プロフィール

SHUMA@ロリコン紳士

Author:SHUMA@ロリコン紳士
きんいろモザイク2期デース!

趣味:アニメ鑑賞、アニソン鑑賞、ゲーム
【神アニメ】
・灼眼のシャナ
・sola
・Darker Than Black-黒の契約者-
・ひぐらしのなく頃に
・ef-a tale of memories&melodies
・瀬戸の花嫁
・エルフェンリート
・STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・異国迷路のクロワーゼ
・夏目友人帳(無印→参)
・うさぎドロップ
・Another-アナザー-
・Fate/Zero
・TARI TARI
・凪のあすから
・SHIROBAKO ⇐NEW!

大好きな声優:早見沙織、東山奈央

<2015年【新作 春】視聴予定アニメ>

【日曜日】
・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
・血界戦線
・アルスラーン戦記

【月曜日】
・終わりのセラフ 第1クール
・グリザイアの迷宮&楽園
・山田くんと7人の魔女

【火曜日】
・ニセコイ:
・黒子のバスケ第3期(後半)

【水曜日】
・魔法少女リリカルなのはVivid
・響け!ユーフォニアム

【木曜日】
・ハロー!!きんいろモザイク

【金曜日】
・トリアージX

【土曜日】
・やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続
・レーカン!
・境界のRINNE
・電波教師
・ガンスリンガーストラトス
・Fate/stay night UBW 2ndシーズン
・プラスティック・メモリーズ
・ミカグラ学園組曲

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメランキング更新

※2クールアニメは1クールアニメと一緒に終了次第、総括ランキングとして掲載予定。
※あくまで個人的な見解なので異論は認めない(ぁ


1位:Another-アナザー-
演出や音響に力が入っていてかなり恐怖心を抱かせる。
ホラーアニメは少ないため希少価値もあり、キャラクターも個性的。
ぶっちゃけ鳴ちゃんかわいい(ぁ
グロ描写もほぼ規制なしでやってくれているため、臨場感もある。
謎解き要素やミステリアスな部分もあるのでさらに魅力的、ここはさすが綾辻行人 先生!
今後の展開がもっとも注目な作品です。

2位:夏目友人長 肆
4期になってもクオリティの下がらない安定感。まさに「終わらないコンテンツ」。
ここまで続くとワンパターンになるんじゃ・・・とも思っていましたが、全くの杞憂でした。
毎回感動させてくれる優しくて温かいストーリーは秀逸。

3位:アクエリオンEVOL
当初は切る可能性も示唆されていたが、最高のおバカアニメで好感度はただいま最高潮w
キャラクターも魅力的でイケメンと美少女のバランスがとても良い。
音楽に関しては今期の中でも最高のセンスを誇っていると言っても過言ではない。
オープニング、オリコン5位おめでとう!!!^^*

4位:妖狐×僕SS(シークレットサービス)
もともと原作をチラ見していたこともあって期待していた作品だったが、アニメでさらに魅力に惹かれた。
りりちよ様可愛いし、すばらしい太もも、黒髪で悪態をつく美少女・・・最高b
カルタちゃんも可愛いし、あのエンディングは花澤ソングでも恋愛サーキュレーションに次ぐ名曲。
後、男キャラでは一反木綿が大好きです。

りりちよ~>ヽ|´  `*ξ|ノ ~

5位:パパのいうことを聞きなさい!
突然の両親の消息不明・・・かなりシリアスになるかと思いきやそんなことはなかったぜ!
いろいろと設定やら演出やらがめちゃくちゃですが、個人的には毎週楽しみになるそんな作品だと思います。
ひなちゃん可愛いよひなちゃん(*´Д`*)
キタエリのオープニングには絶賛中毒中!
原作どおりに進まないらしいんですが、どうやって話を進めていくのかが気になります。

6位:あの夏で待ってる
当初は3位でしたが、ランキングを下げました。ちょっとだけ退屈というか、進展が遅いことにイライラしちゃったから・・・かな。なんだか、最初よりも楽しめなくなってきている。
とはいえ、面白いのは間違いないです。それぞれのキャラクターの恋愛模様もうまく描かれているので
見ていてほっこりします^^*
檸檬先輩が大好きです・・・ウフフフフフフフ

7位:男子高校生の日常
正直言うと、もっと上位でも良いくらいの面白さを誇るアニメw
ギャグアニメとしてはテンポも最高でギャグノセンスも秀逸。
間、間にCMを4つくらい挟むのでゆったりと見ることができます。
河川敷のシーンになると吹いてしまう自分がいまs

8位:偽物語
こちらも上位でいいんですが、正直言うと喋ってばかりのアニメなので少々退屈。
言葉遊びは実に楽しいし、キャラクターも前作と同様に個性的で面白いんですが・・・
ストーリーとしてはイマイチかも。
火憐ちゃんの歯磨きシーンは最高だったけd(ry
というか完全に撫子は空気になってしまったな・・・
化物ではあんなに盛り上がったのに・・・。
まぁ、自分はずっとガハラさん推しなのでどうでもいいんですg(ぁ

後、真綾さんの忍ちゃんが最高すぎます(//∀//)

9位:キルミーベイベー
ギルティクラウンを優先していたのでほとんど見れてませんw
クレヨンしんちゃんやドラえもん方式なので別に1、2話見れなかったからどうという
わけではないんですがねw
本音言うとつまらないし。まぁ、最初に比べて面白いんですがw
深夜にやるべきではなかったな、と感じてます。

10位:ゼロの使い魔F
ほぼ切りかけている作品。無能王を倒してからがさすがにテンプレ、というかありきたり過ぎて
つまらない。何回ベッドシーンまで行って邪魔が入って・・・って展開を続ける気だよ・・・。
お色気シーンもなんだか年代を感じて、1期の頃に比べて感動が薄い。
これは4期までやる必要はなかったように思える。

2クールアニメ入れると上位にいるのは「ペルソナ4」くらいですね。
ギルティクラウンはさすがに脚本がヒドすぎて言葉が出ません。
1クール目の方が圧倒的に面白かったです。
後半はもはやギャグアニメかネタアニメと化しています。

シャナに関しては、だらだらと引き延ばし過ぎ・・・というか1クールで終わらせられたでしょ、
と思うこともしばしば。
やはり、Finalをやる時期を誤ったようにも感じる。

とまぁ、酷評も混ぜると現段階ではこんな感じです。

今期は期待してなかったのに、ほぼ全てにおいて面白いと感じる作品が・・・。
やっぱりアニメの質って去年から上がってる気がする。
エロゲアニメも完全に消えましたしw

4月からはFate/Zeroやさんかれあ、あっちこっちなど期待大な作品も多いので楽しみです♪

そのうち、また春アニメ視聴予定も立てますね~
スポンサーサイト

大図書館の羊飼い 更新!

嬉野紗弓実(うれしの さゆみ)
sayumi.jpg

( ゚д゚)・・・・。

天使キタ━━(゚∀゚)━(∀゚ )━(゚ )━( )━( ゚)━( ゚∀)━(゚∀゚)━━!!!!!

まさかこんな隠しだまがっ・・・嘘だろ・・・っ

か、可愛い!まさに天使や・・・

全く更新しなかったのでヤキモキしてたんですがやっと更新されました
オーガストの最新作!「大図書館の羊飼い」!!
追加キャラとキャスト発表が来たんですが・・・

うん・・・さゆみちゃんか・・・
嫁!(*゚д゚)この子嫁!(ぁ
FA的に言うと白ちゃんっぽいキャラですかね?

かんわええ・・・ロリコンとしては反応せずにはいられな(ry

もちろん玉藻ちゃんも大好きですw
キャストは橘桜さん・・・・

うーん、正直エロゲ離れが深刻な状況なので声優全く知らないのよねw
確か、ユースティアのあの隊長っぽい人の声だった気がする。
日笠陽子さんに似てるとかなんとか。

イメージ的にはぴったりですかね。

後、ストーリーも公開されてましたが、
ドタバタ学園ラブコメディ
って感じ?

オーガストの作品って遠距離恋愛とか、最終的には離れちゃうとかいう展開が
多いのであまり自分には合わなかったんですが・・・

今度は趣向を変えてる感じ?

だったら購入も検討せねばならぬな・・・。

紗弓実ちゃん可愛いし・・・可愛いし・・・大事なことなので二度(ry

Another-アナザー- 第7話「Sphere joint(変調)」 感想

災厄は・・・止められない・・・

<第6話ストーリー>
26年前から続く“災厄”から逃れるため、代々の3年3組では、ある“おまじない”が行われていた。転校してきてから恒一がクラスの雰囲気に感じていた違和感も、すべてそれが理由だった。その“おまじない”に理不尽さを感じながらも、恒一は現状を受け入れ、鳴と行動を共にするようになる。そして、これまで夜見山北中学校で起きてきたことを、図書室で自分なりに調べ始めるが……。


<第7話ストーリー>
3年3組の教室におびただしい血が流れ、すでに始まってしまった“災厄”は止められないのだと誰もが悟った。“おまじない”は取りやめになり、赤沢たちは「“災厄”をもたらす“死者”は誰なのか…?」という疑問を抱く。そんな時、恒一は15年前の“災厄”だけが途中で止まっていたことを知る。司書の千曳によると、その年の夏休みにはクラス合宿が行われ、夜見山神社をお参りしたらしいが……。



先週はなかなか記事を書いている余裕がなくて2週間も放置してしまってすみません^^;

とりあえず、先週の展開を簡潔にまとめてみます。
鳴ちゃんと一緒に「いないもの」となった恒一くん。
しばらくの間、ずっと一緒に過ごしているうちに分からなかったことが徐々に明らかになっていきます。
「見崎鳴は死者ではない」ということと、
7話に繋がる重要なキーワード・・・
『15年前だけ災厄が途中で止まった』ということ。
原因ははっきりしていないのですが、夏休み前に「何か」があったために災厄が止まった・・・
しかし、明確に覚えている人がいない。

結局は分からないわけなんですが、災厄を止める糸口は見えてきた感じですかね。

そんな中、「今年の災厄は止められない」という決定的な事件が起こります。
『担任教師の首刺し自殺』
6話目の最後に精神的に病んだ様子の先生が現れて、突然バッグから包丁を取り出し自殺。

生徒の目の前で大量の血を噴き出しながら・・・

・・・これ、前席の人絶対トラウマだろ・・・(´Д`;)

かなり壮絶な死に方でしたが、これも「災厄」が原因なんだそうです。
てっきり、「災厄」が怖くなって我慢出来ずに自殺してしまったのかと
思ったんですが・・・。

どうやら、先生の母親が病気で寝たきりになっていて、生活がかなり厳しい状況だったようです。
そして、我慢できなくなった先生は自分の母親を殺害し、自らも命を絶った・・・。

これだと、世間でもよくある自殺事件と変わらないかもしれませんが、
不可解なのが、「どうしてわざわざ生徒の目の前で死んだのか」ということ。

嫌になって死ぬなら家か何かで死んだ方が普通です。
でも、わざわざ「生徒の目の前」で自殺した・・・。

つまり、結果的に、これも「災厄」の影響だったということになるわけです。

さすがに今回は、夜見山から逃げる生徒も出てしまったようですね。
まぁ、普通はそうするけど^^;

対策係は「いないもの」を作っても「災厄」が終わらないことを悟り、
鳴ちゃんと恒一くんの役目を終わらせました。

勅使河原くんも赤沢さんも内心だとかなり心苦しかったんだろうね・・・。

ツンデレに見えて実は何気に優しく世話好きな赤沢さん・・・///
勅使河原くんも良いキャラしてますねw

とりあえず、雑誌とかでも見たけど勅使河原くん、赤沢さん、恒一くん、鳴ちゃん・・・
この4人がある意味キーキャラって感じですかね?
一緒に戦っていこう!みたいな団結力が垣間見えたし。

赤沢さんは赤沢さんで何だか恒一くんに気があるように見えるんだけど・・・w

昔に会ったことがある・・・というようなことを1話目から仄めかしてるのも気になりますしね。
優しい笑みで「榊原くんは死者じゃない。」と言ってくれる赤沢さん・・・

なんで人がよく死ぬ作品なのに・・・可愛い子が多いんだよ!(´Д`*)

それはそうと、司書の千曳さんの話だと15年前の「災厄」が止まる前にクラス合宿があったみたいですね。
そこで、夜見山神社に御参りして・・・そうしたら災厄が止まった・・・とかなんとか。
合宿で死んだ人が誰なのか分からない、という点が不可解ですが、少なくともクラス合宿を行えば・・・
何か分かりそうですね。

後、望月くんの姉からも有力な情報が得られました。
望月くんのお姉さんは喫茶店で働いていて、そこの常連の人が「15年前の生徒の1人」だったらしく、
「15年前何があったのか?」という問いかけに、意味深なことを喋ったんだとか。

「みんなを助けるために――」「アレを隠した――」みたいな・・・

赤沢さんのまとめ方だと「15年前、クラスで合宿に行ってそこで何か"災厄"に関する手掛かりを残した」
ということみたいです。

つまり、クラス合宿で夜見山神社を調べれば何か出てくるかも?

そこで、次回はクラス合宿!ということになるそうです。

水着回キタ――――――(゚∀゚)―――――――!!!!!!

でも、何か起こりそうで素直に喜べないw

とりあえず、赤沢さんと鳴ちゃんが可愛かったことは予告で分かった(ぁ

【追記】
先生の死ぬシーンよりも、恒一くんの夢のシーンの方が怖かった件・・・
あのドロドロに溶けるシーンは・・・やばい^^;

少なくとも恒一くんは死者ではないような感じがする。
だって、主人公だし(マテ
そんな露骨に皆が考えるような展開ではないはずw

私の中では、三神先生が死者だと考えていますが。
なんか色々と不可解なんだよなぁ~

血色も悪いし(ぁ


Another-アナザー- 第5話「Build limbs(拡散)」 感想

死者は、誰―――――?

<第5話ストーリー>
恒一が親しくしていた看護師の水野に起きた悲惨な事故。それ以来、3年3組の緊張感はさらに高まり、恒一が知らぬ間に赤沢が女子の新しいクラス委員長に決まっていた。自分がいない場でクラスメイトたちが何かを話し合っている。それを知っても理由を教えてもらえるわけもなく、恒一は途方に暮れる。クラスの方針にあまり賛成できずにいた高林は、そんな恒一の疑問に答えようとするが……。



始まり方は前回の最後のシーンから!
・・・マジでやめてくださいw

あのシーン以来エレベーター怖くてw^^;

とりあえず、水野さんが不自然な死を遂げてしまったことから更に3年3組がざわついて
しまいましたね。
呪い(?)の信憑性が「確信」へと変わった・・・といったところでしょうか。

そこで、3年3組は新たな対策として赤沢さんをクラス委員にして、何かを話し合ってる
みたいなんですが、何について話し合ったのかを恒一くんに話すことはありませんでした。

とある放課後、恒一くんは望月くんと高林くんとで下校するんですが、
当然のごとく、理由について訪ねても何も話してくれません。

恒一くんへのあまりにもヒドい扱いに耐えかねた高林くんが、「フェアじゃない」
として、自分の知っている範囲で恒一くんに教えてあげる、と言い始めました。

ところが、真実を語ろうとした瞬間、
心臓発作で死亡
水野さん、そして高林・・・これで6月に入って2人の死者が出てしまいました。

総計して3人・・・。

そして、朝、いつものように登校した恒一くんはクラスメイトや教師の反応に違和感を覚えます。
それは、
まるで自分がいないかのように扱われている
というもの。

肩を叩いて話しかけても、大きな音を立てて授業中に教室を出ても・・・完全に無視。

そこで、恒一くんは一体何が起こったのかを悟り、クラス名簿を使って鳴ちゃんに連絡を取ります。
携帯を嫌っていた鳴ちゃんが出るとは思ってませんでしたが、本当に出ないのねw

とりあえず、鳴ちゃんがいつもいる人形店へと向かう恒一くん。

案の定、そこに鳴ちゃんが現れるのですが珍しく「高林くんの死」について話したら
驚いた顔をしてましたね。
で、恒一くんは自分が「まるで君(見崎鳴)のように扱われるようになった。」
という旨を説明しますが、その言葉で鳴ちゃんはクラスでどのような対策が成されたか勘付いたようですね。

鳴ちゃんの部屋(?)らしき場所でようやく真実について話がされるんですが、
ちょっと自分なりに少しまとめてみました。

26年前、美咲という少女が死ぬ。その事実を受け入れられない、3年3組の生徒の一人が「美咲は生きている」
と言い始めたことから、そのクラスには「いないはずの誰か」が存在する、という不可思議な現象が発生した。
それから、毎月1人以上の人(クラスの人もしくはその家族)が死ぬようになった。
数にして十数人・・・。
さすがに異常だということで対策係が設けられるが、どんな対策を施しても全く効果がない。
例えば、「クラスの名前をCクラスに変える」や「教室を変える」など・・・。

しかし、一つだけ効果が現れた対策法を発見しました。
それは、

誰かが「いないはずの誰か」の代わりに「いないもの」となること。

で、5月からその役に選ばれてしまったのが見崎鳴・・・ということ。

事情を知らない恒一くんが転校してきたことで、見崎鳴に興味を抱いてしまったために
また、呪いが始まってしまった。
そこで、赤沢さんたちは「榊原恒一くんも『いないもの』」にして、対策を講じた・・・。



こんな感じですかね。

とりあえず、恒一くんも鳴ちゃんと同じ境遇になったということですね。
まさに運命共同体・・・みたいな?

なんか、恒一くんが「いないもの」にされた途端、鳴ちゃんが今まで張っていた壁が
なくなったような感じがして・・・

いつも以上に鳴ちゃんが可愛く見えたのは気のせいじゃないはずw

同じ運命となったことから、2人が急接近した感じがしましたねぇ・・・
やばいw 鳴ちゃんがいきなり可愛さ急上昇でやばいw

今後は2人で協力して謎を解明していく感じですかね?

なんか、次回もイチャイチャというか更に仲良くなってる感じがするしw

いいぞもっとやr(ry

やっと真実が明らかになりましたが、「いないはずの誰か」が存在する現象が全く分かりませんね。
一体誰が、「いないはずの誰か」なんでしょうね・・・。

鳴ちゃんいわく、姿形も人間そっくりで普通の生徒と変わらないみたいなんですが・・・

なんだか今後にますます目が釘付けw

鳴ちゃんの可愛さアップにも釘付けですg(ぁ

Another-アナザー- 第4話「Put flesh(輪郭)」 感想

ついに始まってしまった、惨劇の年

<第4話ストーリー>
ある生徒の突然の、理不尽な事故死により「3組の呪い」の噂は一気に信憑性を増した。恒一は鳴という不思議な存在と26年前の話が、一連の出来事と繋がっているように思えてならなかった。工房で再び出会った鳴は、そんな学校の変化に気づいていたが、相変わらず恒一に詳しいことを話そうとはしない。3年3組には怯えたような空気が満ち、対策係の赤沢も頭を悩ませるが……。



私のツイッターの反応見れば分かると思いますが・・・w
正直、衝撃的過ぎて寒いのに汗だくだくです|||orz|||

前回、3年3組の桜木ゆかりが階段から落下して、持っていた傘に頚部を貫かれ死亡しました。

この出来事がキッカケとなり、3年3組では「26年前の始まりの年」
が、今年になってまた始まった、ということで大騒ぎに。

しかも、桜木さんの場合は同時期にお母さんまでもが事故で死んだらしいですからね・・・。

さすがに、笑い事じゃなくなってきました。

「始まりの年」では、3年3組・・・もしくは、3年3組に関わる人間が
毎月1人以上死ぬ
という話らしいので、まさに今回の事例はその呪いに該当するわけです。

対策係としては、「ただの不運な事故」で済ませたいところですが、もはや今回の事例は
間違いなく「始まりの年」の出来事。

全ては、榊原くんが原因・・・ということでクラスメイトはその日を境に恒一くんを避けるようになりました。

ただ、鳴ちゃんだけは前よりも大分喋るようになってきています。
でも言うことは全て一緒・・・。
「気をつけてね。」

桜木さんの事件以降、恒一くんは危うくガラスに串刺しにされそうになったり、恒一くんの叔母の様子が
おかしかったり・・・かなり不穏な空気が・・・。

そして、1月経った6月・・・

6月になったら全て話す!と言っていた勅使河原を恒一くんは問いただすんですが、
対策係の赤沢さんに完全拒否されてしまいます。

いい加減な勅使河原に赤沢さんはやきもきしているみたいですがw

そんな時、電話がかかります。
相手は、病院のナースである水野さん。
恒一くんのために色々と気を使ったり、色々調査したりしてくれていた良い人です。

しかし、今回の電話はなにやら切羽詰った様子。
「見崎鳴って子・・・本当にいるの!?」
なんでも、弟にその名前を聞いたら顔面蒼白で「そんな子いない」と言われたらしいです。

それで、不気味に思った水野さんからの電話だったんですが・・・

6月・・・毎月1人以上・・・人が死ぬ・・・

電話をかけながらエレベーターに乗った水野さん。

古びたエレベーター・・・

そのワイヤーが焼ききれ・・・

水野さんはエレベーターと共に奈落の底へ・・・

かなりソフトな表現してますが、実際の映像はグロいを通り越してエグかったです・・・。

さすがにやりすぎだろう・・・と思わないこともないですが、今回はグロ耐性のある私でも
吐き気がした・・・(泣)

しかも、何気に好きだった人なので・・・あの死に方は酷すぎる・・・

正直言うと、桜木さんよりも今回の方が生々しかったです。
顔面強打して、電話から断末魔が漏れてる・・・とか・・・

でも、アニメでここまで恐怖心を抱かせる演出をやってのけたことには感服します^^;
今回は本当にすごかった・・・。

まぁ、そもそも水野さんは死亡フラグ乱立させてましたからねw
さすがにこんな回収の仕方をするとは思ってませんでしたが・・・。

この4話・・・まだ見てない人は・・・とりあえず覚悟して見ることです。

Twitter
ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
                                                 
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。