プロフィール

SHUMA@ロリコン紳士

Author:SHUMA@ロリコン紳士
きんいろモザイク2期デース!

趣味:アニメ鑑賞、アニソン鑑賞、ゲーム
【神アニメ】
・灼眼のシャナ
・sola
・Darker Than Black-黒の契約者-
・ひぐらしのなく頃に
・ef-a tale of memories&melodies
・瀬戸の花嫁
・エルフェンリート
・STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・異国迷路のクロワーゼ
・夏目友人帳(無印→参)
・うさぎドロップ
・Another-アナザー-
・Fate/Zero
・TARI TARI
・凪のあすから
・SHIROBAKO ⇐NEW!

大好きな声優:早見沙織、東山奈央

<2015年【新作 春】視聴予定アニメ>

【日曜日】
・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
・血界戦線
・アルスラーン戦記

【月曜日】
・終わりのセラフ 第1クール
・グリザイアの迷宮&楽園
・山田くんと7人の魔女

【火曜日】
・ニセコイ:
・黒子のバスケ第3期(後半)

【水曜日】
・魔法少女リリカルなのはVivid
・響け!ユーフォニアム

【木曜日】
・ハロー!!きんいろモザイク

【金曜日】
・トリアージX

【土曜日】
・やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続
・レーカン!
・境界のRINNE
・電波教師
・ガンスリンガーストラトス
・Fate/stay night UBW 2ndシーズン
・プラスティック・メモリーズ
・ミカグラ学園組曲

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOG DAYS 第9話「」 感想

レオ姫は星を変えられるのか!?
互いの宝剣を賭けた戦ですが、両者一歩も退かない大激戦となってきましたね!

ブリオッシュ様素敵///でも強すぎでしょw
ユッキーは今回はあまり闘ってなかったけど、この2人いれば百人力だと思うw

とはいえ、レオ姫側も十分強いです。ガウルや三バカ、バルバトs(ry
三バカはやっぱり戦闘能力高いんですねw
かなり連携も上手いし、ノワールちゃん可愛い(マテ

そんな感じで激しい戦況の中、シンクとエクレ、そして姫様は無事に敵の砦にたどり着くことができました。
相変わらずエクレとシンクのコンビネーション抜群だね!
というかシンクが棒で敵のミサイルを殴り飛ばしたのはビックリしたけどw

あんな芸当久々に見たw

で、辿りついたと同時にレオ姫が屋上にいることを知って突撃!となるはずでしたが
姫様のご意向で、姫様が単独でレオ姫様のところへ向かうこととなりました。

エクレとシンクも行きたかったみたいだけど姫様の命令じゃ仕方無いよねw
とはいえ、「来るな」とは言われてないということで壁をよじ登って姫様の様子を見に行くわけなんですがw

一方、レオ姫とミルヒは久々の一対一。
なかなか、こういう風に顔を合わせて・・・というのはなかったんだと思う。
ミルヒはどうやらレオ姫が何を考えて今回の戦を行ったのか、その理由が知りたいだけみたいです。

理由を話してくれれば闘う必要もなくなるかもしれないしね。

でも、レオ姫にとってミルヒが単独で来たのは予想外で大誤算><

そしてそして、事態は更に危険な方向へと・・・

最後に出てきたあの怪物はなんなの・・・(;´Д`)
まさか、これを皆で倒すことになるのか?

というかもう10話目ですかw
スポンサーサイト

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第8話「夢幻のホメオスタシス」 感想

魔眼リーディング・シュタイナー

<第8話ストーリー>
ジョン・タイターから「救世主になってほしい」とのメールを受け取った岡部は、ダルと紅莉栖に、過去を司る女神作戦(オペレーション・ウルド)の再開を告げる。そして、岡部は自分だけに世界線変動前の記憶を保持する特殊な能力「リーディング・シュタイナー」があることを示唆する。...


相変わらず中二すぎるオカリン・・・でも、そこに痺れる憧れr(ry

さて、前回は衝撃的な展開が発生しましたね。
オカリンはDメールで過去を書き換える実験で
自分に『世界線が移動する前の記憶を維持出来る』という
能力が備わっていることを知りました。

ジョン・タイター曰く「あなたは救世主になれるかもしれない」とのこと。

しかし、1回の実験ではまだ信じられないオカリンは自らの能力をはっきりさせるために
再び「Dメールで過去を書き換える実験」を行うことにしました。

紅莉栖やダルも最初は信じられなかったみたいだけど最終的に信じてくれましたね。
まぁ、実験自体のことは知ってるから当然かもしれませんが・・・。
でもオカリンに『世界線が移動する前の記憶を維持出来る』能力があるということは
普通なら信じがたいですがね。

まぁ、なんだかんだで皆良い仲間ということかw

で、再び実験を行うわけなのですが、ダルがDメールの文面を考えて送ったところ
大して過去が変わらなかったため失敗。

そこで、萌耶がDメールの文面を考え三度目の実験をすることに。

内容は「携帯電話の機種変更はしないほうがいい」というもの。

確かにこれなら世界線が変わったら萌耶のケータイの機種が今と違うものになるから
オカリンの能力についても証明できますよね。

そして実験開始。
またあの奇妙な感覚がオカリンを襲い、世界線が移動しました。

慌てて萌耶のことをラボメンに聞くオカリンでしたが、まゆしぃもダルも紅莉栖も・・・
誰のことなのか全く知らない様子
オカリンは最悪の想像をします。
ちなみに私もオカリンと同じ想像をしました(((((;´Д`))))ガクガクブルブル

それは、過去が書き換えられたことで、
萌耶という存在そのものが消えた・・・!?
という怖すぎる結果。

ところが、その想像はハズれていたみたいです。
メールの履歴に萌耶の名前がある上、メールを送ったらちゃんと返ってきました。
つまり、移動した世界線は
萌耶がラボメンにならない世界線
あの日、萌耶に会わずにIBN5100のことも知られなかった世界線に移動した、というものでした。

それはそれで怖いけど、結果的にオカリンの能力についても証明できたわけですね。

魔眼リーディング・シュタイナー・・・恐るべし(紅莉栖の言う通りなんか痛いw)

でも、オカリンみたいな能力ってめちゃくちゃ怖くない?
だって、いたはずの人がいない世界線に来たら自分以外がその人のことを知らなくて
自分だけが知っている・・・なんて・・・(ガクブル

萌耶の実験よりも私はルカの実験が一番怖かったですがね^^;

ルカのDメールの内容は「自分を女の子に産んで欲しい」というものだったんですが・・・
自分の誕生を書き換えたりなんかしたら・・・
もしかしたら、『流産で生まれない』とか『事故で生まれなかった』とかになるかもしれないわけで・・・
それに、万が一女の子として生まれたルカは
本当にオカリンたちの知っているルカなのかどうかも分からないし・・・。

でも、実験を行ったところそういう世界線にはならなかったみたいですね;^^)=3

まぁ、野菜をたくさん食べてくださいとしか伝えてないんだし・・・
そんな大きく変動するわけないよね(*´∀`)アハハハ

しかし、私は気付いてしまった・・・世界線を変える前と変えた後とのたった一つの違和感に・・・。

世界線を変える前、まゆしぃはルカのことを
「ルカくん」
と呼んでいたのに対し、
世界線を変えた後、まゆしぃはルカのことを
「ルカちゃん」
と呼んでいたのです。

( ゚д゚)・・・・。

まさか・・・・(;゚д゚)

DOG DAYS 第8話「開戦の日」 感想

ついに最大の戦、開戦!
今度の戦は互いの宝剣を賭けた戦いですからね。
戦士たちも皆、気合十分といった感じです。

さて、レオ姫が宝剣を賭けた理由は姫様と勇者が死ぬという『星詠み』の未来をどうにかするため、
でしたね。
なんでも、姫と勇者が狙われているのではなく宝剣の方が狙われていて
それを持っている姫様と勇者が殺されるみたい。
一体誰がそんなことをするのか謎ですが・・・。

そんな深い意味を込めた戦がついに開戦しました!

両者ともにもの凄い気迫で戦っていますw

というかレオ姫側の敵が完全に世紀末www

ヒャッハー!勇者だぁーー!!
みたいな感じで襲いかかったりw

でも、勇者は前よりも強くなったし。
何よりエクレとの仲が深まっているので連携が素晴らしいです。

ケンカするほど仲が良いとはこのことですね♪
というかお前ら結婚しr(ry

ユッキーはエクレが勇者に裸を見せた、だの胸を揉まれた、だの色々と情報を持っているようですw
リコって意外と口軽いんだねwまぁ、映像が録画されてるから仕方ないけどwww

というかブリオッシュ様はやっぱり表だって戦闘に加わったりしないんだね。
まぁ、あの人が本気だしたら勇者いらn(ryゲフンゲフン

ユッキーも十分すぎるくらい強いしw
弓矢も仕える上に手裏剣、近距離戦闘も強いし・・・
さすがは俺の嫁(ェ

そして素晴らしいおっぱ(ry

なんだかんだで盛り上がってきましたが・・・

あの星詠みに映し出されたヤツがトマトジュースとかいうオチはないよね?w

平和アニメだからオチが不安w

だって姫や勇者殺しそうなキャラいないもん。
いるとすればバルバトs(マテ

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第6話「蝶翼のダイバージェンス」、第7話「断層のダイバージェンス」 感想

過去に送れるメール→Dメールと命名
そして、それを使い過去を書き換える
結果、恐ろしい事実が発覚

<第6話ストーリー>
SERNへのハッキングに成功した岡部は、未来ガジェット研究所にラボメンを集め、円卓会議を開催する。そこで、自分たちが偶然発見した“過去へ送れるメール”を「Dメール」と命名する。...


<第7話ストーリー>
岡部はセカンドエディションバージョン1.03に改造した「電話レンジ(仮)」を使い、Dメールで過去を改変する実験を思いつく。紅莉栖はタイムパラドックスを危惧するが、討議の結果、ロト6の3等当選番号を記したメールを、1週間前の岡部自身に送ることに。...



今更だけどこのアニメって二部構成なんだねw

前回は『過去に送れるメール』を「Dメール」と命名し、
更に新しいラボメンとして桐生萌耶(きりゅう もえか)が未来ガジェットチームに加わることとなりました。

そして、今回はその『過去に送れるメール』(Dメール)を使いとある実験を行うこととなりました。

それは・・・
宝くじを当てる実験
オカリン・・・小せぇよw

何の宝くじにするか悩んだ結果、ロト6に決まりました。
でも、1等の2億円という莫大な金額にビビるオカリンw
2等の2300万でもビビるって・・・wどんだけビビりなんだw

結局、3等の70万円にしたみたいですが^^;

まぁ、金額はそこまで重要じゃないですよね。
問題は過去を書き換えられるか
というところにあるし。

で、実験を行ったところオカリンは
牧瀬紅莉栖が死んでいるところを発見した時と同じ感覚に襲われます。
あの数字みたいなのが浮かぶような眩暈に似た感覚・・・。

そして、気づいた時には電話レンジ(仮)の前で呆然と立ち尽くしていました。

我に返ったオカリンはラボメンたちに「宝くじは!?」「過去を書き換える実験は!?」と訊きますが
皆、何のことを言っているのか全然分からない様子。
それに、「過去を書き換える実験」を『今からその実験をするために何を使うか』ということを考えてる
最中だと言います。

確かにオカリンの記憶の中では「過去を書き換える実験」を行ったはずなのに他の皆にはその記憶がない。

それは、過去を書き換えたことによってあのジョン・タイターが言っていた
世界線の移動、というものが起こったから
過去を書き換えることによって世界線が移動し、「オカリンが(宝くじを当てる目的で)過去を書き換える実験を行った」という記憶が削除され、新しい世界線でその記憶が再構築された。

つまり、ダルやまゆしぃ、萌耶、そして紅莉栖・・・オカリン以外の人間の記憶が無くなったのではなく、「オカリンが(宝くじを当てる目的で)過去を書き換える実験を行った」という事実だけが無くなった世界線に移動した、ということ。

複雑すぎるw(;-ω-)

文章力がないので意味不明なこと書いてるかもしれませんが多分こんな感じw

でも、一つ不可思議なのが
オカリンだけが世界線を移動する前の記憶を持っているというところですね。

ジョン・タイターにメールで色々訊いてたけど彼も驚いてたみたいだし。

世界線を移動する前の記憶を持っている、そのことは未来を書き換えることも可能なのでは?とのこと。
救世主になってくれ、というジョン・タイターの言葉も気になりますね。
変えて欲しい未来があるってことですかね?

紅莉栖が死んだ世界線とも関係ありそう・・・

まだ6、7話なのに・・・なんだこの異常な盛り上がりはw
2クールなのはある意味丁度いいのかもしれん。

それにしても、世界線が移動すると移動する前の記憶が消されて新しい記憶に書き換えられるとか・・・
怖くね?(;´Д`)

だって、世界の誰かがオカリンと同じ事をしてたら知らないうちに世界中の人が世界線を移動して記憶を何べんも書き換えられてることになるし・・・。

いや、アニメの話だけどもw

現実でタイムマシンの研究してる人がいたとしたら・・・と考えるとね・・・フ、フフ、フゥハッハッハッハ(ry

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」 感想

めんまは・・・どうしてここにいるんだろう

「ゆきあつ」が見たという「めんま」は「ゆきあつ」自身が女装した姿だった。その事実に戸惑いを隠せない「じんたん」たち。「じんたん」は倒れたまま動かない「ゆきあつ」に声を掛けるが…。



検索ワードで「ゆきあつ」がランキング3位に入ったらしいですねw
いや・・・前回の時には私も「ゆきあつ=変態」とか思ってたんですが、今回の話で
考えを改めました。

まぁ、女装男とか言われるのは仕方ないけどw

要するにゆきあつは自分のせいで、めんまが死んで
本当にめんまが現れるなら絶対に自分のところだ!と思い込んで・・・というか思いつめていたんですね。
だから女装してでも自分が見ためんまが本物だと証明したかった、と。

ゆきあつの気持ちも分からないでもないから、一概に変態とか言うのは違うんだろうね^^;

ゆきあつが思いつめていたことから考えると、めんまがじんたんのところに現れたのは
じんたんが何かめんまが成仏できない理由を作っていて、それは皆じゃないと叶えられないようなもの。
そう考えるのが妥当なんですかね。

じんたんは怖くてそれを考えないようにしていたみたいだけど、今回はめんまもじんたんも
「何故、めんまがここにいるのか」
という事実に向き合い始めた、そんな感じがします。

あなるは相変わらずじんたんラブだけど変な男に無理やりラブホに連れ込まれそうになったり
して大変。
あんな汚い関係の友達はいらないよ・・・
「あたしたちって友達だよね」的な態度で接してくるヤツは絶対に友達なんかじゃないです。

ゆきあつは良い事言いましたね。遠まわしに言ってたけど、後悔する前に
じんたんと付き合っちゃえ、と背中を押してる感じがしました。

まぁ、あなるはあなるでじんたんのために純潔を保ってるようだしw

そういうところが凄く好感持てるなぁ~^^*
一途というかなんというか・・・

で、つるこですが。
つるこってひょっとして、ゆきあつが好きなんですかね?
あの髪どめを付けてみたりしているあたり案外そうなのかも。

なんか、色々と想いが交錯してる感じがw

そんな複雑な関係の中で唯一、純粋で真っ直ぐなぽっぽ。
でも、ぽっぽも色々と焦ってるんですね。

「めんまが成仏できないのは、よくないこと」
そんな風に思えるぽっぽは本当に良いヤツなんだと思います。

でも、今のめんまには辛い言葉・・・。

だって、死んだ自分がどうしてここにいるのか、何をしたら消えてしまうのか、
どうしてじんたんにしか見えないのか・・・

本当に不安定な存在ですからね。
ぽっぽの気持ちだって痛いほど分かる、でもめんまの気持ちだってもの凄く分かる。

そう考えると皆が皆、幸せになれる方法って何なんですかね?

深いアニメです。

早見さんのラジオで得た情報だと後半で声優陣が号泣したみたいですからね~
しかも、後味の悪い感動じゃなくてほっこりするような感動らしいので
かなり期待!

とりあえず今夜!まぁ、シュタゲとかぶるので今夜は見れませんけどw

DOG DAYS 第7話「宣戦布告」 感想

互いの国の宝剣をかけた戦
前回の終わりに、勇者シンクと姫エルヒが殺されている未来が映されてましたが
レオ姫はきっと姫を助けるために今回のようなムチャクチャで誰も得をしないような戦を申し込んだ
んでしょうね。

好戦的なガウルでさえ、今回の宣戦布告には納得いかないみたいです。
まぁ、ガウルのときの宣戦布告も色々とムチャクチャだったような気もするけどw

てっきり、姫様はもっと悩むかと思いましたが意外とあっさり宣戦布告を受け入れましたね。

宝剣を賭ける、といっても一生所持できるわけではなく60日間好きに扱えるようになる
だけらしいですね。
でも一ヶ月は強力な宝剣を所持できるということは、その間に国を襲って侵略することも
可能になる、ということに・・・。

これじゃ、ケガも死人も出ない平和な『戦』という興行が成り立たなくなってしまいます。

とはいえ、レオ姫たちに勝てばビスコッティは侵略行為なんてするわけないから
大丈夫なんだろうけど・・・。

でもレオ姫はレオ姫で宝剣パラディオンとエクスマキナがどうしても必要な理由が
あるような気がします。

そして、その理由というのが前回の『星詠み』に隠されている・・・。

一体、誰がシンクとエルヒを殺したりするんですかね?
なんとなく予想はできますがw

やっぱり後半になるとシリアス展開は入ってくるんだねw

で、今回はサービスシーンがちょっとだけでしたがあったので満足w
ユッキーまじパネェ・・・
何がってそりゃオッパ(ry

あの可愛い顔にあの巨乳、そして明るくて友好的な性格はかなり良いですb

普段の服も体の線が見えて(*´Д`)ハアハアしますね!(マテ

エクレは今回は勇者との絡みがなかったからなぁ~
でも入浴シーンは凝視したけd(ry

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第4話「白の、リボンのワンピース」 感想

もう一人のめんまの正体

<第4話ストーリー>
「ゆきあつ」から「めんま」を見かけたと告げられた「じんたん」たち。
隣に「めんま」がいるのにと訝しむ「じんたん」だったが、真相を確かめるために、皆と一緒に「めんま」を捜しに向かう。



『ゆきあつが見たと言っていためんまは、ゆきあつが変装しためんまだった。』

4話目の感想が結局書けなかったので1行でまとめてみた(ぇ

5話目は月曜日ごろ書く予定なり

序盤を先ほど見たけど、とりあえず言っておこう・・・

ゆきあつ「変態」とか言って本当にごめんorz(猛反省)

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第5話「電荷衝突のランデヴー」 感想

ゼリーマンズレポート、そこには・・・

<第5話ストーリー>
SERNのハッキングに必要なIBN5100をラボまで運んできた岡部と紅莉栖は、ブラウン管工房の片付けをする鈴羽と出会う。紅莉栖とは初対面のはずの鈴羽であったが、なぜか紅莉栖に対して激しい敵対心を見せる。その理由を訪ねる岡部に、彼女は「牧瀬紅莉栖には気をつけて」と忠告するのであった。...



前回、ようやくIBN5100を手に入れたオカリンとクリス。
それをラボへと運ぶわけなのですが、そこでバイト戦士鈴羽と出くわします。
まぁ、そもそも同じ建物に住んでるんだから当たり前だけどw

何故か鈴羽は紅莉栖の姿を見た途端、態度が急変。
まるで仇か何かを敵視するような・・・そんな怒りの表情でした。

もはやネタバレも何も、視聴者は大体気づいていると思いますが
明らかに鈴羽って未来人ですよね?

色々と知りすぎてることもそうだけど、ヘリを見ただけで爆撃と勘違いしたり、『花火』を見たことがなかったり・・・
キーキャラの一人でしょうね。

さて、IBN5100を手に入れたことでようやくコード解析に移れると思いきや
やっぱり何の改造もしてないIBN5100では解析ができないみたいで
コンピュータ部品を買いにいくことになります。

そこで鈴羽と会って紅莉栖をどうして睨んだのか聞くわけなのですが・・・
『牧瀬紅莉栖・・・彼女には気をつけて』
という言葉が気になりますね。
鈴羽が本当に未来人だと考えると紅莉栖の存在が後になって
危険な事象を及ぼす・・・ということでしょうか?

まだ5話目なのでそれについても明かされる日が来るんでしょうね。
怖いような楽しみなような・・・だって紅莉栖好きだs(ry

部品を組み立てているダルをよそに紅莉栖とオカリンはイチャイチャします。

いや、傍から見ればカップル同士にしか見えないよw
白衣も2人とも似合ってるし。
オカリンの場合は白衣しか見たことないけどねw

ゲームの最中にオカリンがくだらないことでキレたときの紅莉栖の可愛さは異常でした(*≧ω≦)

でも、男性に怒られると泣く・・・というのも何かの伏線だったりするのかな?
なんか、このアニメは全てが伏線っぽくて油断できない^^;

ちなみにオカリンと紅莉栖のやり取りを見ながら
「お前ら結婚しろ」
と思ったのは秘密w

さて、部品の組み立ても終わったところでコードの解析が終わったダル。

さすがはダルですねb

そして、ついにSERNの謎が明かされます。

どうやらSERNは4、50年前からタイムトラベルについての実験を行っているみたいですね。
第一段階、第二段階・・・と実験を重ねていき、そして2005年頃に行われたのが
人体実験

タイムマシンの原理はリフターというアルミに高電圧を浴びせた代物を使って行われたらしいです。
簡単に言えば『時空転移装置』をそのリフターを使って作り出したわけですね。

そして、第四段階でついに人体実験と行った、と。

その実験結果というのがゼリーマンズレポート
に記録されているようで、オカリンたちはついにその禁断の情報を閲覧することに・・・。
まさにSERNの、いや、国家機密レベルのトップシークレットを覗くとあって
かなり緊張感が高まりますが・・・

紅莉栖が帰ったら英語読めないじゃんオカリンw

それはおいておいてw
そのゼリーマンズレポートには驚愕の真実が書かれていました。

「2005年頃に被験者となった人間が1921年頃に飛ばされ、ゼリー状となった姿で発見された」

これはつまり、SERNは既にタイムトラベルの実験を成功させていたということです。
2005年から1921年に飛ばせたということから、確かに実験は成功・・・しかし、
Human is Dead,mismatch―――
被験者が14人全てゼリー状となった姿で死亡・・・

これはオカリンが『電話レンジ(仮)』で実験して出した結果と同じことが起きたということの証明と
なりますね。
バナナがタイムトラベルで房に戻り、ゲル状となった現象がSERNのゼリーマンズレポートの内容と酷似していたわけです。

でも、人が死んでしまうのならその実験は成功とは言えませんよね。

タイムトラベルという事象だけで考えれば過去に送れたわけなので成功と言えるかもしれませんが
人が死なないタイムトラベルを実現させないとね、科学者としては。

で、問題は何故ゼリー状(ゲル化)になってしまうのか、ということですが
紅莉栖が分かり易く説明してくれました。

時空転移装置によって生み出されたカーブラックホールの特異点通過に体が耐えられなかった・・・とか難しいことがレポートに書いてありましたが
要するに『タイムトラベル』をする際に通過する『穴』がとてつもなく小さいため人間の質量では入ることができない。
そこで、人間の質量を限りなくゼロ、つまりスカスカ状態にすることで無理やり押し込めるということ。

そんなことをすれば、出てきた後は間違いなくゼリー状みたいな形で出てくるハメになる。
もちろんそんな姿で人間が生きているわけもなく、結果的にHuman is Dead,mismatchとなってしまう・・・。

かなり複雑ですが私の解釈はこんな感じですかね。

逆に言えば、その小さい『穴』に人間の質量をそのまま通過させることができれば
タイムマシンは完成するわけです。

一体どうすればそんなことが出来るんですかね?

オカリンはそれをやってのけそうだけどw
まだ5話目なのにこの伏線の回収と新たなる伏線・・・
ますます盛り上がってきますね、このアニメ。

というかPSP版の原作を購入思案中w

こんなんできました~

ペンタブで描いた初絵ですw
天音鈴(完成版)
「あの花」と「シュタゲ」の感想は遅れます(ぇ

DOG DAYS 第6話「星詠みの姫」 感想

星詠みにより映された勇者と姫様の未来

前回は誘拐された姫様を無事に奪還して、戦もなんなく終結したのですが何やらまだ不穏な
予感がびしびしなのであります(ぁ

戦が終わり、平穏な日々に身を置く勇者と姫様、そして仲間たち。

姫様に撫でられてるエクレ可愛かったぁ///
やっぱり犬だから尻尾振るんだねw
姫様が大好きなエクレにとっては撫でられるのは本当に光栄なことなんだろうね^^*

その後、シンクとリコが戦士のみんなを労うわけなのですがエクレは姫様に撫でられたことが
よほど嬉しかったのか訓練に熱中している様子。

そこでシンクはエクレと対戦することにしました。
エクレは強すぎるため、なかなか相手になるのがいなかったため
良い訓練相手になるみたいですね。

エクレの兄様はエクレの婿にシンクをご所望みたいですw

まぁ、かなり息も合ってるしなんだかんだ言って仲良いしねw
まさに理想的な夫婦になりそうw
それにしても、おでこ触られただけで赤面するエクレって・・・意外と純情(/∀\*)

てっきりおでことおでこ、という高度な落としテクニックを使うかt(ry

もうお前ら結婚しろw

で、シンクはブリオッシュ様やユッキーとも仲良くなったみたいです。
そもそもブリオッシュ様とユッキーの2人がかなり友好的な性格だからね♪
特にユッキーは、自然と仲良くなれそうなオーラがあります。

一緒に野外で食事をしたりしてなんだか楽しそうでした^^

しかし、ユッキー・・・本当に無邪気で天真爛漫な感じだけど・・・
このアニメの中で一番スタイル良いんじゃね?とか思ったりw
浴衣着てあのボリュームは・・・なんというか・・・ご馳走様でs(爆)

そんな感じで平和な日々を送っていたシンクでしたが、すっかり忘れていたのが
元いた世界のことw

ベッキー懐かしいんですがw

ベッキーはベッキーでシンクが連絡もほとんどよこさないことで
かなり元気が無い様子。
しかもシンクの占いは最悪・・・

何か危険な目に遭ってないかますます心配するベッキーをよそに
勇者はエルヒ姫と夜のお茶会・・・(#^ω^)

そんな平和な日々を送っていたシンクとエルヒでしたが
かなり不穏な空気も流れてきました。

エルヒはそもそも『星詠み』という儀式でシンクのことを知ったのですが、
その『星詠み』はレオ姫様もできるみたいで・・・

レオ姫様が見たエルヒとシンクの未来というのが、
二人ともが30日以内に死ぬというもの
え?この世界って人の死なないところじゃなかったの?w

魔物、とか言ってましたがブリオッシュ様みたいなのがいるのにそんな不幸な未来になるもんですかね?

レオ姫様は元々、姫様と仲のよかった人なのでそんなふざけた未来を許せないようです。
でも、ひょっとして姫様とシンクを殺すのって・・・

なんだかシリアス展開になってきたことが予想外すぎてびっくりw

とりあえずユッキーとエクレは殺させん(ぇ

またまた一つ年をとったSHUMA

5月5日、それは管理人SHUMAの誕生日☆
自分で自分に「おめでとう」と言うのは寂しいことこの上な(ry

いやはや、一年ってあっと言う間だね~

今年は色々と大変な時期になるだろうけど頑張ろうかと思います。
夏は節電でクーラーとかも使えないし・・・本当にキツそうです(´・ω・`)

東京はクーラーなしじゃキツイですからね本当に!orz

さて、そんな話はともかくw
自分自身への誕生日プレゼントとして、ついに・・・

ペンタブレットを購入しました!(ドンドンパフパフ
ずっと悩んでいましたが、他に特に欲しいものがなかったため
購入を考えていたペンタブレットをついに買いました。

試しに使ってみましたが、やっぱり最初は慣れなくて難しいね^^;
サイトとかを見て下書き云々とかやってみましたが、まだまだ未熟なので
使いこなすのには時間がかかりそうです。

まぁ、リンクしていただいている人はほとんどペンタブ所持者で私なんかよりも
ずっと絵の上手な方々がいるので色々教えていただこうかと思ってます。

最初の絵は随分前に描いたあの子にしたいと思ってます。

猫耳帽子の・・・(ry

とりあえず5月5日は特に用事がありませんので、ペンタブで1枚でも絵を描いてみたいと思ってます。

昨日とかは長時間でかけて買い物とかしたしね♪
日付変わって今日はゆっくりしたいと思ってます。

それはそうと、デッドマンワンダーランドと電波女おもしろいね♪

電波女はエリオも可愛いけどリュウシさんも可愛いというね。
前川さんはあまりタイプではないけど、面白い人ですw

結局、感想は「あの花」「STEINS;GATE」「DOG DAYS」の3つだけになりそうです。

他も面白いですが・・・シュタゲが2クールだからいいk(ry

DOG DAYS 第5話「激闘!ミオン砦!」 感想

姫様の生ライブだぜd(`∀´*)bイエーイ
誘拐されたエルヒ姫を救うべくガウのいる砦へと襲撃を開始した勇者シンクたち。
しかし、ガウや三バk(ryらに邪魔されてなかなか上手く助けることができません。

というかエクレールちゃん1人でよく頑張ったねw

3対1とか卑怯すぎるけどあの3人どうやら「知能レベルは低い」ようなので1人で1/3くらいで丁度良いのかも。
あ、いやでも戦いは強いんですよね。
バカって力の加減知らないし一辺倒な攻撃しかしないけど、威力的にはかなり強いはず。
アストレアみたいn(ry

さて、ガウとシンクの戦いですが・・・

ガウの必殺技がテイルズとかにありそうな技でカッコよかったw
フロニャ力だっけ?それを扱うのが上手みたいです。

お陰で勇者はかなりピンチ。しかも異世界から来た人間は倒されてもケモノ玉にならないので
ケガもしてしまいます。

まぁ、殺し合いしてるわけじゃないからケガで済んだけどねw

というか、ガウはエルヒ様のコンサートがあることを知らないで誘拐しちゃったみたいだし。
てっきり知ってる上で、これなら勇者も本気で戦ってくれるはず・・・と画策してるものだとばかり・・・。

ガウくんもどこか間抜けw

で、戦場にレオ姫様が登場したことでまたまた波乱の展開。

ブリオッシュ様とレオ姫様との戦いはなかなか集中して見ちゃいましたが、ブリオッシュ様が
あからさまにワザと負けていたので・・・w
本気出したら多分、ブリオッシュ様の圧勝だっただろうしね^^;

やっぱり剣心みたいな人だw

飄々としながらも相手のことを考えるブリオッシュ様、素敵(*´∀`*)

レオ姫が三バカとガウ、そして何故かシンクまでも叱って今回の戦は終了。
相変わらず平和な終わり方w

無事に姫を助け出したんですが、どう考えても会場に間に合わない。
そこでシンクはガウとの戦いで気づいたフロニャ力の扱い方を工夫してスノーボードみたいな
形をした乗り物を生成。

めちゃくちゃなスピードのお陰でなんとかコンサート会場に到着。

でも、こういう使い方はかなり体に負担がかかるみたいでシンクはへとへと。
コンサートは無事に開かれて一件落着・・・。

うーん、平和なのは良いけどちょっとあっさりしすぎな気もw
まぁ1クールだから仕方がないけどね。

とりあえず、ユキカゼちゃん可愛い
「拙者も脚には自信がある故!」とか言ってましたが・・・
ユキカゼちゃん・・・あの・・・脚よりも・・・その・・・
おっぱいが素晴らしかったでs(殴
だって!走っているときブルンブルン揺れてましたよ!!(*゚∀゚)=3

是非、揉ませていただきたk(殺

Twitter
ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
                                                 
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。