プロフィール

SHUMA@ロリコン紳士

Author:SHUMA@ロリコン紳士
きんいろモザイク2期デース!

趣味:アニメ鑑賞、アニソン鑑賞、ゲーム
【神アニメ】
・灼眼のシャナ
・sola
・Darker Than Black-黒の契約者-
・ひぐらしのなく頃に
・ef-a tale of memories&melodies
・瀬戸の花嫁
・エルフェンリート
・STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・異国迷路のクロワーゼ
・夏目友人帳(無印→参)
・うさぎドロップ
・Another-アナザー-
・Fate/Zero
・TARI TARI
・凪のあすから
・SHIROBAKO ⇐NEW!

大好きな声優:早見沙織、東山奈央

<2015年【新作 春】視聴予定アニメ>

【日曜日】
・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
・血界戦線
・アルスラーン戦記

【月曜日】
・終わりのセラフ 第1クール
・グリザイアの迷宮&楽園
・山田くんと7人の魔女

【火曜日】
・ニセコイ:
・黒子のバスケ第3期(後半)

【水曜日】
・魔法少女リリカルなのはVivid
・響け!ユーフォニアム

【木曜日】
・ハロー!!きんいろモザイク

【金曜日】
・トリアージX

【土曜日】
・やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続
・レーカン!
・境界のRINNE
・電波教師
・ガンスリンガーストラトス
・Fate/stay night UBW 2ndシーズン
・プラスティック・メモリーズ
・ミカグラ学園組曲

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本 アジアカップ優勝!!!!!

優勝キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!
今、生で見てたんですがメチャクチャ熱い試合でした!!!

どちらも一歩も退かぬ攻防・・・まさに決勝に相応しい激戦・・・。

正直、凄すぎて言葉がないですw

とにもかくにも、優勝!強豪を倒して行き、ついに辿りついた頂点・・・

本当におめでとう!!!!!
スポンサーサイト

GOSICK-ゴシック- 第4話「金色の糸はつかのまを切り裂く」 感想

謎の転校生、アブリル

<第4話ストーリー>
ある朝、一弥が村への道を歩いていると、そこに一台のバイクが通り過ぎた。次の瞬間、運転手の首が宙に舞い、それを目撃した一弥は殺人の疑いをかけらてしまう。一方、学園にはイギリスからの留学生アブリルがやってきた。そして、長いあいだ使われていなかった納骨堂から、騎士の姿をしたミイラが発見される…!?


ある意味、新ヒロイン・・・みたいな感じなのかな?

第4話はいきなり一弥くんが犯人扱いされて手錠をさせられているところから始まりましたw
たまたま人が死んだ現場にいたからってヒドすぎだろ警部w

なんでも、いきなり走ってきたバイクが衝突してライダーの首がブシュッといってしまったところを
目撃してしまったようです。

こんなの、私でもすぐに分かるトリックだったのに・・・この警部は頭を使わないのか?w

ワイヤーがあったら確実にそれで首を切断してるに決まってるのにね^^;
ヴィクトリカもこれじゃあ退屈して当然だよ。

倉庫の中から遺体が出てきたところの推理も分かり易かったし・・・
これって意外と推理がシンプルですよね。
まぁ、小難しいのは嫌いなので良いんですがw

色々事件が起こる中、アブリルという転校生がやってきました。
凄く美人・・・っていう設定だけど・・・

正直タイプじゃない^^;
というかケバくないか?(ぉ

ヴィクトリカが一番に決まってる!

一弥くんのタイプの女性が「金髪の美しい女性」ということで・・
完全にヴィクトリカじゃんw

アブリルが現れたことでヴィクトリカも徐々にヤキモチっぽい感情を見せるようになってきましたね。

私が4話まで見て思ったのは、ヴィクトリカの『退屈』という言葉はきっと『寂しい』という意味なんだろう
ということ。
一弥が来てくれることが本当は凄く嬉しいんだと思う。
でも、素直になれずにああいう態度を取ってしまうんじゃないかな?と。

ずっと一人で隔離されて生きてきたみたいだし、多分人付き合いが不慣れなんだと思います。

私がここまで分かっているというのに一弥は鈍感みたいですから気付かないんでしょうねw

さて、新キャラのアブリルですが今のところ犯人っぽい仕草ばかり見せてますね。
でも、こういう疑い深いキャラって意外と犯人じゃなかったりするんですよね~
どうなるのかは来週を見なきゃ分かりませんがw

後、4話目で私が気になったのはブロワ警部がヴィクトリカに向けて発した
『灰色狼の分際で・・・』
という意味。
『灰色狼』ってどこらへんが灰色?という幼稚な疑問を抱いている私w

きっと違う意味が含まれているんでしょうね。

原作を立ち読みしたら『灰色狼』についての話もあるみたいなのでアニメでもやるでしょう!

それにしても、ヴィクトリカ可愛い・・・本当に可愛い。
妖精というよりは金色の天使ですね!
むくれる顔が一番好きですw

今期は可愛い子が多すぎて困る(嬉しい悲鳴)

夢喰いメリー 第4話「夢喰いメリー」 感想

夢を喰らう少女メリー・ナイトメア

<第4話ストーリー>
他人の夢が視える能力を使ってメリーを助けられないかと思う夢路。
夢魔の「器」にされることを心配して夢路を遠ざけようとするメリー。
そんなやり取りのあと、夢路の通う六花高校文芸部講評会の部長・星野鳴は、間違いメールで偶然であったクリスという人物に会いに行くがすっぽかされてSTOに立ち寄ることに。

彼女のメールのやり取りを何気に見ていた夢路は鳴が夢魔に乗っとられようとしているのを察知して叫ぶ。
「デイドリームを開け!」と・・・。



ようやくストーリーが動き出した気がする第4話目!

メリーを助けたい夢路と夢路を心配するメリーっていう関係はなかなか面白いですね。
お互いがお互いを思っているのに、擦れ違ってしまう。

と、そんなに重く考える必要はなかったみたいですねw

「助けなんかいらないわ」と言って遠ざけながらも泣いている姿を見ると
メリーはかなり寂しがりやで泣き虫な感じがします。

4話目では普通に夢路の学校に現れたり、夢路の部屋に無断で入ったりしてたし・・・

やっぱり誰かと一緒にいたいんじゃないかなぁ?と思いました。

今回の先輩の事件をキッカケにメリーは夢路と協力し合うことを承諾するんですが、
素直に喜ばないメリーちゃん可愛い(*´∀`)

「これから名乗るのに丁度良いから使ってあげるわ!」
夢路が命名した『夢喰いメリー』という名称を認めたメリー。
ツンとしながらも、結構嬉しそうw

メリーってツンデレでもデレデレでもないから、珍しい雰囲気ですよね。

無垢な一面もあるし、ツンとしたところもあるし、泣き虫なところもあるし・・・
今までに無いヒロインで良いですね^^*

次回はエンギさんという強そうなお姉さんが出てくるのですが、
色々と真実を明かしてくれるそうなので楽しみです。

P.S.
闘ってる時の夢路がアクセラレータに見えたのは気のせい?w

IS-インフィニット・ストラトス- 第4話「決戦!クラス対抗戦」 感想

謎の無人IS出現!!!

クラス対抗戦の第一回戦は一夏VS鈴。鈴の専用IS、「甲龍」の破壊力の前に一夏は苦戦を強いられる。
そんな中、突如、試合会場アリーナに全身装甲の不気味なISが乱入し、一夏と鈴を襲い始める。
二人は力を合わせ、謎のISの撃退を試みるが……。


ついに始まったクラス対抗戦。

昔の約束をちゃんと覚えていなかった(もしくは勘違いしていた)一夏に激怒した鈴が勝負を申し込んで
まさかの一回戦で闘うことになったわけなのですが・・・

スピードが速く、近距離戦闘にも長け、更には遠距離攻撃も可能。
付け加えると、砲撃に死角がないという明らかに一夏には不利な闘い。

ですが、一夏にも男の維持があるため必殺技を決めるために鈴のスキを狙います。

結果的には見事スキを突いた一夏でしたが、いきなり別方向から砲撃を受けてしまいました。

突如現れた謎のIS
鈴と一夏の闘いに割り込んだ一つの機体。
慌てて観客を避難させようとしますが、セキュリティを掌握されてしまい鍵がロックされてしまいました。
しかも、レベル4ものバリアまでもが張られ外部からの支援が出来ない状態に・・・。

つまりは、一夏と鈴にしか食い止めることが出来ない状況と言うわけです。

なんか超展開になりましたが、謎のISは恐ろしく強く鈴と一夏が連携して攻撃しても全くの無傷。

砲撃も強いし、動きにムダが無いし・・・なんなんだろうね^^;

でも、やっぱり人間の顔が無い方がカッコイイと思ったのは私だけではないはずw

鈴との戦闘でかなりシールドエネルギーを消費していた一夏は後一撃の力しか残っていない状態に・・・。
そこで一夏が考えた作戦は鈴の砲撃によるエネルギーを自らのエネルギーにして攻撃する、というもの。

砲撃を撃て!と言われて撃とうとしたのに一夏が前に出てきたらビックリするよねw
作戦としては無茶な気がするけど緊急事態だったから良い作戦だったのかも。

千冬姉さえ砂糖と塩を間違えるくらい動揺してたのに、冷静な一夏は純粋に凄いと思いましたよ^^*
主人公補正ですね分かりまs(ry

で、あの場面での箒って必要だった?
明らかに邪魔したようにしか見えないけど・・・結果的に相手のスキを生んだから良かったのかな?
しかも、「こんなのに勝てるわけがない・・・」って絶望してたシーンでもないのに・・・
あの無意味な喝ってなんなの?^^;

なんか、展開が上手く噛みあってない気がする。
無理やりキャラを全員入れようとしている感じがしました。

結局、一夏の必殺技『零落白夜(レイラクビャクヤ)』も外れてしまったわけなのですが・・・
最後の美味しいところはセシリアが持っていくというのも無理やりな展開のような。

あそこで箒を持っていくべきだった気がする。

まぁ、色々文句言っても仕方無いんですけどねw

一応トドメを刺したのは一夏だったみたいだしw

保健室での鈴とのシーンはなんだかロマンチックでしたね(*´ω`*)
こういう関係って憧れます。
無理ですけどね!今更!!(爆)

鈴と良い雰囲気になったと思ったけど、多分一夏の「遊びに行こうか」は「気分転換に」という前文が
あると思うのでそんなに深い意味はないんでしょうね。
鈍感主人公は無理やりキスを奪うくらいじゃないと気付かないので・・・w

エンディングにも鈴が追加されました~

これってフラグが立ったキャラが追加される仕様だよね今更だけどw

次回は・・・・
来たよ・・・
来た・・・
シャルちゃんキタ―――(*゚∀゚*)―――!!!!
次回予告だけでニヤニヤしてしまった。

うん、もう期待しかしてないよw

そらのおとしもの 最新11巻 感想

お兄ちゃん・・・愛ってなぁに?
実を言うと先ほど買ったばかりの最新巻だったんですが、メチャクチャ面白かったので感想を書こうと
思います。ちなみに今日発売したばかりのホヤホヤw
原作購入している人たちは最新巻を読んでから記事を読むように!

あ、ネタバレ大好きな人は見てくd(ry

続きを読む

GOSICK-ゴシック- 第3話「野兎達は朝陽の下で約束をかわす」 感想

10年後、復讐を誓った二人

<第3話ストーリー>
自分たちの乗っている船が、10年前の<QueenBerry号>事件を再現したものだと気づいたヴィクトリカたち。いつ殺されるか分からないというギリギリの状況の中、生き残った者たちがお互いに疑心暗鬼になっていた時、イギリス人の俳優ネッドが突然、一弥たちの目の前で倒れる――!?


アニメは2話、3話がとても重要・・・というのが自論なんですが、このアニメはやってくれましたね。

前回、一弥くんがヴィクトリカをかばって銃声が鳴響いたところで終わりましたが
今回は予想通り、あのおじさんが撃たれました。
撃ったのはジュリィ。

とりあえず船を脱出するために急ぎますが、ヴィクトリカは女性のバッグを持った瞬間に何かに気付いた様子でした。

そして、先導を切って走っていたネッドの悲鳴が上がり倒れているのを発見。
不自然な格好で倒れていましたが、脈が無いようでちゃんとした死因を確認するために一弥くんが
確認しようとします。
それを突然、止めに入るヴィクトリカ。
「怖いのだ・・・一緒にいてくれ・・・」
まさかあの気丈なヴィクトリカがそんなことを言うとはね・・・可愛い(ぁ

でも、真意はその場から遠ざけるため。
何故なら野兎に紛れ込んだ猟犬がまさかのネッドだったから。

ヴィクトリカの推理は当たり、逃げた3人を恐ろしい形相で襲ってくるネッド。
最初に捕まったのはヴィクトリカ。
でも、帝国軍人の三男である一弥くんがアイアンナックルで応戦。
なんとか外に逃げることができましたが、執念深く追ってきたネッドに追い詰められてしまいました。
一弥くんはヴィクトリカだけでも救うべく、無線室へ押し込みましたが・・・
ここのシーンでの一弥くんは男の中の男でしたね。
帝国軍人の三男として・・・いや、ヴィクトリカを守りたいんだ!

そして、一弥くんはネッドと死闘を繰り広げます。
でも、体格差がありすぎですよね^^;
日本人と外国人じゃ・・・でも、自分が負けたらヴィクトリカも殺されてしまう・・・
その想いだけで闘った一弥くんでしたが、ついに追い詰められてしまいます。

トドメを刺しに襲ってくるネッドから一弥くんを守ったのはまたしてもジュリィ。
斧で背中を一撃されたネッドはそのまま海に落ちて死亡。

ジュリィが助けてくれなかったら死んでたというのに一弥くんはヴィクトリカが一番心配らしいですw
「ありがとう」くらい言え!w

ヴィクトリカは無線室で信号を送っていましたが、一弥くんが無事なのを知って思わず安堵の表情^^*
でも、悟られないようにすぐにツーンとする仕草がメチャクチャ可愛かったです(*´∀`*)
本当は抱きつきたいほど嬉しかっただろうにw

ギュッと無言で一弥の手を握るシーンは良かったです(*´ω`*)

そして、沈むクイーンベリー号。
こうして事件は終わり・・・ではなく本当の犯人はすぐそばにいました。
それはジュリィ。

幾度と無く一弥たちを救ってくれてた印象がありますが真犯人だったんですね、やっぱり。

最初の扉を確認している場面で怪しいとは思ってましたが・・・。

動機は10年前の復讐
1、2話で言われていたように10年前にもこの野兎の事件はあったんですよね。
その時が丁度、サラエボ事件・・・第二次世界大戦の始まった時らしく、占い師ロクサーヌは
その戦争の結末を占うために11人(11カ国)の子供達(野兎)をクイーンベリー号に集め、猟犬(ネッド)を使い
殺し合わせた。

生き残ったのは五名。それぞれの国籍がアメリカ、イギリス、フランス、イタリア、ソビュール。

そして、第二次世界大戦で勝った連合国のアメリカ、イギリス、フランス、イタリアそしてソビュール。

つまり、占いが当たったということ。
正確に言うと、占い通りに戦況を操った・・・という感じですかね。

戦争を思い通りにするために罪の無い子供たちの命を使って殺しあわさせた・・・許されざる話ですね。

そこで、ある2人の少女が10年後に復讐をすることを誓うわけですが
その1人が今回の事件の犯人であるジュリィ。
もう1人がロクサーヌを殺したリィ。

つまり、お互いがちゃんと復讐を果たしていたわけです。

どっちにしろロクサーヌが今回の事件で殺されたことに変わりはありませんが
まさかこんな偶然ってあるんですかね?
意外と必然だったのかも・・・・。

こうして、事件の真相も明らかになり、無事に帰ってくることができた一弥とヴィクトリカ。
相変わらずヴィクトリカは退屈そうにしているけど、一弥はご立腹な様子。

またもやグレヴィールがヴィクトリカの手柄を横取りしたんだからそりゃ頭に来るよねw^^;

でも、ヴィクトリカはあまり興味がないらしく
「兄は俗物だからな・・・」
と・・・・・・

・・・・・・
・・・・・
・・・
(゚д゚)兄?

えええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!
あのドリルがまさか、まさかのヴィクトリカの兄だったことが判明w

驚きすぎてポカンとしてしまったじゃないかwww

腹違いの兄らしいのですが、ヴィクトリカの母親って妾だったんだね。
それでヴィクトリカはずっと暗闇の中に閉じ込められて過すことを強いられたと。

なんとも複雑なお話。

そういえば、ヴィクトリカの母親って生きてるのかな?ペンダントを大切そうにしてるけど
母親から貰ったモノなんじゃないかな?と勘繰ってみたり。
まぁ、そのうち明かされるでしょうね。

何はともあれ一件落着。
最後はヴィクトリカの「一弥は友達」発言に思わず頬が緩んでしまった私でしたがw
なんといっても最後の可愛らしい寝顔・・・(*´∀`)

今期のアニメは可愛い子が多いけど、ヴィクトリカはトップクラスに可愛いですね!

次回は美少女転校生が現れるそうですが・・・もしかしてヴィクトリカ、嫉妬したりするのかな?wktk

夢喰いメリー 第3話「夢の向こうから」 感想

共存を望む夢魔、乗っ取りを企てる夢魔

<第3話ストーリー>
「決めたことは何が何でも守る。」メリーを助けると決めた夢路は出て行った彼女を探そうとする。

その頃、メリーは公園でみなとという少女と出会う。
律儀で礼儀正しい彼女はイチマという友達から「自分のほかに友達になってくれる子はいない」と言われ一人で遊んでいる様子。そんな時夢路も偶然公園にやってきて・・・。何気なく、イチマをいつものように指の輪っかで覗いた夢路。

はたして彼女の色は・・・!



気付いたこと・・・このアニメ説明不足なんじゃなくて決定的に演出が弱い・・・ということw

なんか展開が弱いんですよね~だから視聴者は「え?何?」という感じになってしまうのかも。
まぁ、演出が弱いというだけでつまらなくはないし、
メリー可愛いし、後、メリー可愛いし(大事なことなので二度(ry

今回は共存を望む夢魔と乗っ取りを企てる夢魔を浮き彫りにするような話でした。

夢路のもとを去ったメリーは「未練なんかないわ・・・」と言いながらもずっとドーナッツのことばかり
考えていましたw
思いっきり未練あるじゃんw

そんなメリーは不思議な少女、みなとと出会います。
ネコミミ帽子は可愛かったかなw

みなとがおやつのドーナッツを食べようとしたところでメリーは羨ましそうな視線を向けるわけなのですが
メリーって意外と餌付けしやすいかもw

ドーナッツのお陰で仲良くなった2人。

一方、夢路はメリーを探しますがなかなか見つかりません。
勇魚はメリーにご執心な夢路に嫉妬するわけでもなく、むしろ温かく見守ってる感じ^^*
良い嫁ですねb

メリーは若干子供っぽいから良い家族になるんじゃないかな?と少なからず思ってしまったりw

夢路はアテもなくメリーを探していましたが、お気に入りの戦隊モノのヒーローが占いで
言っていた『頭上に注意!!!』というのが大当たりします。

最初の時に出逢った時みたく、メリーが空から降ってきましたw

落下型ヒロイン・・・嫌いじゃないz(ry

やっとメリーを見つけた夢路は一緒にいたみなととも仲良くなります。
缶蹴りとか、現代の子ってあまりやらないと思うんだけど・・・

そんなにハードな遊びだったかな?w

遊んで更に仲を深めた3人。そんな時、夢路は何気なくみなとの夢を占うことにします。
しかし、そこで前にも起きたデイドリーム(白昼夢)が発生!

みなとを乗っ取るために騙していたイチマという夢魔が現れました。
約束したのに自分以外の友達を作ったことに激怒したイチマは3人に襲い掛かります。

ここでも『頭上に注意!!!』が役に立ちますw
巨大なこけし?みたいなものが落下してきたんですが『頭上に注意!!!』という占いが幸いしましたw
夢路のお陰で無傷。

そのままメリーはイチマと戦い、軽く勝利しました。
頬を抓ってビンタ、という攻撃はかなりシュールでしたがw
なんか抓られてるイチマが凄くかわいそうに見えた^^;

一緒に夢の世界に帰ろうとするメリーでしたがまたも失敗。

しかし、また新たな収穫がありました。
夢路がデイドリームを察知できるということ
メリーはそれを察知できないため偶発的に発生するデイドリームで夢魔を倒すしかなかったわけですが
夢路はそれを察知できるのです。

つまり、一緒に協力し合えば効率も良くなる!

ということで、一緒に帰る方法を探そうと提案する夢路でしたが
メリーはそっぽを向いて拒絶。

大丈夫だ夢路、完全にツン期だけどドーナッツあげればデレる!!(ぉ

ところで、最後に出てきたカッコイイお姉さんは誰?

IS-インフィニット・ストラトス- 第3話「転校生はセカンド幼なじみ」 感想

中国からの転校生、凰鈴音

<第3話ストーリー>
セシリアとの対戦から、周囲の女子達の一夏への興味は高まるばかり。
その状況が気に入らない箒は相変わらず素直になれない。そんな中、隣のクラスに中国代表候補生・凰鈴音が転校してくる。
クラス代表選手として一夏のクラスへ宣戦布告にやって来た鈴は、一夏の二人目の幼なじみだった。
昔、一夏と大切な約束を交わしたのだと言うが……。



なんというか・・・デジャブ?wセシリアの話も同じような感じで無理やり勝負に持ち込まれたような気が・・・
まぁいいけどw

前回、一夏に負けてからセシリアは一夏に惚れてしまったらしく・・・声のオクターブが前より高かったですw
しかも「一夏さん(はぁと)」みたいなアクセントで言うものだから、一夏は訳が分からずに戸惑っている
ようですねw
まぁ、もはや人が変わったレベルだしね^^;

箒も箒で相変わらずデレなんだかツンだか分からない態度でセシリアと一夏を巡って争っている感じ。
素直になれば可愛いし、良い子なんだけどなぁ~
とはいえ、セシリアみたいにあからさまに態度を変えるのもちょっと・・・と思うけどw

さてさて、そんなヒロインが2人になって大変な一夏のもとに新たなヒロインが追加されました。
中国からの転校生で凰鈴音。
なんでも一夏とはセカンド幼馴染なんだそうです。
つまりは箒と入れ違いにやってきた女の子みたい。

ツインテールの可愛い容姿とは裏腹に意外と気性の荒い性格みたいですね。
あまりタイプではないんだけど・・・
というか今のところ男としてこの3人のヒロインはちょっと・・・さすがに煩わしいというか^^;

シャルルちゃんはまだかっ!唯一の癒し成分だと確信しているんだが!!

それはそれとしてw
幼馴染とはありがちな「昔の約束」設定が発動されたのですが鈴音はちゃんと覚えているのに
一夏はちゃんと覚えていなかったらしく鈴音は激怒。
専用のISが地獄の番人みたいな感じだったけど、本人もそれくらい怖いかもw

怒り心頭の鈴音は一夏に勝負を申し込みます。
・・・・
・・・
すっごくワンパターンな気がするんだけど・・・。

どうせ、一夏が勝つか善戦するかして鈴音が惚れ直す的な展開だろう・・・ということは多分ほとんど
の人が勘付くと思うんだ。

もうちょっと違う展開が欲しかったかなぁ・・・ラウラとシャルルはちょっと違う出逢い方みたいだけど。

一見、ハーレムで羨ましい状況の一夏くんですが・・・実際にこんな事態に陥ったら
多分、精神が崩壊するでしょうねw
せめて男1人は欲しいorz

次回は代表選手同士の戦いが始まるわけなのですが・・・なんだろう・・・あまりワクワクしないw

企画 「今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?11」+α

今回は参加させていただきましょう!
前回は忙しかったという理由で参加できなかったので今回は参加させていただきたいと思います!
何気に良いアニメばっかだったからね秋アニメは^^*
評価しがいがあるというもの!!

というわけで、2010年秋アニメ評価いきます!!

後、ベストキャラクター賞、ベスト声優賞などもあります。

続きを読む

これはゾンビですか? 第2話「いえ、吸血忍者です」 感想

好きな物は秘剣、燕返し!趣味は秘剣、燕返し!得意技は秘剣、燕返しです。

<第2話ストーリー>
魔装少女を名乗るハルナが現れ、俺の家に住み着いてから一週間。
俺は今の奇っ怪な生活を受け入れつつある。
寛容な性格なのではなく、面倒なことは考えたくない、ただそれだけのことだ。
思い起こせば、俺がゾンビになった時もそうだった。
謎の連続殺人犯に殺されたあの日、俺は幻想のような少女に出会ってしまったんだ・・・・・・。
などと浸っていると、もう一人、変な美少女が俺の前に現れた。


相変わらず始まり方がシリアスからギャグへ向かうのねw

前回、魔装少女ハルナと出逢った歩(あ、ゾンビっす)はネクロマンサーのユークリウッド・ヘルサイズと共に
同居生活を送ることに・・・。

最初は戸惑っていた歩でしたがハルナは意外と無害だったりするので普通に生活を送っているみたいです。
「めっちゃおかわりだ!」は、なんか良いな・・・と思ったw

何気にハルナは学校へ行く歩のためにお弁当を作ったりもしているようで、
歩は何気に嬉しそう。
しかし、中身は卵焼きオンリー
これは死ねるw
味はクラスメイト全員をうならせるくらいに美味いみたいだけど・・・でもお米代わりにもタマゴとか・・・オエッ
卵に梅干は合わないw

ハルナは料理は上手だけど卵焼きしか作れないんですね。

あ、言い忘れてましたが前回の「歩は変態で魔装少女」という目撃事件は記憶を消すことでなかったことにされましたw
いくら死なない体でも社会的には抹殺されそうだしねw

そんな感じで平凡(?)な日常に戻った歩・・・でしたが、また新たに面倒くさそうな子がやってきました。
吸血忍者セラフィム
はい、私の嫁でs(殴

でもアニメのセラはちょっと巨乳過ぎるかなぁ~原作のセラはちょうど手に少し収まらない程度の美巨乳だったんですが・・・まぁ、巨乳キャラには違いないから良いのか(ぇ

ユーに用があるらしくてやって来たわけなのですが、既にユーには歩というお兄ch(ry 下僕
がいます。
しかもユーは「下僕は1人で良い」とのこと。

そこで、下僕を決めるために決闘することとなりました。
セラは剣術の達人なので、格闘系の歩は大苦戦。
ところが、歩は自分がゾンビであるという特長を生かして上手く反撃!

切れた腕を飛ばしてくるとはさすがに思わないもんねw

最終的に変わり身の術をされて歩の額に手裏剣が刺さって勝負は終わったわけなのですが
セラは歩が予想以上に強かったため、自らの負けを認めました。

これでやっと帰ってくれる・・・と安心していた歩ですが家に帰ると何故かセラがいますw

何でも、
ヘルサイズ様の下僕があなたなら、私はあなたの下僕になります
とのこと。

下僕・・・つまり、ご主人様の命令は絶対!
ということで歩は下心全開なのですが
「このクソ虫が」
とセラは完全拒絶w
そして、「気持ち悪いです」とまで言われてしまい・・・歩ショックw

でも、歩はMだから心配ないでしょう!

私はむしろセラを困らせたいというドS心がムクムクと湧いていますがね!(爆)

何気に一応は下僕だから、厭らしい命令じゃなければ素直に従ってくれるんですけどね。
でも、あんな美人で黒髪ポニーテールで巨乳な子が下僕だったら厭らしい命令したくなるよね!歩!気持ちは
凄くよく分かるよ!!

セラ「あなたも気持ち悪いです。」

GOSICK-ゴシック- 第2話「死者の魂が難破船をおしあげる」 感想

集められたのは11匹の野うさぎと1匹の狂犬

<第2話ストーリー>
占い師ロクサーヌ宛の招待状を持って、船上パーティ『箱庭の夕べ』にやってきた一弥とヴィクトリカ。ディナーに舌鼓を打っていた2人は、知らず知らずのうちに眠りに誘われてしまう。そして、目覚めると招待客たちのなかで、ある変化が起こっていることに気づいたのだが…。


占い師ロクサーぬ宛の招待状から「クイーンベリー号」の船へと乗り込んだ一弥とヴィクトリカ。
もともと1人宛だったために一弥くんの料理だけ無しw

でも、なんだかんだでパンをあげているあたりヴィクトリカも優しいかもw

しかし、食事をとった後なぜか深い眠りに落ちてしまった一弥くんとヴィクトリカ。
寝顔のヴィクトリカもかわい(ry

気付いた頃には別の部屋に移されていました。
しかも、最初は11人しかいなかったのが12人に増えて・・・。

人数覚えてるなら最初に誰がいなかったのか分かると思うんだけど・・・?
まぁ、最初の時点で凄く違和感を感じた人物がいたわけですが。

ヴィクトリカの推理では何者かが自分達を密室に閉じ込めて何食わぬ顔で同じ部屋にいるとのこと。

で、一弥くんは「クイーンベリー号」の模型を見て何かを思い出しました。
それは、前に読んだ本に載っていた「死者の魂」を運ぶ幽霊船・・・

昔、集められた11人の野うさぎと呼ばれる子供達が疑心暗鬼になって殺し合いを行ったことから
そう呼ばれているんだそうです。

そして、新たに集められた11人の野うさぎたち・・・いきなり最初に犠牲者が出ましたが
「そこの扉は開かない!」と叫ぶ女性がいましたが、かなり怪しいです。
だって、確認したのは彼女だけで本当に閉まっているかどうかは分からないし、現に逃げようとした人は普通に扉を開けてましたしね。
しかも都合よく、ボウガンの罠が発動するとも思えないし・・・

さてさて、そんな感じで最終的にボウガンで死んだのが1人、ボートで逃げようとして波に攫われてしまったのが6人。

結局、一弥とヴィクトリカ、イギリスの人気俳優ネッド、女性1人におじさんが1人残る形となりました。

一番最初に人気俳優が錯乱すると思ってましたが、おじさんの方が先に錯乱しちゃいましたね。
当初から「クイーンベリー号」の正体を知っていたみたいだから仕方がないかもしれないけど・・・。

しかも、水が浸入してきてもう沈む可能性しかない状況だもんね^^;

そんな状況での一弥くんは凄く格好良かったと思います。
ヴィクトリカを身を張って罠から助けたり、歩きにくいヴィクトリカのためにおんぶをしてあげたり・・・
同じ日本人として誇らしいぜ(ぇ

死体を見ても平然としていたヴィクトリカでしたが、あんな幼い容姿のどこにそんな強い心があるというのでしょう?
おんぶした時に微かに震えているヴィクトリカが凄く女の子らしくて良かったです(*´ω`*)
そんなヴィクトリカに一弥くんはより一層『守ってあげたい』と強く思ったんでしょうね。

錯乱したおじさんの銃口からヴィクトリカを守るため立ちはだかる一弥くん。
「僕にはヴィクトリカを守る義務がある!」
なんというカッコイイ奴なんだ・・・これでヴィクトリカも心撃たれたでしょうねw
こういうのはベタだけど素晴らしいw素晴らしくニヤニヤできr(ry

次回はネッドがやられちゃうみたいだけど、犯人の目星は私もついているので謎は解明されるでしょうね。
1914年に起きた「クイーンベリー号」の11匹の野うさぎの中にとある人物が紛れ込んでいたことには
多分、大抵の人が気付いたでしょうね。

まぁ、そんなところを見なくても分かると思いますがw

次回も楽しみです。
そして、エンディングの入り方が上手い!!

夢喰いメリー 第2話「夢もキボーも」 感想

夢もキボーもありゃしない

<第2話ストーリー>
気をうしなったメリーをカフェSTOまで運ぶ夢路。そこで夢路の幼馴染の橘勇魚(たちばないさな)に出会い、橘家にやっかいになる。

メリーは夢路に、自分が夢魔であることを明かすが、「アタシは、気づいた時には、ここにいたの。」と何も覚えていない様子。だが、確実なのは「幻界(ユメ)」と「現界(うつつ)」がつながる時、夢魔がやってくるということだった。


2話目にして、説明が若干されましたがまだまだ不十分ですね・・・というかあの赤い髪の子は誰よw

要するにメリーは夢の世界の住人で、気付いた時には現実世界にいて、記憶も少ししかなくて・・・
ただ夢の世界に「帰りたい」という強い気持ちだけがあったわけですね。

夢の世界に帰るには夢魔と接触するしかないが、今までに3人・・・1話目のジョン・ドゥを含めて4人としか
接触したことがなかったために結局、夢の世界に帰ることはできなかった・・・と。

ストーリーは分かったけどあの途中から出てきた赤い髪のショートヘアーの子って誰?
公式にもいないし、ひょっとして何かのフラグを立てるために出てきた子だったり?
何気に夢魔と共存しているみたいだったけど・・・
そこらへんが全く意味不明でした。

転校生の子は明らかな敵役だというのは分かりますがw
というかあの飯島先生がもの凄く怪しい・・・・こういうキャラは大抵、一番手ごわい敵だったり
しますからね・・・。
大食いキャラは強いので要注意ですw

さて、1話目で倒れてしまったメリーは橘家に運ばれたわけですがそこで食べた「ドーナッツ」に心トキメいてしまったようですw
あの「ドーナッツ」のシーンが凄く可愛かったですw

橘家を発った後もドーナッツのことは忘れられないみたい。
さっそく餌付け成功したかもw

本人は夢の世界へ帰る方法は自分で探す・・・と頑なになっているみたいですが
夢路の方はどうにかして助けてあげたい、と思ってるようですね。
「今まで一人でやってきた・・・だからこれからも・・・」
橘家の父が言ってましたが別に「1人でやらなきゃいけない」ことではないですよね。
現実の人間には何の力もない、とか言ってますが案外人間ってバカにできない能力持ってるんですよ!

というか、「今まで1人でやってきたんだからこれからも1人でやっていく」
っていう言葉は矛盾してますよね。

今まで1人でやってきて結局、何の手掛かりも掴めていないんだから
誰かに助けてもらった方が良いに決まってるのに(´3`)

メリーもややツンデレなんですかね?w素直になれないキャラというか・・・

次回は不思議な幼女が登場します・・・wktk

でも、どんな子なのかをはっきり示して欲しいですね。
今回出てきた子の意味が分からないのでw

IS-インフィニット・ストラトス- 第2話「クラス代表決定戦!」 感想

一夏の専用機体「白式(ビャクシキ)」

<第2話ストーリー>
イギリス代表候補生、セシリア・オルコットとクラス代表の座を賭けて対戦することになった一夏。
箒との特訓もろくに成果が上がらないまま迎えてしまった試合当日、ついに一夏の専用IS、「白式」が到着する。
純白のその機体を纏い勝負に挑む一夏、対するセシリアは鮮やかな青き機体、「ブルー・ティアーズ」を駆る!
果たして試合の行方は……。


前回、セシリア・オルコットにクラス代表を決める決闘を申し込まれた一夏。
勢いのあまりそれを承諾してしまいますが、相変わらず授業についていくことすらままならない状態。

そこで、ISのコアを作ることのできる技術者、篠ノ之 束(しののの たばね)を姉に持つ篠ノ之 箒に協力を
仰ぐ形に・・・。
しかし、箒は姉の話が出ると何故か機嫌が悪くなってしまう。

姉妹でどっちかが凄いと確執ってあるもんなんですかね?
というかOPのあのウサミミっ子が箒のお姉さんだったのねw

そんな感じで最初は引き受けてくれなさそうでしたが、箒は一夏にホの字なので結局引き受けてくれることにw
更衣室でブツブツと喋ってる時の箒はめちゃくちゃ可愛かった(*´∀`)

「こ、これで放課後2人っきり・・・」

ツンデレというよりむしろデレデレですよね箒ってw

で、放課後に特訓をすることになるんですが何故か剣道の指導ばかりでISについては教えてくれず
そのまま『クラス代表決定戦』を迎えることになってしまいました。

なんだろう・・・2人っきりになるための口実だったんじゃ・・・w

結局、何も学べずそのままセシリアと戦うわけなのですが
一夏にはいきなり専用機体が渡されました。
名前は「白式(ビャクシキ)」
かなり強そうな機体でしたが、たった二回の操縦でそう簡単にいくはずがありません。

セシリアの専用機体「ブルー・ティアーズ」の前に苦戦を強いられます。

なんか、セシリアの機体名が優雅で良い名前ですね^^*
セシリアにぴったしの機体です。

なんでも「ブルー・ティアーズ」は遠距離攻撃専用の機体らしく一夏は近づくことすら許されません。
一夏の方は近距離戦専用らしく、近づこうとすれば相手の攻撃をモロに受けてしまうため
バリアの残量がどんどん減ってしまいます。

なんでもISの競技ではバリアの残量が0になったら負けなんだそうです。
まぁ、そういうルールがなきゃ持久戦になっちゃいますからね。
それにバリア無しだったら命の危険もあるし。

そんな不利な一夏でしたが、相手の動きを見切ることでやっと一歩前進!
ところが調子に乗り易い一夏は細かいミスをしてしまいます。

翼の装備を壊したからといって武器がそれだけとは限らないのにね^^;

あっけなく裏をかかれた一夏の機体にミサイルが直撃。
これで勝負も終わりか・・・と思ったその時、
一夏の機体にまさかの変化
いや、ありがちな展開なので「まさか」ではないんですがw

今まで一夏は初期設定の状態でセシリアと戦っていたらしく、セシリアもそのことに驚愕します。
要するにBLEACHの「始解」と「卍解」みたいなもんですかね?w

自分の機体とひとつになることで最終形態へと変貌を遂げることができるんだそうです。

いっきにバージョンアップした一夏はそのまま「雪片弐型ブレード」というなんともカッコイイ武器で
セシリアに攻撃・・・

しようとした寸前で一夏のバリア残量が0となってしまい、一夏が惜敗。

一応勝負には勝ったセシリアですが、
一夏の男らしさに惚れてしまったようですw
ここまでテンプレ通りw
お嬢様キャラが最終的にこうなるのは偶然ではなく必然ですからねw

エンディングも一夏と箒とセシリアの3人になりました。
ゆかなさんと日笠さんのデュエットって珍しいですねw

2人とも歌がうまいのでそれは良いんですが・・・ひょっとしてヒロインが増えるごとにエンディングも変わる
仕様なのかな?
それだと1クールが確定してしまうorz

ま、原作のストックも少ないので仕方ないですかねw

次回はツインテールの元気っ子が登場!!!

なんか、一夏と仲が良さそうだけど・・・箒はどんな反応を見せるんでしょうかね?ニヤニヤ


ドラゴンクライシス! 第1話「さらわれた少女」 感想

くぎゅううううううううううううううううううううううううう

<第1話あらすじ>
高校生の竜司の前に、突然帰国した年上のハトコ・英理子が現れる。
英理子は、竜司を強引に闇ブローカーの取引現場へと連れ出して……銃撃戦やカーチェイスに巻き込まれてしまう!
しかも闇ブローカーから、奇跡を起こす貴重なロスト・プレシャスを奪還したつもりが、出てきたのは言葉も通じないナゾの少女!少女は初対面のはずの竜司に夢中で、彼にひっついて大喜び!? しかも彼女の正体は!?
美少女ローズと竜司の物語が始まる!


なんという「くぎゅうアニメ」w

ストーリーは結構分かり易かったかな、今期のアニメの中では。
あらすじを見れば大体1話目が把握できると思います。

闇の組織から奪還したロスト・プレシャス・・・古代遺産みたいなヤツが実は金髪の可愛らしい女の子で、
何故かその子は主人公の竜児のことを知っていた。
そして、竜児は竜児で過去にこの子にあった記憶が微かにある。

アニメではよくある「昔、実は会っていた」という設定でしょうね~
というかよほどのことがなければあんなに「竜司ー!竜司ー!」と抱きついてきたりしないものだと
思いますw

どうでもいいけど、くぎゅうボイスで「竜司ー!竜司ー!」というのを聞くと
「とらドラ!」を思い出してしまうんですが・・・w

きっと私だけではないはずw

何気に新アニメ始まって1週間なんですよね~・・・本当に見る作品が少ないんですが、
まぁ予想してたより面白い作品があって良かったです^^*

これはゾンビですか? 第1話「はい、魔装少女です。」 感想

あ、俺、ゾンビっす(´∀`o)

<第1話ストーリー>
当たり前な仲間達。変わらない風景。
安穏たる日々はいつまでも続くと思っていた。
いや実際いつまでも続くのだろう。
ほとんどの人が気付かずに一生を終えていくが、世界には決して触れてはいけない秘密が溢れている。
だが、その秘密に触れたとき、人は・・・。
あ、申し遅れましたけど、俺、ゾンビっす



ヒロインがゾンビとかはありそうだけど主人公がゾンビって珍しいよね。
ちなみに原作は1巻しか読んでませんw
なんか文章が合わなかったらしく・・・
出てくる子は可愛いんですけどねw
セラは俺の嫁
私を知る人は皆「お前ユー好きだろ」とか思うでしょう。
うん、もちろんユーも大好き!

いや、だって銀髪ロングで無口無表情キャラですよ?好きじゃないヤツの気がしれな(ry

でもアニメより原作の方が可愛いイメージがあります。
そういえば何気に原作通りじゃなかったですね。微妙に改変されているというか・・・

セラは本当に私好みのキャラですよ。黒髪ポニテでモデル体型で釣り目で、よく「気持ち悪い・・・」と言いますがむしろそこが良い!(歩とは仲良くなれそうだ)

話の内容は、ある日突然後ろから刀で刺し殺された主人公がユークリウッド・ヘルサイズ(通称:ユー)により
ゾンビにされてしまったところから始まります。
まぁ、誰が歩を殺したのかは察しのいい人は気付くでしょうね。

都合よく人をゾンビ化できる子がその場に現れるわけありませんし(ぁ

ゾンビ化!・・・なんて言ったら普通は混乱するはずなのに歩は全て受け入れてるみたいw
確かに普通に生活してる分には大して害は無いもんね。
ただ、ゾンビなので日の光に弱かったりします。

そんな歩がある日、墓地(歩の癒しスポット)で涼んでいると妙なコスプレをした少女が現れます。
名前はハルナ(自称:魔装少女)
歩がそのハルナに近づいたことで何故かハルナの魔力が吸い取られてしまったらしく、歩がハルナの代わりに魔装少女とやらの代理をすることになってしまいました。

要するに現れた化け物を退治する役目を負ってしまったわけです・・・コスプレはそのままに・・・w

Say move!行くとサムネが縞パンになっていて「うぉおおおお!!!」と思うでしょうが、あれは・・・(アッー
男のパンチラとか誰得w

そんな感じで魔界の化け物と闘っていくことになるわけですが2話目でいきなり強敵が現れます。

そう、私の嫁・・・特技、趣味、得意技が「秘剣。燕返し」という少女が・・・

べるぜバブ 第1話「魔王拾いました」 感想

これはヒドイOPwww(良い意味で)
内容はサブタイの通り、不良高校生の男鹿辰巳(おが たつみ)が河川敷でケンカをしていたところ
川から大きなおじさんがどんぶらこ、どんぶらこと流れてきて
そのおじさんを真っ二つに割ったら中から可愛らしい赤ん坊が・・・
ちょっと待てぃ!
と思わずツッコミを入れてしまうようなストーリーですw

オジサンの中から出てきたのはベルゼバブという見た目は可愛らしい赤ん坊。
しかし、魔族の王・・・つまりは魔王の赤ん坊だったわけです。

ベルゼバブは男鹿の「男らしさ」に惚れてしまい、かなり懐いてしまいました^^;
なので男鹿から無理やり引き剥がしたり、痛いことをしたりすると大泣きして
暴走してしまいます。

さすがにこんなのに懐かれてたら身が持たない・・・ということで色々、策を練るのですが
全て裏目に出てしまい失敗。

そんな時に現れたのが金髪で巨乳な美女、ヒルデガルダ(通称:ヒルダ)。
なんでも彼女は大魔王に仕える侍女らしく、ベルゼバブをお迎えにやってきたんだそうです。

しかし、ベルゼバブは男鹿を気に入ってしまっているためヒルダでも引き剥がすことができませんでした。

結果、男鹿はベルゼバブの父親となることを決意し幸せに暮らすのであった・・・ぇ?

なんかギャグセンスがうつってしまった気がw

大抵、主人公が不良なアニメって面白いんですよねw
べるぜバブも1話見てかなり面白く感じました。
これからキャラクターも増えて賑やかになるみたいなので楽しみですw

個人的に男鹿の友人の古市は良いキャラしてると思うんだ(´∀`)b

アニメが被ってしまうため視聴断念するアニメ

「魔法少女まどか★マギカ」
いや、「GOSICK-ゴシック-」と「とある魔術の禁書目録Ⅱ」と被ってしまうため当初から
面白さの度合いで決めようかなぁと考えていたわけです。
禁書は言うまでもなく視聴するとして、「GOSICK-ゴシック-」と「魔法少女まどか★マギカ」の2つ。

録画したのは「GOSICK-ゴシック-」の方です。それで動画サイトで「魔法少女まどか★マギカ」を見てみたんですが私の肌に合わないことが判明^^;

うめてんてーだし、シャフトだしで・・・本当は見たい気持ちもあるんですがキッパリ視聴やめるか視聴続行するか決めないと結局「途中から見てないや・・・」という事態になってしまうため
視聴を断念することにしました!

ストーリーが魔法少女リリカルなのはと被ってる上に絵は良いんですが世界観と合ってない・・・
作画がかなり不安定(←あまり関係ないですが)、映像は本当に「さすがシャフト!」と言える素晴らしいモノなんですが・・・どうも肌に合わなかったので今回は見送ります。

2、3話くらいで周りの反応を見つつ視聴するかもしれませんがw

GOSICK-ゴシック- 第1話「黒い死神は金色の妖精を見つける」 感想

黒い死神って、それなんてダーk(ry

<あらすじ>
第一次世界大戦後のヨーロッパ。久城一弥はソヴュール王国の貴族の子弟のために作られた寄宿学校である聖マルグリッド学園に留学生として在籍していた。また一方、学園の図書館塔の上にある緑に覆われたその部屋では妖精のような少女・ヴィクトリカが自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を待っていた。二人の出会いが、全ての始まり。


一応、冬アニメにしては珍しい2クールアニメなわけなんですが・・・
なんだろう、冬アニメって説明不足なのが多い気がする。

内容は推理サスペンス・・・みたいなのかな?
ヴィクトリカっていう可愛い女の子と黒い死神と呼ばれる九城一弥が出逢って、外の世界に出て事件を次々と解決していく・・・みたいな感じ?

というか第1話の事件は私でもすぐに分かるレベルだったw

ヴィクトリカは話を聞いただけで分かっちゃうのが凄いけどね^^*
とにかくヴィクトリカは外の世界を知らない、箱入り娘みたいな感じです。
ずっと部屋の中にいるので退屈で退屈で仕方が無いようで、九城くんと出逢ったお陰で外の世界に
出ることが出来た・・・と。

外の世界に一喜一憂するヴィクトリカが可愛かったです(*´ω`)

金髪幼女こそ嗜好の存在!(殴
ゴスロリで金髪ロリ、釣り目で若干クーデレ気味・・・素晴らしいじゃないk(ry

こういう子が頬を染めて喜んだり、ふてくされたりする姿は最も可愛いと・・・そうは思わないかい?(誰に言ってるw)

私としては九城くんがどうして黒い死神なんて呼ばれてるのかがイマイチ理解できないんだけど・・・
『猫背』という点ではどこかの契約者と似てなくもな(ry

話は2クールあるのでこれから盛り上がっていきそうですかね?
ちょっとヴィクトリカちゃんを気に入ったので視聴は続けますw
ニヤニヤできるシーンを期待!(ぇ

夢喰いメリー 第1話「夢現(ゆめうつつ)」 感想

幻界-ユメ-の少女と現実-ウツツ-の少年

<あらすじ>
他人の夢が視える不思議な能力を持った高校生・藤原夢路は、ある日、「幻界(ユメ)」のから「現界(うつつ)」に迷い込んだ少女・メリーと出会う。

メリーは一体何者なのか? 幻界とは、夢魔とは? そして、人間界にやって来る夢魔達の目的とは?

夢と現実の境界を舞台に、2人と夢魔達の戦いが始まる!



他人の夢の善し悪しが分かる能力って微妙じゃないですかね?w
分かったからって何か得するわけでもないし。
まぁ、きっと必要な能力なんでしょう。
そうじゃなきゃ本当に無意味な能力になってしまいますからねw

さてさて、なかなかカッコイイOPから始まりましたね。
雰囲気的には結構シリアス展開の方が多いのかな?
あまりラブコメっぽさは感じなかったけど・・・

主人公の夢路は毎晩、悪夢にうなされるわけなのですが何故か猫の集団に襲われるという夢w
相手が猫のせいか全然、緊迫感がないような^^;

そんな夢路の目の前に現れたのは夢魔であるメリー。

たまたまメリーの帽子を拾った夢路はいきなり現実世界から幻界(ユメ)へと引きずり込まれてしまいます。
でも、夢なのに傷負ってたし痛がってたのはどういうことなんですかね?
夢の世界がそのまま現実に来た――みたいな?
1話目なのに説明が全くなかったのでそこらへんがよく分からなかったです。

で、追跡者-チェイサー-という仮面の男になぜか命を狙われてしまった夢路。
体が欲しいとか言ってたのは現実世界で何か悪いことをするためだったのかな?

結局、メリーが登場して戦ってくれたお陰で夢路は助かったわけなんですが
メリーはどうやら幻界(ユメ)に帰りたいらしいです。
まぁ、夢魔なんだから当たり前ですよね。本来あっちにいるべき存在だし。

記憶も少なく、帰る場所もない・・・そんな彼女を夢路くんはどうするんでしょうかねぇ(´ω` )

なんだろう、説明があまりにも不足しているせいかテンポが悪く感じる。
2話目以降にちゃんと説明回が設けられていれば面白いと思うんですが、なんだか不安w

メリーも思っていたよりは可愛い感じはしなかったかな。
もっとツンデレっぽい子だと思ってたんだけどw
今後そういうシーンがあるんですかね!(ぇ

要するに今後に期待!という感じのアニメですかね。

IS-インフィニット・ストラトス- 第1話「クラスメイトは全員女」 感想

なんというギャルゲーライフ!(ぉ

<第1話ストーリー>
女性にしか扱えない飛行パワードスーツ「IS」。
その操縦者を育成するための学校、「IS学園」は、世界各国より集められた代表候補生の少女達が通う女子校である。
ところが、男でありながら何故かISの起動が出来てしまった主人公・織斑一夏は、IS学園に強制入学させられてしまう。
幼なじみの箒をはじめ、可愛らしくも逞しい女の子達に囲まれたスクール・ライフが幕を開ける!


要するに女性しか起動できないはずの「IS<インフィニット・ストラトス>」というユニットを主人公の一夏だけが
唯一男性として起動してしまった、と・・・。

そこで、ISの操縦を専門とした学校に無理やり入学させられハーレムライフを送ることになる・・・
なるほど・・・
それなんてエロg(ry

それはそうと、気になったのはキャラデザなんですが
Purplesoftの「明日の君と逢うために」の人だったんですね
ずっとどこかで見た絵だなぁと思ってたんですが、まさかエロゲ原画の方がアニメのキャラデザをやるとは驚きです。
いや、驚くことでもないのかな?w

とりあえず、作画うんぬんはかなり良いですね^^*

ロボ系は苦手なんですが、こういうユニット系なら大丈夫かもしれない。
そうそう人が死ぬような感じでもないし。

そういえば、主人公の声も聞き覚えがあると思ったら「屍鬼」の結城夏野くんの声だったんですね~
顔がイケメンで声がカッコイイからかなり主人公気に入りましたw

幼馴染がいるんですが、
黒髪ポニテ・・・うん、合格(ぇ
しかも、微ツンデレだし・・・色々とモジモジしながら喋るところが可愛いw
名前は篠ノ之箒(しののの ほうき)・・・変な名(ry

この子と部屋が同室となってしまうというまさにギャルゲやエロゲにありがちな展開w
お互い幼馴染だからまだ良いものの、知らない女性と2人きりだったらどれだけ気まずいことか^^;

話の展開としては、クラスメイトのお嬢様デレ(←間違いなくそう)のセシリア・オルコットが
クラス代表選手と決めるために一夏と勝負を申し込んできて、次の月曜日に対決!
みたいな感じですが、一話目としては良い出だしかもしれませんね。

早くも来週が気になります。まぁ、どんな展開になるかは大体予想つきますがw

そうそう、もう1人の幼馴染が気になる・・・
ツインテ、ロリ、元気っ子・・・あれ?リンクさせていただいている中にかなりこういうキャラが
好きそうな人がいた気が・・・(ry

Rio-RainbowGate!- 第1話「ゴッデス オブ ヴィクトリー」 感想

勝利の女神、その名はRio

<第1話ストーリー>
大富豪である祖父に連れられ、ハワードリゾートを訪れたミント・クラーク。
遊園地やビーチにはもう飽き飽き……という彼女の目に飛び込んできたのは“幸運の女神”として知られる美少女ディーラー、リオだった。彼女の笑顔にすっかり夢中になるミントだが、そんな2人の前にオーリン・ダンヒルという名の男が現れる。ミントが大切にしているぬいぐるみを奪おうとするオーリン。リオはミントのために、ポーカー勝負でひと肌脱ぐことになるのだが!?



カジノアニメというのは珍しいですね。
私はRioのちょっとしたファンだったりするんですが、作画はなかなか凄かったですね~
Rioはあのムチムチした感がね(*´Д`)モウ

いきなり1話目で全裸宣言が発動するとは思いませんでしたが・・・最終的にパンモロだけで終わりましたw
まぁ、そこまで期待してませんが。

カジノ・・・ということなんですが生憎と賭け事が嫌いな私はやったことないんですよね。
ルーレットはやったことあるけどカードゲームは全く分かりませんw
なので今回の話は全然分かりませんでした^^;

Rioファンとカジノ好きな人は面白いかもしれませんね。
私は微妙でしたが・・・というかメインのポーカー勝負が早すぎるw
そして、敵があからさまに噛ませ犬過ぎるwww

そんな感じで個人的には・・・まぁ、とはいえ期待している作品が特に無かったので
普通に見る分には問題がないでしょうw

視聴は続行してみますが、感想はこれっきりです。
というか深夜アニメが「君に届け2」だけなのね今夜orz


皆さん明けましておめでとうございます!!+【2011年冬アニメ視聴予定】

皆さん明けましておめでとうございます!
なんとか2010年も乗り切りましたね~
今年は多分かなり私にとって厳しい年となるでしょうが、それでもめげずに頑張っていきたいと思います!
とはいえ、ブログの更新頻度は下がるかもw

というか感想を書こうと思うアニメがあるかどうか・・・

見てみなければ分からないんですがね・・・ひょっとしたら「無し」という前代未聞の大事件が発生するかもしれませんw
それほど冬アニメは数が少ない。まぁ、秋までのチャージ期間を考えれば大丈夫でしょう。

さて、それでは一応、視聴予定としている作品を紹介させていただきたいと思います。
というか今夜からさっそく始まるしw

1:魔法少女まどか★マギカ
2:IS<インフィニット・ストラトス>
3:夢喰いメリー (1クール)
4:GOSICK (全24話)
5:Rio-Rainbow gate!- (1クール)
6:お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!
7:ドラゴンクライシス (1クール)
8:これはゾンビですか? (1クール)
9:みつどもえ 増量中! (全8話)
10:放浪息子
11:べるぜバブ
12:這いよる!ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ(クラフト先生)

ついでに、2011年春アニメの視聴予定も・・・

1:もしドラ
2:青の祓魔師
3:俺たちに翼はない
4:日常
5:SKET DANCE
6:電波女と青春男
7:Aチャンネル
8:緋弾のアリア
9:まりあ†ほりっく あらいぶ
10:ロッテのおもちゃ!
11:STAINS;GATE
12:花咲くいろは
13:変ゼミ
14:そふてにっ
15:Fate/Zero



全部、ニコニコのいつもの動画で立てた予定なんですが・・・
石原都知事に対抗するアニメが多い気がするwww

素晴らしきロリ率!
私にとっては歓喜なんですが・・・まずいな・・・ここまで調子こいたことすると
後でしっぺ返しがきそうで^^;

今年の4月から例のアレが始まるというのに凄い抗いっぷりだwアニメスタッフw

無論、激しく応援する!(ぇ

あ、冬アニメは一応10作品超えてますが確実に6、7本に減ります。
ほとんど知らない作品ばかりだしね・・・予想がつかないというか・・・
一応感想は・・・見てから決めたいんですが
「夢喰いメリー」、「魔法少女まどか★マギカ」、「これはゾンビですか?」、「べるぜバブ」あたりを予定。

「これはゾンビですか?」は正直ユーとセラさえいれば私は満足です(ぇ

「べるぜバブ」みたいな感じのは凄く好きwww主人公が不良っていう設定めちゃくちゃ好きwww
期待してるけど日曜日の朝7時って・・・^^;

Twitter
ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
                                                 
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。