プロフィール

SHUMA@ロリコン紳士

Author:SHUMA@ロリコン紳士
きんいろモザイク2期デース!

趣味:アニメ鑑賞、アニソン鑑賞、ゲーム
【神アニメ】
・灼眼のシャナ
・sola
・Darker Than Black-黒の契約者-
・ひぐらしのなく頃に
・ef-a tale of memories&melodies
・瀬戸の花嫁
・エルフェンリート
・STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・異国迷路のクロワーゼ
・夏目友人帳(無印→参)
・うさぎドロップ
・Another-アナザー-
・Fate/Zero
・TARI TARI
・凪のあすから
・SHIROBAKO ⇐NEW!

大好きな声優:早見沙織、東山奈央

<2015年【新作 春】視聴予定アニメ>

【日曜日】
・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
・血界戦線
・アルスラーン戦記

【月曜日】
・終わりのセラフ 第1クール
・グリザイアの迷宮&楽園
・山田くんと7人の魔女

【火曜日】
・ニセコイ:
・黒子のバスケ第3期(後半)

【水曜日】
・魔法少女リリカルなのはVivid
・響け!ユーフォニアム

【木曜日】
・ハロー!!きんいろモザイク

【金曜日】
・トリアージX

【土曜日】
・やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続
・レーカン!
・境界のRINNE
・電波教師
・ガンスリンガーストラトス
・Fate/stay night UBW 2ndシーズン
・プラスティック・メモリーズ
・ミカグラ学園組曲

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero 2ndシーズン 第21話「双輪の騎士」 感想

全ては綺礼のシナリオ通りに...

<第21話ストーリー>
アイリスフィールを必ず連れ戻す、と舞弥と最期の約束を交わしたセイバー。
アイリスフィールを連れ去ったというライダーを追い、決死の表情でV-MAXを走らせる。
一方、切嗣はこの状況に疑問を抱き、別の角度からアイリを追う。
そこで、ある真相を知る。



今回は正直、今まで以上に鬱になってますw
ものすごく腹の奥底が重たいんですが^^;

舞弥さんと最期の約束をして、ライダーと思しきサーヴァントを追跡し始めたセイバー。
自慢の騎乗スキルでまさかの道路を逆走しながらのカーチェイスw
普通のバイクじゃ有り得ない速度でライダーを追うのですが、
相手も自慢の牛車を扱うサーヴァントということで、ものすごいスピードの争いとなりました。

ガソリンが無くなってきたところでセイバーの負けかと思いきや、セイバーはインビジブル・エアを
バイクの動力源にしてライダーを追い詰めます。
これが、
セイバー&セイバー・モータード・キュイラッシュ
あのメチャクチャかっこいいフィギュアのバイクですよね・・・V-MAXか・・・
いつかこんなの乗ってみたいw

装甲も格好良かったし、光も綺麗だったし、まさに魅入ってしまう勝負でした。

しかし、追い詰めたセイバーはある違和感に気づきます。
アイリ・スフィールの姿がない
間違いなく連れ去ったのはライダーのはずが、なぜかアイリの姿がありませんでした。

ライダーもウェイバーもどうしてセイバーが追ってきたのか分かってない様子。
まぁ、先週からおかしいとは思ってたんだよね。
あんなに人の命を重んじて、男気のあるライダーが舞弥さんを殺すなんてこと絶対無いと・・・。

どうやらそのとおりだったらしいです。

全ては外道神父の企てた計画・・・。

セイバーがライダーだと思って最初に追っていたのは、バーサーカーが化けた偽者だったのです。
もともと人に化ける伝説を持っているバーサーカーに備わったスキル。
まさか、あんなに完璧に化けられるとは・・・。

しかし、バーサーカーを操っているのは雁夜おじさんのはず。
どういうことなのか・・・それは、言峰綺礼が雁夜おじさんを操ったから。
令呪を2つ使わせて今回の作戦をさせ、綺礼は自らが手に入れた令呪の源を使って、雁夜の令呪を回復。
綺礼がどういうやつなのか分かっていない雁夜おじさんは、「遠坂時臣と会うこと」を条件に
今回の作戦に加担したようです。

でも、当の時臣は既に・・・。

切嗣も、舞弥が殺された現場に残された鎧の欠片から、今回の所業はライダーではないことに気づきます。
犯人が間桐雁夜ということも。
ところが、間桐の関係者を拷問して出てきた言葉は、
「雁夜は教会の神父と一緒にどこかへ行った」というもの。
そこで切嗣は今回の黒幕が誰なのかを悟ります。

一方、雁夜おじさんは約束通り0時に教会へとやって来ますが、
そこにいたのは「生きた時臣」ではなく「息絶えた時臣」―――。
予想外の事態に呆然とする雁夜おじさん。
そんなところに運悪く、葵さんが現れます。

どう見ても、雁夜が時臣を・・・自分の最愛の夫を殺した場面にしか見えない。

怨嗟の声を吐く葵さん・・・
『あんたなんかに何がわかるのよ・・・。人を好きになったこともないくせに!!!』

雁夜は、ただ愛していた葵さんとその子供たちの幸せを・・・ただ願って・・・
だから、どんな苦しみにも耐え・・・どんなに醜い姿になっても耐えて・・・

今までやって来たこと全てを否定される言葉。

そこから、雁夜は葵さんの首を絞め殺害。
愛していた人にそんなことを言われたら・・・。
でも、残された凛ちゃんや桜ちゃんはどうするのさ・・・。

上階からそんな雁夜と葵のやり取りをワイン片手に見ながら愉悦に浸ってる外道が二人。

全て綺礼の考えたシナリオ通りに事が進んだようで・・・。
今まで感じたことの無いワイン(美酒)の味に酔いしれる綺礼・・・。

切嗣と綺礼って似てるようで全く似てない気がするのは私だけでしょうか・・・。

さすがに今回は今までで一番重かった気がします^^;

最終回へ向けて鬱まっしぐらという感じですかね。
唯一の癒しのライダー勢もそろそろ・・・。

次回は激戦になりそうなので、楽しみなんですが・・・
もはや「次回は誰が死ぬんだろう」というAnotherを見ている時の感覚にw
早く楽にしてくださいw

まぁ、最終回まで鬱なのは既に分かってますがw

スポンサーサイト

Lump of sugar 「花色ヘプタグラム」

萌木原さん久々にキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
とかいいつつ、ランプオブ作品はたゆたま以来ご無沙汰なんですがねw

最新作の「花色ヘプタグラム」なんですが、個人的にかなり気になる娘がいまして・・・
20120518131006056.jpg
20120518131005b90.jpg

藤咲真乎ちゃん可愛い!(*゜∀゜*)
見た目がロリで銀髪、そしてしゃべり方と若干ジト目な感じ・・・。

こいつぁ、久々にキタかもしれん・・・。

個人的には御湯利ちゃんもかなりロリコン心をくすぐられますw
でも、ロリましろにそっくりな気がするw

他には金髪ツンデレ系、赤髪お姉さん系、黒髪おっとり系となかなかの面子。

いずきちゃんも黒髪好きにはたまらないんですが・・・

僕は真乎ちゃんを選ぶぜ( ・´ー・`)b

久々にランプオブ作品に手を出すのも良い気がしてきた。
まだ発売かなり先だろうけどw

とりあえずバナーとか出たら貼っていこうと思います~

Fate/Zero 2ndシーズン 第20話「暗殺者の帰還」 感想

私はね・・・幸せだよ・・・

<第20話ストーリー>
佳境に近づく聖杯戦争。
その影響は、聖杯の守り手であるアイリスフィールの身体に影響を及ぼしつつあった。
アイリスフィールのもとを立ち去る切嗣は、かつて久宇舞弥と共に戦場に立っていた時の様な 非情な表情へと戻る。
一方、キャスターとの戦いで大幅に魔力を消費したライダーのため、ウェイバーはある場所へ向かう。



前回と前々回の話が生きた、またもや辛い今回。

切嗣がついにアイリのもとへと帰還するのですが、アイリはもう身体に影響が出てきて寝たきりの状態。
身体に持っていたアヴァロンも切嗣へと返します。
アイリの姿と言葉に胸を痛めつつも、舞弥の前に現れた時はすでに、昔の非情な切嗣の顔に戻っていました。

切嗣はそのまま遠坂時臣の討伐に向かいましたが、遠坂邸には結界が張られておらず、明らかに不気味な様子。
そこで、切嗣は中を調査するのですが、そこで時臣が死亡したことを知ります。
ただ、誰が殺したかは分かっていなさそうですね。
もしくは分かっているのでしょうか?

一方、キャスターとの一戦でアイオニオン・ヘタイロイを使って魔力を大量に消費してしまった
ライダー勢。
ウェイバーは自分の魔力がほとんど減ってないことから、ライダー自身がすべて魔力を賄っていたことに気づきます。すべてというよりは最小限に留めておいたという感じでしょうか。

そのため、ウェイバーは自分の魔力を死なない程度にならいいから沢山使って回復しろ!
ということで、ライダーと初めて出会った場所で魔力の回復に努めます。

その中でウェイバーとライダーはお互いの思っていることを語り合うんですが・・・
感想で書いちゃうよりも本編で見たほうが、ここはいいかも。
文字にすると陳腐な感じになっちゃいそうだしw

ライダーは「理想を追い求めて多くの仲間を死なせた」ということを悔いて、今度ばかりは「理想で大切な仲間を死なせない戦いをしたい」という想いがあるようです。
だから、魔力供給も最小限に抑えて、いざというときにウェイバーが使えるようにしておいたわけですね。
ウェイバーは本当に良いサーヴァントに巡り合えたと思うよ。
お陰できっとウェイバーは死なずに済むんだろうし。

で、前に綺礼に助けられた雁夜おじさんですが、治癒の意味もなく身体の傷からは蛆が涌いてしまっている状態。
バーサーカーの怨嗟と憎悪の夢を見て、ただでさえ辛いのに・・・。
なんというか不幸過ぎて見るに耐えない(ノД`)

そんな雁夜に間桐臓硯は、また新たに淫虫を埋め込みます。
しかし新たに与えられた淫虫は・・・
桜の純潔を最初に啜った淫虫
聞いた瞬間に、苦虫を噛んだような顔になった私ですが・・・
これは雁夜おじさんにとっては耐え難い仕打ち・・・。

ただ、最初の純潔ということで魔力は底知れないみたい。
とはいえ、えげつないことをしやがる・・・臓硯・・・。

話は、舞弥とアイリに戻りますが、2人もまたお互いの想いや過去、秘密にしていることを語り合います。
舞弥は「名前」「家族」「居場所」がどこにもないということを・・・。
アイリは「自分の願い」「切嗣への想い」「娘への想い」を・・・。

アイリは切嗣とセイバーが聖杯を手に入れることで、世界から戦争が消え、
イリヤがホムンクルスとしてではなく、人間として暮らせる世界を願っている・・・。
でも、その願いも叶わないんですよね・・・イリアはむしろ5次だと厄介なサーヴァントを従える子になっちゃってますし(ノД`)

結末を知っているとここまで辛いとは思わなかったよ。

そして、魔力を回復したライダーが舞弥とアイリを襲撃。
結果、舞弥は死亡。
切嗣は舞弥の最期に涙を流しそうになりますが、
「その涙は、あなたの奥さんのためにとっておいて。」
という舞弥の言葉で踏みとどまります。

最期を看取ってあげられたのはせめてもの救い・・・。

でも、ライダーのやることとしては少々荒っぽい気もします(´・ω・`)
いつもなら、交渉するなりなんなりして、やり過ごしそうなんだけど。

ライダーとしては「こうでもしないとセイバーとそのマスターと本気でやり合えない」ということでしょうか。

セイバーも「まさかあのライダーが・・・」と驚いていましたが・・・。

ライダーの思惑は何なんだろうね。切嗣怒らせたらどんなことでもしそうだからウェイバーも危ないというのに・・・。

次回はついにライダーとセイバーの激戦
ライダーはおそらく、セイバーに自分と戦うことで目を覚まさせようとしているんでしょうね。
まるで子を思う父親みたいな・・・。

何はともあれ、来週ですよ!

例の冬木が焼け野原になるまで、残り37時間とちょっと・・・。
最終回まで後わずかなので、かなり楽しみです。

子供の士郎とか出てきたら泣く(ぁ

Fate/Zero 2ndシーズン 第19話「正義の在処」 感想

あんたは僕の・・・本当の・・・家族だった・・・

はい、皆さん!今日は母の日ですね!!
・・・・・
・・・・
・・・
重い・・・orz

母の日になりたてでこの回はかなり重いです(´;ω;`)

今回はフリーランスのハンターであるナタリア・カミンスキーと切嗣が出逢ってからの話。
彼女と一緒にいるということは切嗣自身も狩人として生きていくことを意味します。

最初は銃を組み立てることすら満足に出来なかった切嗣でしたが、ナタリアと共に暮らしていく
中で、狩人としてのスキルを修得していきました。

着々と標的を殺し、ナタリアとの息の合ったコンビネーションも相まって、二人はいつしか
本当の家族のような関係に・・・。

そんな中、ナタリアのもとに届いた次のターゲットの通達は厄介な相手でした。
原作未読なので詳しくはないんですが、蜂を媒介として魔術を行う人(?)という感じですかね。
その人の蜂に刺されるとアリマゴ島の時のように、グールと化してしまう。

だから、騒ぎを起こさず静かに暗殺する・・・最初は切嗣との連携でうまく暗殺に成功したナタリアと切嗣
でしたが、標的が衣服の中に蜂を隠し持っていたために、乗客数百人があっという間にグール化。
さすがのナタリアも飛んでいる飛行機から脱出するのは不可能。
更にはコックピットまでが侵されてしまったため、生きて帰るのは絶望的・・・。

しかし、切嗣はナタリアに『準備は万端だ』と自身満々の答えを返します。
この言葉の意味を、ナタリアはこの言葉を聞いた時点で気づいてたんだろうね・・・。

コックピットに移ったナタリアはそのまま切嗣と通信で他愛ない会話を交わし、
知らないうちに「本当の家族」みたいにお互いが感じあっていたことを痛感します。

切嗣は、ナタリアを母親のように、ナタリアは切嗣を息子のように・・・

しかし、飛行機が・・・ナタリアが無事に地上へ着陸したら・・・
その被害は、飛行機の乗客数百人じゃなく・・・もっと拡大してしまう。

そこで切嗣のとった行動は、
ナタリアごと、飛行機を撃ち落すという手段
シャーレイのときとは違い、躊躇いなく今度は成し終えたのが・・・逆に辛いです・・・。

ナタリアは最後、爆風の中で笑顔を見せていたから「正しい判断」だったことは明白なんですが・・・
やるせないです。

こうして切嗣は二度目の絶望を味わい、今の切嗣へ・・・。

ここまで、悲惨な人生を見ていると、ケイネス殺害のときの行動も一概に「外道」とは言えないです。
いや、外道ですがねw

なんとも、過去編でここまで気分が落ち込んだのは久々かもしれないです^^;

2週にわたって、切嗣の壮絶な過去が描かれたわけですが、
次回からはついに本編が始まりますね。

次回予告の雰囲気からして、今度はライダー勢と戦うっぽいですね。
ライダー勢に関しては、ウェイバーも生き残るし、そこまで絶望感を味わう感じではなさそうですが・・・
切嗣が初めて令呪を使うみたいなので、かなり不安w

次回「暗殺者の帰還」

「ついに、暗殺王ザイードの名を知らしめる時がっ!!!」(違

2012年4月【春】新作アニメランキング【中間】

<2012年4月【春】新作アニメランキング【中間】>
※個人的なランキングです

1位:ヨルムンガンド
2位:咲-SAKI-阿知賀編
3位:Fate/Zero 2nd season
4位:黄昏乙女×アムネジア
5位:黒子のバスケ
6位:さんかれあ
7位:これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド
8位:氷菓
9位:あっちこっち
10位:戦国コレクション
11位:めだかボックス



9位以降は今後切る可能性有り
今のところ、1~6位は順位変動が激しい激戦区。
Fateよりも現在1位、2位の作品が毎週楽しみになってますw

後、「夏色キセキ」と「アクセルワールド」は切りました。
理由としては、3話まで見て面白さを実感できなかったから。
「アクセルワールド」に関しては2クールというのも原因。

結局、感想とかそれぞれ出来てませんが、時間がとれたら書こうと思ってます。

Fate/Zero 2ndシーズン 第18話「遠い記憶」 感想

世界を変える力だよ、いつか君が手に入れるのは。
そう、世界を変える。君なら出来る。
私が保証する。


今回はオープニングもなく、アバンから様子が違いました。
切嗣の過去編・・・ということで、今の切嗣を知っている身とすれば
絶対に良い過去じゃないことは明白なんですが・・・。
かなり残酷でした^^;

父親の研究のために、島へとやって来た切嗣は余所から来たとは思えないほど
その島に馴染んでいました。
今とは違って瞳も明るく、どこにでもいる無邪気な少年。

そんな切嗣には「シャーレイ」という女性がいました。
父の研究を手伝っている助手のようなもの・・・と彼女は言っていましたが、
自分のやっていることなんて未完成。
でも、切嗣としてはシャーレイは憧れの存在でした。

2人で湖面に映る星を眺めるシーンは、綺麗だったし幻想的で・・・
でも、シャーレイの言葉は明らかに死亡フラグ。

ある日、父親に「今日は村へ行くな」と言われた切嗣は、自宅でシャーレイを待っていました。
しかし、いつになってもシャーレイはやって来ない。
そこで、父親の言いつけを無視してシャーレイのもとへ。

しかし、シャーレイの姿はなく、家の床に謎の薬瓶が転がっていました。
その時点で嫌な予感を感じた切嗣でしたが、その予感は的中。

シャーレイが吸血鬼化してしまった
後に、切嗣の師となる人物が言うには、切嗣の父親が研究しているのは
「吸血鬼」の研究。
それが正しいことだと証明するためにシャーレイは研究により生み出された薬を服用。

絶え間なく血を欲する吸血鬼へと変貌してしまったのです。

まだ、ケリィ(切嗣)のことが分かっていることから、この時は完全に吸血鬼となったわけでは
ない様子。
しかし、いつ暴走するか分からない。

「私を殺してケリィ」
自分の大好きな人が変わり果てた姿・・・。

短剣が血に濡れてなかったことから、切嗣はシャーレイを殺せなかったんですかね。
まだ子供で、しかも最愛の人ですからね・・・。

教会の神父さんに保護された切嗣でしたが、外は吸血鬼と化した村人が徘徊するという地獄絵図。
果てには神父まで襲われて吸血鬼に。
しかも、吸血鬼を退治しに来た2つの勢力が同時に襲ってきたわけで・・・
切嗣にはどうすることもできない。

窮地に追い詰められた切嗣を救ったのは吸血鬼を退治しに来た女性。
とはいえ、2つの勢力のどちらとも仲間・・・というわけではないようで、
切嗣は自分の父親を殺害した後に彼女と一緒に、島を後にしました。

この切嗣を救った女性って、切嗣がケイネスを殺すために放った起源弾を精製した女性だよね。
彼女が切嗣の師となった女性ということなんでしょうね。

で、次回は彼女の元で修行というか一緒に過酷な生活を送って、最後には師までも殺して
今の切嗣になる・・・という過程でしょうが・・・。
なんともやるせない過去ですね。

最愛の人が死に、父親までも殺し、師までも殺す・・・

「正義じゃ何も救えない」という考えにもなるはずだよ。

今回は特殊EDで『満天』でしたね。あまり詳しくないんだけど、もともと音楽だけだったのに
歌詞をつけてkalafinaが歌った感じかな?
もはや、映画と言われても仕方がないエンディングでしたw

それにしても、この欝展開の連続・・・最終回まで続くのが困る^^;

Twitter
ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
                                                 
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。