プロフィール

SHUMA@ロリコン紳士

Author:SHUMA@ロリコン紳士
きんいろモザイク2期デース!

趣味:アニメ鑑賞、アニソン鑑賞、ゲーム
【神アニメ】
・灼眼のシャナ
・sola
・Darker Than Black-黒の契約者-
・ひぐらしのなく頃に
・ef-a tale of memories&melodies
・瀬戸の花嫁
・エルフェンリート
・STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・異国迷路のクロワーゼ
・夏目友人帳(無印→参)
・うさぎドロップ
・Another-アナザー-
・Fate/Zero
・TARI TARI
・凪のあすから
・SHIROBAKO ⇐NEW!

大好きな声優:早見沙織、東山奈央

<2015年【新作 春】視聴予定アニメ>

【日曜日】
・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
・血界戦線
・アルスラーン戦記

【月曜日】
・終わりのセラフ 第1クール
・グリザイアの迷宮&楽園
・山田くんと7人の魔女

【火曜日】
・ニセコイ:
・黒子のバスケ第3期(後半)

【水曜日】
・魔法少女リリカルなのはVivid
・響け!ユーフォニアム

【木曜日】
・ハロー!!きんいろモザイク

【金曜日】
・トリアージX

【土曜日】
・やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続
・レーカン!
・境界のRINNE
・電波教師
・ガンスリンガーストラトス
・Fate/stay night UBW 2ndシーズン
・プラスティック・メモリーズ
・ミカグラ学園組曲

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第20話「怨嗟断絶のアポトーシス」 感想

FB・・・それは、岡部たちがよく知る人物

<第20話ストーリー>
萌郁からIBN5100の隠し場所を聞き出した岡部。しかし、紅莉栖によると、岡部がこの世界線でIBN5100を手に入れることは不可能であり、まずはラウンダーの指揮官である「FB」なる人物に接触すべきだと言う。岡部はIBN5100が隠されたコインロッカーを見張り、そこに現れた萌郁とともに運び屋が持ち出したIBN5100の後を追った...



前回、萌郁のDメールを削除するために奮闘しましたが結局、失敗に終わってしまいました。
理由は萌郁のケータイから萌郁にDメールを送っても、受信した過去の萌郁はそれに従わない、という事態が発生してしまったため。

気落ちして萌郁の部屋を後にしようとしたオカリンに萌郁が口にしたのは、IBN5100の在り処でした。

とあるビルのコインロッカーに保管してあるということを聞いたオカリンは焦燥感からか、バールのようなものを
持ち出して無理やりこじ開けに行こうとします。
そんなオカリンに紅莉栖はいつものように冷静にオカリンを諭します。

なんか、本当に良い嫁・・・いや助手だ^^

紅莉栖は「Dメールを順番に消していかないと、どんなことをしても結局IBN5100は手に入らない」という仮説をたてます。
オカリンもようやくそれに気づき、とにかく萌郁のDメールを消すためには『FB』という人物と接触する必要がある、ということでコインロッカーを見張ることに。

案の定、ラウンダーらしき人物がコインロッカーからIBN5100を持ち出していきました。

それを張り込み、失敗を繰り返してはタイムリープし、また失敗してはタイムリープをし、
そして、その過程で思わぬ人物が絡んでいることを知ります。

それは、オカリンたちが間借りさせてもらっている建物の一階に住む、オカリンたちがよく知る人物
Mr.ブラウンこと天王寺裕吾

Mr.ブラウンと接触したオカリンは、最初はラウンダーの関係者とだけ思っていたんでしょうね。
でも、実際はもっと重要な人物だったのです。

FB→フェルディナント・ブラウン
ブラウン管を発明した人物、つまり、萌郁に命令を出していた『FB』というのはMr.ブラウンのことだったのです。

場所を移し、何故ラウンダーに組しているのか、萌郁を騙していたことについてなど坦々と語るMr.ブラウン。
そして、用済みになった萌郁を・・・オカリンや紅莉栖が見ている前で射殺。

しかも、自ら銃口をこめかみに当て、Mr.ブラウンも絶命。

萌郁は最後に「岡部くん・・・ごめん」と言ってましたが、撃たれる一瞬に『自分が椎名まゆりを殺した』ことを思い出していたんですね。
だから、謝ったんですが・・・ここは原作の『赦すよ』っていう言葉がほしかったです。
かなり個人的にグッときたセリフだったんで。

そういえば、綯ちゃんのシーン規制されてましたねw

原作やってる人は分かるんですが、あのMr.ブラウンが自殺した瞬間を綯ちゃんが見てて、
それが原因で、萌郁を殺すのも綯ちゃんだったりしたんですが・・・

かなり過激なシーンだったんで、省かれたんですかね?w
よく考えたら女の子が人を殺すシーンっていうのはさすがにヤバイかも。

私としてはやって欲しかったけどw尺も足りなくなってきたから仕方無いか(´・ω・`)

さて、ようやくFBのケータイから萌郁にDメールを送り、萌郁のDメールの削除に成功しました。
オカリンや紅莉栖の仮説どおり、ようやくIBN5100を手に入れることができました!

後は、オカリンが最初に送ったDメールを削除すれば・・・全て終わる。

オカリンは改めて、紅莉栖の存在が自分の中で大きくなっていることに気づきました。
こうして、上手くやってこれたのも・・・全ては紅莉栖が協力してくれたお陰。

感謝してもしきれないくらい・・・

やっと、戦いが・・・終わる。

しかし、紅莉栖の一言に・・・岡部倫太郎は・・・気づく。

最初の世界線はどんな世界線だった?

2036年、鈴羽のいる時代にディストピアは無く、平和な世界

大切な幼馴染、椎名まゆりも死なない世界

しかし・・・その代わり・・・

自分をずっと支えてくれた・・・

牧瀬紅莉栖が・・・死んでしまう世界


次回はついに、この作品の最大の見どころ!と言うべき『因果律のメルト』です。

オカリンは牧瀬紅莉栖も死なず、椎名まゆりも死なず、ディストピアも生まれない・・・真の平和な世界を
手に入れることができるのでしょうか?

来週は正座して待機!・・・自分見れないけどね!・・・|||orzズーン

ちなみに、オカリンが本当にたどり着くべき世界線というのは・・・
境界面上のシュタインズゲート
私の言う意味はもうすぐ分かります(´,_ゝ`)フッフッフ

来週の感想は全てお休みしますが、シュタゲに関してはまとめて感想を書きます。

なんだかんだで最終回ですからね。

ではでは、また再来週に(=゜ω゜)ノシ

スポンサーサイト

今年もやってきた帰省期間!

明日19日~28日頃まで帰省予定
ブログ更新が完全ストップしますorz

というか、実家だとアナログ放送が終わったせいで、何もアニメが見れないというね・・・
テレ東、MX、TBS・・・もろもろ潰れます(泣

とはいえ、今回は1週間ちょっとなので、1話見逃す程度で済むんですがね。

もちろん新品のBDディスクを買って、帰省中の対策は万全(・´ー・`)b

夏目友人帳 参の次回の話が「子狐ちゃん回」というのと、異国迷路のクロワーゼが見れないというのが
めちゃくちゃ辛いですが・・・w

まぁ、帰省は帰省で半年振りなので楽しんできたいと思ってます。

異国迷路のクロワーゼ 第7話「天窓」 感想

親しい者のみが交わす挨拶

<第7話ストーリー>
WS000399.jpg



今回は湯音が体調を崩して倒れてしまう話。

そもそも、初めて異国の地へ来て色々あって、家事までやって・・・それでよく、今までもったと思うよ^^;

湯音ちゃんは我慢強く、遠慮しがち・・・良いところでもあるけど、悪いところでもある性格ですよね。

体調が悪いのを隠して、店番をする湯音ちゃんのもとに再びあの盗みを働いた少年がやってきました。
また盗む物を物色してるのかと、警戒しましたが湯音ちゃんは「盗みはダメだよ」と自分のご飯であるパンを
渡す優しさを・・・。
ちょっと湯音ちゃんは優しすぎますね。

理由はどうあれ、盗みを働いているんですから叱咤するべきです。
そうしないと同じ事をしますからね。

クロードも湯音の行為に本気で怒りますが、湯音は湯音で頑固なところがあるので自分の考えをぶつけて
真っ向対立。
とはいえ、優しい湯音はただ涙目で「分かりました」と一言。

とんでもないくらい優しい子なんですよね・・・だから、怒った後に後悔するクロードの気持ちはよく分かる^^;

しかも、喧嘩の後に湯音がついに倒れてしまいました。

クロードは自分のせいだと落ち込みますが、湯音があの少年と自分とを重ねているということに気づきます。

そこで、クロードは恥を承知でアリスに医者をよこすようにお願いし、更に病人のための日本食のレシピまで教えてもらってきました。

一方、少年の方は湯音が倒れたことを聞いて多少の罪悪感を抱いたのか花をほんの少しだけど持ってきました。

クロードが自分のために作ってくれた「お粥」、少年が自分のために頑張って採って来てくれた「花」
その両方に感激し、思わず涙を流してしまう湯音。

少年の花の方が一番喜んでいる様子の湯音にヤキモチを妬いて口を尖らせるクロードが可愛かったw

そんなこんなで、湯音の病状もようやく落ち着いてきたわけですが、心配なオスカーとクロードは
ベッドの傍で湯音を見守ります。
その姿にまた遠慮がちな湯音でしたが、そこでクロードがまさかの・・・
ほっぺにキス(//∀//)キャー
しかも、またカッコイイ台詞とともに・・・

本気でクロードになら掘られてもい(ry

男でもクロードは本気でカッコイイと思いますw
多分、女性視聴者の8割はクロードに落とされたな(ぇ

湯音ちゃんも何気にクロードからのキス(あっちではビズ)が一番嬉しかったんじゃないかな?(ニヤニヤ

「この狭いギャルリの、数少ない身内なんだからさ」

濡れるッ!(ぁ

原作よりも重苦しくなくてアニメは良い感じですね^^*
個人的にはアニメのクロードの方が好きです。
原作も良いんだけどねwツンが多いだけでw

次回も楽しみです。

というか次回予告の喜んだ顔の湯音ちゃん見ただけで次回も楽しみになりまs

あ・・・次回、帰省するから見れない・・・Σ(´Д`|||)

恋騎士~Purely☆Kiss~体験版 終了!

久々のエロゲだったんですが・・・
なかなか面白いじゃないか(・∀・)
体験版としてはちょっと容量大きめだったんですが、プレイ時間も意外と長めだったかもしれません。
少なくとも体験版としては長い部類。

ストーリーも予想してたより面白かったし、テンポも良かったので
飽きずに楽しめました。
私ってエロゲやると必ず途中で飽きるんですが・・・ヒロインも4人だし、結構良いかもしれません。

前記事では由宇ちゃんをプッシュしてましたが・・・
全員可愛いですw
そして、良い子たちばっかです。

一見ツンデレキャラっぽい真奈ですが、思ってたよりツンツンしてなくて可愛かったですw
男に免疫がないって設定が良かったのかも。
後、声も凄くキャラに合ってたし・・・黒髪族な私としてはこの子のルートも注目です。

ピンク髪ツインテの明莉ちゃんは、まさに設定どおりの元気っ子!
元気っ子って若干鬱陶しくなるタイプと明るい気持ちにしてくれる良い元気っ子といるんですが、
明莉ちゃんは後者のタイプですね。
やたらとメチャクチャ騒いでいるというよりは周りの空気を察して明るいオーラを放っているというか・・・

うん、簡単に言うと可愛いです(ぁ

由宇ちゃんについては、体験版のレビューを見ても圧倒的に人気が出たキャラかもしれません。
本当に可愛いですからね(*´ω`*)

こんな完璧な妹なんてリアルにはおろか二次元でもなかなか存在しない・・・。

兄さん一番とか・・・ブラコンだけど重い感じじゃなくて、本当に兄を想っているというかなんというか・・・
とりあえず、この子はすぐには攻略したくない><
勿体無さ過ぎる!(ぁ

本編のメインヒロインのエルシアですが、頑固で生真面目で男勝りな感じだけど、女の子らしい一面を持つ
まさにメインヒロインっぽい子でした。
金髪ロングって良いよね(・∀・)イイ!!!

後、私はメチャクチャ国中佳織さんを攻略したいですw
色々とニヤニヤするシーンがあって・・・
なんか年上属性にも目覚めてきた・・・(ぉ
キャラの中ではダントツのスタイル!そして、柔和な表情と声!

体験版ではハグされるシーンとかあったので発狂しましたw

せめて、全員攻略してから開放されるルートとかはあってほしい・・・。
それだったら神ゲーですね!(マテ

ちなみに、体験版でのムフフなシーンはエルシアだけでした。
まぁ、最初はエロメインだと思ってたけど意外とそうでもなさそうです。
私としてはニヤニヤできれば無問題ですg(ry

買うかどうかは一ヶ月後なので不明ですが、多分、高確率でやると思いますw

エロゲ買うとかほとんど半年振りだ・・・

恋騎士~Purely★kiss~体験版が公開されました!

とりあえず、
体験版で800MBって重くね?w
まぁ、良い鯖があって20分くらいで済んだけどw

ちなみにまだ始めたばかりですが、TOP画面からエリシアとの○○○なシーンが見れるようですね。
でも、意外とストーリー的に重要なそういうシーンらしいんですが・・・
まぁ、多分、本編終わってから見るだろうけども。

それにしても、憂姫はぐれさんの画力が凄く上がってる気がする。

ぶっちゃけ立ち絵可愛いw
パンツを見せること...という伝説のエロゲで知った絵師だったりするんですが
やっぱりこの人の絵は好きです。

太ももが美味しく描かれているのd(ry

さて、まだ本当に始めたばっかりなんですが・・・WS000391_20110812024709.jpg
由宇ちゃん可愛いよ由宇ちゃん(*´Д`*)

やばい、ブラコンすぎる・・・でも可愛すぎる・・・。

こんな妹いたらそれだけで幸せでs(ry

他のヒロインも可愛いし、悪友がバカだし楽しめそうです。

後、バナー追加しましたがそちらも気に入りました♪
ストーリー的にはそっちを推しますがこちらもなかなか楽しそうですw

全くエロゲへの関心がなくなっていた私ですが、そろそろ蘇るかも!?(ぇ

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第19話「無限連鎖のアポトーシス」 感想

俺は世界に抗ってやる!絶対にまゆりを救い出してみせる!

<第19話ストーリー>
Dメールを取り消していくことで1日ずつ時間がずれていくものの、まゆりが死ぬ結果に変わりなかった。まゆりはおそらく8月16日、コミマの日に死ぬ――そう、紅莉栖に告げた岡部は、まゆりを彼女に任せてDメールの送り主のひとり、桐生萌郁を捜しに向かった...



今まで送ったDメールを削除していくことで、椎名まゆりを救うことが出来ると分かったオカリン。

しかし、Dメールは全てを削除しなければまゆりの寿命が一日延びるだけで結局、『死』へと繋がってしまう。
「アトラクタフィールド理論」・・・結果は必ず収束する

鈴羽、フェイリス、ルカ子のDメール削除に成功したオカリン。しかし、ある意味最も厄介な相手が残っていました。
それは、桐生萌郁・・・最初8月13日にまゆりを殺した張本人。

そのことをまた、紅莉栖に相談するんですが、どんなに記憶が無くなっても決してオカリンの言うことを疑わないその姿に感動します(つД`)

あんたは一人じゃない、私がいる
原作既プレイの私としてはこの紅莉栖の優しい言葉が・・・もの凄く切なくて心が痛みます(´;ω;`)
オカリンにとっての最大の心の支えは、紅莉栖ですね。
一人じゃ心が折れてたと思うよ・・・。

誰だって一人で何でも出来るわけないですから。

さて、萌郁のメールを削除するために萌郁の自宅を訪れるオカリンでしたが、そこで予期せぬ事態が起きます。
それは、桐生萌郁が自殺したというもの。
これでは、萌郁の携帯からDメールを送りなおすことは不可能。
つまり、Dメールの削除ができない。

そこで、オカリンは萌郁が死ぬより前の日にタイムリープをし、再び萌郁のところを訪ねる作戦に出ました。

牧瀬プリンのくだりって、結構前のような気がしてたけど、オカリン以外の人にとってはつい最近のことなんですね・・・。
こんなシリアスな時に紅莉栖のふくれっ面に萌えてしまった俺を殴ってくだs(ry

ある意味、紅莉栖がこのアニメのオアシスになってる気がするw

オカリンは再び紅莉栖に相談をし、萌郁のもとへと急ぎます。
さすがに、まゆりを殺した張本人を前に冷静でいられるか不安なオカリンは緊張している様子。

意を決して萌郁の部屋へ入ると、萌郁は目の下にくまを浮かべ、かなり衰弱・・・というか憔悴しているような感じでした。
しかも、病的にずっと「FB」の文字をひたすらメール分に打ち込むような有様・・・。

全く自分に関心を示さない萌郁にキレたオカリンは無理やりケータイを奪う行為に出ます。
まるで、薬でもやっているかのように奪われたケータイを取り戻そうと襲い掛かる萌郁。
やっぱり動きがあるとメチャクチャ怖い (ガクブル

とりあえず、外に逃げ込み、扉を押さえ込んだオカリンは萌郁のケータイにさっそくDメールを送りなおす文面を打ち込み、送信。

しかし、何も起きない・・・

世界線が移動しない。その後も文面を変え、何度もメールを送りなおすも全く反応しない。

そこで、オカリンが気づいたのは萌郁の送ったDメールの内容。
最初、オカリンは「ケータイの機種変をやめる」という内容だと思っていましたが、実は送る前にメール文を書き換えたのではないか?という疑惑。

萌郁のメール打つ速度は常軌を逸してますからね、それくらい数秒で打てるでしょう。
まして、たった18文字の文面なら訳ないです。

扉を猟奇的に叩く萌郁に戦慄しながらも、オカリンは再び部屋の中へ。

さすがに騒ぎに気づいた隣人が様子を見に来ますが、オカリンは無理やり萌郁を押し倒し、したくもないようなキスを無理やりしました。
それで、なんとかやり通したんですが・・・間違ってレ●プされてるとか思われたらどうしたんだろう^^;

暴れる萌郁を押さえつけ事情を説明するオカリン。
「FB」はお前を見捨てた・・・
お前は見捨てられた・・・
お前は4日後、孤独の中・・・死ぬ

オカリンが突きつける言葉に萌郁はついに敗れます。

萌郁にとってFBは心のよりどころであり、居場所だったんですね。
そんな人から裏切られたと知れば、泣き崩れるのも頷けます。
ちょっと依存しすぎかもしれないですが、人って依存しなきゃ生きていけないものだし。
少しだけど萌郁の気持ちも分からないでもない。

オカリンもなんだかんだで「すまなかった」と謝るあたり優しいですね。

ようやくメールの本当の文面が分かったオカリン。
その文面とは、「IBN5100は 柳林神社にある 回収せよ」というもの。
IBN5100が無くなったのは萌郁が回収したから・・・。

そのメールを信じさせないためのDメールを送れば、削除に成功。

やっと、まゆりは救われる・・・

そして、ついにDメールを送信。

・・・しかし、こんな程度で岡部倫太郎を、鳳凰院凶真を許してくれるほど世界は甘くありませんでした。

また、リーディングシュタイナーが発動せず、世界線の移動も見られない。

理由とすれば、未来からのメールを萌郁が信じなかったということ。
ならば、信じさせるのはどうすればいいか?
それは、「FBからのメール」なら・・・萌郁は怪しむことなくメールの通りにする。

次回はついにFBの正体を突き止めに入ります。

アニメからの人は、相当びっくりする人です。まぁ、もっとびっくりするシーンがあるだろうけd(ry

なんだかんだでクライマックスですね。

萌郁のDメールの削除に成功すれば、後は自分が送ったロト6、そして、SERN知られてしまったDメール。

でも、勘の良い人は多分、この言葉を聞いて思い出すでしょうね。

第1話の・・・オカリンがいた最初の世界線は・・・どんな世界線だったのかを。

うさぎドロップ 第6話「わたしの木」 感想

子供の頃の自分の木

<第6話ストーリー>
小学生になったりん。大吉は、記念樹を植えることを提案する。りんは持っていたびわの種を庭に植えるが、果たして芽が出るかどうかもわからない。もしかしたら、宗一もりんの誕生記念に何か植えているのではと、大吉が正子を訪ねたところ…。



今回は小学校へ初登校、そして自分の木、についての話。

こうき君と仲良くなって入学写真も一緒に撮ったり、一緒に登校したりするりんちゃん。
大吉もなんかこうきのお母さんと良い感じw

でも、こうき君はやっぱり小学生!

獣道を通ったり、木の枝で塀を傷つけたり・・・なんだろう・・・まんま私の小学生時代www

小学生ってやりますよねw
引っ付き虫とかもよくありました^^;

私なんかは母親に毎日のように花とか摘んでプレゼントしたりとかいう可愛い時期が・・・
なんか涙出てきたorz

友人に蛇が大好きなヤツとか、そいつに森の中で置き去りにされたりとかw色々ありましたw

良い思い出です。

そして、皆さんも植えたと思う『自分の木』

私の場合は山階段と呼ばれる急勾配の山道に植えた記憶があるんですが・・・今はどんな感じになってるんだかw

帰省するついでに見てくるのもいいかな^^

大吉にも『自分の木』があって、立派に大きく、まるで今の大吉のように大きく育っていました。
大吉の母親にも『自分の木』があって・・・
そして、新たにりんちゃんの木が植えられた・・・

こうしたレールの上でちゃんと繋がっているんですね。
そう考えるとほんわかした気持ちになりました。

りんちゃんは他にビワの種を植えましたがねw

将来、どれだけ大きくなることか(´ω`*)

きっと美味しい実をつけるんでしょうね。だってりんちゃんの木だもの(`・ω・´)

本当に素晴らしいアニメです。毎回なんとも言えない温かい気持ちになります。

自分も子供できれば何か変わるのだろうか・・・(遠い目

まずは相手がいなk(ry絶望

異国迷路のクロワーゼ 第6話「鳥籠(クリノリン)」 感想

鳥籠のせいで欲しいモノに手が届かない...

<第6話ストーリー>
WS000390.jpg



今回はアリスお嬢様と湯音のコスチュームチェンジ回でしたねw

あまり話が進まないのに最後はいつも心が満たされた感じになるのがこのアニメの魅力かもしれません^^*

湯音ちゃん本当に良い子ですよねぇ・・・家事なんて面倒くさいだけなのに・・・
でも、湯音ちゃんにとっては大事なことなんですね。
私に優しくしてくれるこの店のために何かしたい・・・

ホント、現代の人が見習うべき姿ですね(`・ω・´)

和服のアリス様も予想以上に似合ってて可愛かったけど、湯音ちゃんの洋服姿が素晴らしすぎて・・・
しばらく音声が入ってこないほど見蕩れてしまいました(ノ∀`)
湯音ちゃんは何着ても可愛いから困る////

和洋入替した状態で記念写真を撮るんですが、湯音ちゃんがくしゃみをしてしまったりアリス様が虫に気を取られてしまったり・・・まぁ色々ありましたがなんとか撮影終了。

終始、湯音のことばかり心配していたクロードは最後の最後でいつもデレるからズルイですよねw

いつも二人のツーショットで終わりますが、凄く絵になるので嫌な感じがしないw
イケメンなんて敵ばかりだと思ってたけど、クロードみたいなイケメンなら俺は掘られてもい(ryアッー♂

カミーユ様とクロードの二人は昔馴染みで色々あったんですが・・・その辺も上手く仄めかしてましたね。

「鳥籠」と湯音が自然に言った言葉がカミーユ様には心に響く言葉だったのかも。

さてさて、次回からようやく話が進みます。
湯音ちゃんがキスされたり、キスしたり、あと・・・湯音ちゃんの身に危険が・・・!?

うさぎドロップ 第5話「ダイキチはダイキチでいい」 感想

ダイキチはダイキチがいい!

<第5話ストーリー>
ついに、大吉がりんの母親・正子と会う日がやってくる。その意外な素顔に衝撃を受ける大吉。別れ際、正子は大吉にある願いを伝える。それは、りんを育てるうえで避けては通れない問題だった。大吉は、りんとの話し合いによってその問題を解決しようとするのだが…。



前回はりんの母親の正子に電話をかけたところで終わりましたが、今回はついに初対面することに。

どうやら、正子は漫画家(?)をやっているらしくその仕事を理由にりんを残して去ってしまったのだという。
あまりにも身勝手で許しがたい行為、と思うかもしれませんが、世の中こういう母親もいるんだろうね。
別にりんのことが大切じゃない、というわけではないみたいですが、どうも無関心というかやる気がないというか・・・
りんのことをしっかり考えてるようには見えないんですよね。

大吉もそんな正子に苛立ちを隠せないみたい。
「苗字はあなたと同じにして」と正子は要求しますが、大吉にとってはりんの気持ちを考えることが
最優先。

りんが一番だと思える選択をしたい、と相変わらずカッコイイ大吉。

そして、思い切って大吉は「りんを養子にする」ということを言い出します。
確かにそうすれば苗字が大吉と一緒になっても不自然ではないですね。

でも、りんちゃんは「加賀りん」という名前を変えたくないようです。
あくまで、自分の父親はお爺ちゃん!
で、大吉はあくまで大吉!

「大吉は大吉がいい」

それが、りんの答えでした。思わずウルッときてしまいますね
(つД`)ええ子や・・・

結局、今までと変わらない関係・・・でもずっと深い繋がりを得た二人。

りんちゃんも保育園を卒業し、小学生になりました。
これから二人はどうなっていくんですかね?

どちらにせよ、不幸な未来など有り得ない!・・・はず

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第18話「自己相似のアンドロギュノス」 感想

声も姿も女より女らしい・・・だが男だ

<第18話ストーリー>
β世界線に移動するために岡部が次に取りかかったのは、るかがまだお腹にいるころの母親へ送ったDメールを取り消すことだった。るかの母親のポケベル番号を聞き出すために「Dメールを送る前のオマエは男だった……」と事実を説明する岡部だが、その話は以前の世界線での記憶がないるかを傷つけるだけだった...


前回はフェイリスのDメールを削除することに成功しましたが、今回は漆原るかのDメールを削除します。

そこで、オカリンは初っ端から「お前は男だったんだ!」とルカ子に告げてしまったため、ルカ子を傷つけてしまいます^^;

そのことに落ち込むオカリンでしたが、それを気遣う紅莉栖が良かったですね^^*

なんだかんだで、オカリンの心の支えになってるのは紅莉栖なんだと感じさせてくれます。
まぁ、この演出は後々になってから辛い演出になるんですがね・・・

さて、ルカ子の機嫌を直してルカ子の母親のポケベル番号を聞き出すのが今回のミッション。
ですが、どう機嫌を直せばいいのか・・・女性経験の無いオカリンは全く分かりません。
でも、紅莉栖は『ルカ子との恋愛フラグ』が立ったことに気づきます。
「男と言われてそこまでショックを受ける=オカリンに気がある」というわけですねw

そのことに気づいた紅莉栖は何故か不機嫌になりオカリンを「童貞」と罵るんですが、
そんな紅莉栖も衝撃の事実を口にします。
「バージン(処女)で悪いか!!///」
助手は処女φ(´∀` )メモメモ

で、ルカ子とデートするハメになってしまうんですが、先ほども言ったように女性経験の無いオカリンは
全くの無知。
デートとは何をするものなのか、どこへいくのか、どんな対応をすればいいのか・・・等々
分からないことばかり。

そこで、紅莉栖に協力を仰ぐわけなんですが助手も男性経験が無いため、ほとんど雑誌などのメディア情報頼りw

というか紅莉栖ってあんなに可愛いしスタイルだってモデル体型だし、しかもアメリカ滞在で
それでバージンっていうのが・・・解せぬ。

意外とそういうのを大切にするんですかね?w
原作曰く、研究にしか興味なかったから・・・らしいんですが・・・。
本当のところ運命の相手じゃないとダメ!みたいなところがあったんじゃないかな?w

まぁそれはそれとして、紅莉栖と一緒に考えたデートプランを活用し、ついにルカ子とのデート。

しかし、知識と行動は反比例してしまい、上手く対応できないオカリン。
なんかムードも気まずいし・・・^^;

結果的に最悪なデートとなってしまいました。

とはいえ、ルカ子の母親のポケベル番号を教えてもらったオカリン。
さっそくDメールを送ろうと準備しますが、オカリンは納得できないらしく
再びルカ子のもとへ・・・

そして、今度は『岡部倫太郎』としてではなく、ルカ子と初めて会った時の
『鳳凰院凶真』として、デートをすることに・・・。

やっぱり変に着飾ったりするより、普段の姿で接したほうがいいよね^^

でも、あれがデートと呼べるかどうかは不明だけどw

なんだかんだでルカ子も・・・まぁ、Dメールなんて送らなければ良かったと後悔はするんですが、
報われたわけで・・・。

こうして、ルカ子のDメールも削除成功。

ちなみにルカ子ルートだとDメールを送らずにそのままアッー♂ENDなんですがねw

何気にルカ子と良い感じになってるオカリンを見てヤキモチ妬いた助手がめっちゃ可愛かったw

さて、フェイリス、ルカ子・・・はなんとかクリアできました・・・。

しかし、最後は最も厄介な相手が・・・。

それは、桐生萌郁
まゆりを殺した、オカリンにとっては最も憎むべき相手・・・。

この流れなら次回はFBの正体も明かされそうです。

アニメから入った人は衝撃のあまり唖然としてしまうかもw

後、綯ちゃん怖いですorz

神様ドォルズ 第5話「故郷へ...」 感想

詩緒と瓜二つの少年

<第5話ストーリー>
WS000383.jpg



アキを捕まえるためにやってきたコウシロウと詩緒に瓜二つな桐生という少年。

詩緒は初めて桐生と対面するんですが、あまりにも自分にそっくりで驚愕。
匡平も初めて会ったんですが、かなり驚いてましたね。
もともと双子で生まれてたけど村が片割れを隠していたってことかな?

で、街中で神様の戦いを繰り広げてしまうんですが、これ・・・絶対に騒ぎになるw
実際にテレビで取り上げられてしまうほどの大騒動。
まぁ、あれだけ派手にやればね^^;

桐生の操る武未禍槌(タケミカヅチ)はなかなかに強く、ククリはほとんど防戦一方。
電撃に弱いなんてやっぱり機械なんですかね?

タケミカヅチの猛攻にククリも大打撃。腕を一本吹き飛ばされてしまい、詩緒はククリが損壊してしまったことに
精神的ダメージを負ってしまいます。
匡平の言い方はちょっとアレだと思ったけど、ある意味正しい叱り方だったのかも。
最終的には日々乃さんがあの豊満なおpp(ryで慰めたわけなんですが(何かエロい)

トドメを刺される寸前に、ククリの真の力(?)が発揮され、まさかのビーム吸収w
カウンター攻撃でタケミカヅチも大損壊してしまいました。
あんな攻撃があるなんてねw
いつもの歌っぽいのの曲調が変わったからなんか怖かった^^;

損壊したククリを修理するためには空守村に戻らないといけないそうなので、嫌々ながらも匡平は帰省することとなりました。
日々乃さんもなにやら思うところがあるらしく一緒についていくことに・・・。

でも、まさかのペーパードライバーw

まぁ、あんな山道だったら誰だって怖いと思うw

次回はちょっと村のことが分かってきそうです。
後、桐生とコウシロウの二人は・・・悪者ってわけじゃなさそうですね。
むしろあの村長っぽいキングブラッドレイがラスボスっぽいけど・・・。

なんか怖い案山子がいたし。

でも、あれを食い止める力が欲しい・・・みたいなこと言ってたから違うのかな?

何にせよ次回は色々と分かりそうです。

で、いつも次回予告の福園美里さんが可愛いw

見ないとビーム!ビーーーーム!!

異国迷路のクロワーゼ 第5話「迷子」 感想

“自由”の難しさ
WS000382_20110802023516.jpg

にしても、話数を重ねれば重ねるほど、湯音ちゃんの可愛さとクロードのイケメン度が上がっていく気がするw
原作のクロードってもっとツンツンしてるんだけど、アニメみたいなデレ多めなクロードも良いね!

というわけで5話目なんですが、クロードは湯音にもっと自由にしてもらいたいみたい。
さすがに作業姿をジッと見ていられるとやり辛いんでしょうねw

でも、湯音には“自由”と言われても分からないようです。変な話、日本人って縛られてた方が心地良いような
ところがあるかもしれませんね。
「仕事嫌だ嫌だ」「勉強嫌だ嫌だ」と言ってるけど実際にそういう面倒なことが無くなったら
多分、逆に違和感を感じてしまうと思います。

後、湯音はちょっと無防備すぎるところがあるらしいですねクロードが言うには。
誰にでも笑顔で接する湯音の行為は、日本人の私からして見れば女性の鑑とでも言える湯音の行為
なんですが、異国ではそうではないんですね。

逆に初対面から笑顔だと「何か裏がある」と勘繰ってしまうそうです。まぁ、日本人も少しは
そういうところありますがw

でも、まるで客を選んでいるようなクロードの言葉に湯音は納得できないみたい^^;

そんな時、ある事件が発生します。
それは、クロードの店にやって来たストリートチルドレン?みたいな男の子が一人、売り物の
燭台を盗んでしまったのです。

湯音はクロードの言いつけを守ればよかったと後悔しながら必死になって追いかけますが
結局、その男の子には逃げられてしまいました。

落ち込んで、そのまま帰ろうとしますが必死になって走っていたせいで道が分からなくなってしまいます。

異国の地で、周りは知らない人だけ・・・そんな状況になったら不安ですよね。
誰だって一回は親と逸れて全く知らない人だらけの場所で不安になった経験はあると思います。
でも、湯音の場合は言葉も上手く通じないような場所ですからね・・・

むしろ泣き出さなかった湯音ちゃんが凄い。

とりあえずクロードが湯音を発見してくれて事なきを得るんですが・・・・
また、湯音を見つけた時のクロードのイケメンさと言ったら(つД`)
しかも、湯音が「商品・・・盗まれてしまいました・・・。」と謝ってそれに対する答えが、
『湯音の無事以上に価値のある代物なんて、うちには置いてないからな』
惚れてしまうやろぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!
湯音じゃなくても惚れるw

男の私ですらトキメいてしまったくらいですからねw

こんな事言えるのが真のイケメンなんだと悟りましたw

湯音もクロードの大きな背中を今度こそ見失わないように・・・と決心したようですね。

というか、二人の食事のシーンもニヤニヤが止まりませんでした(*>ω<*)
もう完璧に夫婦ですねw

そして、オスカー爺さんって見た目ややってることはあんななのに偉大な人なんだねw

ランプの話も良かったなぁ~
湯音はクロードやオスカーのいるギャルリ・ド・ロアを優しく灯してくれる、このランプみたいな存在・・・か。

視聴者的にも湯音ちゃんはそういう存在ですよね!(ぇ

相変わらず心がホカホカする良い話でした(*´ω`)

それはそうと、4.5話なんていうのも見る機会があったので見たのですが
これもまた素晴らしい話だったので気になる方はDVD/BDをゲッチュすべしb

Twitter
ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
                                                 
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。