プロフィール

SHUMA@ロリコン紳士

Author:SHUMA@ロリコン紳士
きんいろモザイク2期デース!

趣味:アニメ鑑賞、アニソン鑑賞、ゲーム
【神アニメ】
・灼眼のシャナ
・sola
・Darker Than Black-黒の契約者-
・ひぐらしのなく頃に
・ef-a tale of memories&melodies
・瀬戸の花嫁
・エルフェンリート
・STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・異国迷路のクロワーゼ
・夏目友人帳(無印→参)
・うさぎドロップ
・Another-アナザー-
・Fate/Zero
・TARI TARI
・凪のあすから
・SHIROBAKO ⇐NEW!

大好きな声優:早見沙織、東山奈央

<2015年【新作 春】視聴予定アニメ>

【日曜日】
・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
・血界戦線
・アルスラーン戦記

【月曜日】
・終わりのセラフ 第1クール
・グリザイアの迷宮&楽園
・山田くんと7人の魔女

【火曜日】
・ニセコイ:
・黒子のバスケ第3期(後半)

【水曜日】
・魔法少女リリカルなのはVivid
・響け!ユーフォニアム

【木曜日】
・ハロー!!きんいろモザイク

【金曜日】
・トリアージX

【土曜日】
・やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続
・レーカン!
・境界のRINNE
・電波教師
・ガンスリンガーストラトス
・Fate/stay night UBW 2ndシーズン
・プラスティック・メモリーズ
・ミカグラ学園組曲

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」 感想

それぞれの戦いの終結――
衛宮切嗣 VS ケイネス・エルメロイ・アーチボルト
セイバー&ランサー VS キャスター
アイリ・スフィール&舞弥 VS 言峰綺礼

<第8話ストーリー>
アインツベルン城の各所で繰り広げられる攻防。
魔力を込めた水銀を操るケイネスに対し、銃火器で応戦する切嗣。
セイバーはランサーと共闘し、キャスターと彼に召喚された怪魔を殲滅すべく立ち向かう。 一方、舞弥と共に城から離れていたアイリは、新手の侵入者の気配を察知していた。



前回、切嗣はケイネスに襲撃され、セイバーとランサーは共にキャスター討伐へ、アイリと舞弥の二人は城から脱するために奔走・・・という感じで終わりましたが、今回はそれらの各所の戦いが終結します。
ある意味では「保留」と言った方がいいかもしれませんが・・・。

さて、まずはアイリと舞弥さんの二人。切嗣の命令で二人はこっそり城から離脱するはずだったのですが、
そこでまさかの敵に遭遇。

相手は言峰綺礼

切嗣が最も会いたくないと言っていた敵がこんなにも早くアイリたちの目の前に現れました。

幻術を使い、綺礼に攻撃を開始するも、全て弾かれてしまいます。
マシンガンでその後も応戦するんですが、動きが有り得ない程早い上に命中率も高く、更には肉体強化の魔術
で体が鋼のようになっているため銃弾が全く効きません・・・。

あっけなく、舞弥は綺礼の攻撃に倒れてしまいます。

残ったのはアイリだけ。
どう考えても状況を打破できるわけがない。
そう思っていましたが、どうやらアイリにも秘策があったようです。

それは、切嗣に教わった魔術。
車みたいな娯楽だけじゃなくて、切嗣はしっかり身を守る術も教え込んでいたわけです。
さすがの綺礼もそれには驚き、両手を拘束されてしまいます。

ところが、そこからの綺礼の反撃が凄まじい・・・。
手の平に力を込め、拘束されていた糸と木を丸ごと吹き飛ばしてしまいました。
アイリ渾身の魔術だったにも関わらずあっさりと抜け出してしまった綺礼は
そのまま舞弥を昏倒させ、今度はアイリの首を締め・・・腹部に剣を突き刺しました。
口を押さえて悲鳴を上げさせずそんなことをする綺礼さん・・・恐ろしすぎる(((((;´Д`))))ガクガクブルブル

アイリはそのまま瀕死の重傷を・・・と思いきや、なんとセイバーの宝具であるエクスカリバーの鞘を
体内武装として取り込んでいため、瞬時に回復してほぼ無傷。
その場にすぐセイバーがやって来たのも幸運だった・・・。
セイバーの魔力を供給することで治癒能力が得られるというエクスカリバーの鞘。
確かカリバーンだっけ?1期で見たけど。
ここでも切嗣の判断が正しかったことが証明されました。

セイバーは納得いかないみたいだけど、結果が全てだからね^^;

すぐにアイリの元へ駆けつけたセイバーでしたが、セイバーの方もかなり苦戦を強いられていました。

キャスターの宝具が有る限り、キャスター自身の魔力は無限。
つまり、キャスターの宝具を破壊するしか倒す術はないということ。

そこで、セイバーが考えた一種の賭け・・・それは自らが放つ風でキャスターへの道を開き、ランサーがその
風を利用してキャスターに突進・・・そして、宝具を破壊・・・というもの。

結果は成功。

ランサーのゲイ・ジャルグがキャスターの宝具に傷を付けました。
ランサーの宝具は魔術を遮断するものだから、ちょっと傷がついただけで効果は抜群。
完全に頭に血が上ったキャスターでしたが、そのまま赤い霧を吐いて敗走。

これで一件落着、と思っていたセイバーとランサーでしたが、
ランサーは自らのマスターが危機に瀕していることを察知し、そのまま城へと向かいました。
「騎士としての誇り」
それを大切にするセイバーとランサーの二人のやり取りに思わず熱い何かがこみ上げてきます><

で、切嗣とケイネスの戦いですが、
魔術を通り抜ける切嗣が放った謎の弾丸がケイネスに重傷を負わせます。

形勢は切嗣が有利な感じ。
ケイネスもふざけた小細工で自分を追い詰めた切嗣に大して怒りが爆発。
完全に殺気立っています^^;

しかし、切嗣は二度も通用するわけがないことを理解していながら、再び同じ弾丸を発射。
当然のごとく、その弾丸はケイネスの「魔術」に防がれるわけなのですが・・・
なぜかここで切嗣が不敵な笑みを浮かべます。

切嗣の過去の回想で「弾丸の本当の力」が説明されてましたが・・・
ぶっちゃけ難しくてよく分からないw

要するに、その弾丸を魔術で防いだりすると弾丸の効果で魔術回路がメチャクチャにされて、
有能な魔術師であればあるほど、体が魔術回路の暴走で破壊されてしまう・・・


みたいな感じですかね?w

その弾丸の効果で全身を軋ませ、眼から血の涙を流し、口からは吐血・・・という
かなり残酷な姿でケイネスは倒れてしまいました。

しかし、トドメを刺そうとした切嗣の前にランサーが出現。
さすがにマスターがサーヴァントに勝てるわけがないので、そこは見逃すしかありませんでしたが・・・
少なくともケイネスは暫く動けそうにないよね^^;

てっきり死ぬかと思ったけど、「騎士の誇り」がお互いを殺さずに済んだって感じですかね?

今回は少なくとも死人が出ると思ってたけど、誰も死んでないw

次回はウェイバーが危機に陥ってライダーがついに本気を出すみたいなので楽しみです。

相変わらず30分じゃ早すぎるアニメだ・・・w




スポンサーサイト

コメント

Secret

Twitter
ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
                                                 
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。