再現したアニメだったらもう素晴らしいことになるでしょうw
動きとかも過ごそうだな、なんて思ったりしてます。
全13話ですが人気出そうですね。

Twitter
ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
                                                 
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。