プロフィール

SHUMA@ロリコン紳士

Author:SHUMA@ロリコン紳士
きんいろモザイク2期デース!

趣味:アニメ鑑賞、アニソン鑑賞、ゲーム
【神アニメ】
・灼眼のシャナ
・sola
・Darker Than Black-黒の契約者-
・ひぐらしのなく頃に
・ef-a tale of memories&melodies
・瀬戸の花嫁
・エルフェンリート
・STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・異国迷路のクロワーゼ
・夏目友人帳(無印→参)
・うさぎドロップ
・Another-アナザー-
・Fate/Zero
・TARI TARI
・凪のあすから
・SHIROBAKO ⇐NEW!

大好きな声優:早見沙織、東山奈央

<2015年【新作 春】視聴予定アニメ>

【日曜日】
・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
・血界戦線
・アルスラーン戦記

【月曜日】
・終わりのセラフ 第1クール
・グリザイアの迷宮&楽園
・山田くんと7人の魔女

【火曜日】
・ニセコイ:
・黒子のバスケ第3期(後半)

【水曜日】
・魔法少女リリカルなのはVivid
・響け!ユーフォニアム

【木曜日】
・ハロー!!きんいろモザイク

【金曜日】
・トリアージX

【土曜日】
・やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続
・レーカン!
・境界のRINNE
・電波教師
・ガンスリンガーストラトス
・Fate/stay night UBW 2ndシーズン
・プラスティック・メモリーズ
・ミカグラ学園組曲

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TARI TARI 第6話「笑ったり 想ったり」 感想

0137b25d-s.jpg
素敵なハーモニーを奏でようね、和奏

というわけで、折り返し地点となる第6話です。
前回はなんとも切なく、悲しい話でしたが・・・
さて、今回、和奏は無事に立ち直ることができたのでしょうか?

前回、雨の中ドラを探しに行ったこともあって体調を崩してしまった和奏。
お父さんも慌てて帰って来て、和奏の心配をします。
普通の家庭からすれば、「ちょっと慌て過ぎ」と思うかもしれないですが、
和奏のお父さんにとっては重大なことですからね。

妻まで亡くして、その上、娘にまで何かあったら・・・
そう考えたら必死にもなります。

まぁ、幸い症状は軽くただの風邪だったみたいですが^^;

あ、視聴者もみんなが気にしていた飼い猫のドラですが、無事に帰ってきました。
まさか・・・と思っていましたが、こっちも何とも無いみたいでひとまず安心ですね(-_-;)フー

一方、来夏たちは、ずっと元気の無い和奏が、急に風邪で欠席したため更に心配が募ります。
そこで、合唱部の代表(?)として来夏が和奏のお見舞いに行くことに・・・。

でも、お店の前であの動きは完全に不審者w
和奏のお父さんは普通に「お見舞いにでも来てくれたのかな?」と笑顔を見せてましたが、
来夏は初めての和奏宅訪問でおっかなびっくりw

そういえば、和奏のお父さんと顔合わせたことなかったんだっけ?

来夏はそのまま、海岸沿いへこそこそと移動すると、そこに深刻な面持ちで佇む和奏の姿が。
海に向かって一歩一歩・・・まるで入水自殺をはかっているかのように、誤解してしまった来夏は
慌てて和奏を止めに行きますが、途中で誤解だと気づいて盛大に尻餅w

和奏からしてみれば「何やってんの?」な状況ですがw
というか、あんな明るいうちのしかも昼間からそういう危ないことはしないと思うけど・・・。
とはいえ、来夏がすでに和奏が大事な仲間と思っていることを表す良い演出だったのかもw

思いっきりびしょ濡れになってしまった来夏は、そのまま和奏の家で着替え、お見舞いのケーキを差し出します。
ですが、慌てた拍子にケーキの箱を投げ捨ててしまったため、中身はグチャグチャ\(^o^)/
後先考えずに行動に移すあたり、さすがは来夏といった感じですかねw

少しの間、雑談を交わす和奏と来夏。しかし、のっけから地雷を踏んでしまった来夏。
そんな中、和奏は「お母さんとの約束を守れなかったこと」や「どうして病気のことを話してくれなかったのか」など、心のうちを見せます。

しかし、そんな和奏に来夏が言った言葉は、
「約束」守れなくて良かった。だって、約束を果たしたらそれで終わりだけど、守れなかったらそれはそれで『大切な思い出』でずっと心に残るから。
この言葉には私もちょっと驚きました。
「約束」は守らなきゃいけない、と普通なら思うけど、確かに来夏の言うとおり「約束」を守れなかったら
「くそー守れなかった!」と後悔ではあるけどちゃんと強く心に残りますからね。
それに、約束を守れなかった、それもまた良い思い出。

まさにポジティブでまっすぐな来夏らしい意見!

和奏の心にも、来夏が言った言葉は響いたようです。

来夏と別れた和奏は、その後、紗羽から来たメールを見て紗羽の家へと行きます。
「例のものを渡したい」とメールの文面には書いてありましたが、
それは前回、紗羽のお母さんに見せてもらった写真、そして合唱部で歌ったカセットテープ。

それらを受け取った和奏は、また悲しそうな落ち込んだ表情を見せます。

そんな和奏にちゃんと気づいた紗羽は、元気付けることも目的に初乗馬をさせてみることにw
和奏はのっけから乗り方を間違えてましたが、私も経験があるから分かりますw
どうしても車に乗るときとかは右から乗ってしまうので、馬も右足から乗っちゃうんですよねw
まぁ、乗馬なんてかなり昔に経験したくらいですが( ̄∀ ̄;)

最初は色々と不安だった和奏も、一度馬に乗ってみたらいつも自分が見てる世界とはまるで違う
景色に感動。
そのまま、歩くだけじゃなく走ることも経験する和奏。

あんな環境や自然に恵まれたところで乗馬なんかしたら、絶対に気持ち良いですよね~
夏休み入ったら江ノ島行こうかしら(ぁ

そういえば、紗羽も父親とうまくいってないみたいな演出があったね。
寺を継がない紗羽に対してお父さんは納得してないみたいですが・・・。
まぁ、確かに女性ジョッキーなんてなかなかいないですし、生活していけるのかどうかも分からない世界ですからね。
純粋に言えば、素晴らしい夢だと思うけどね。
現実的に考えると確かに難しいかも。

7話以降は紗羽の話になりそうです。

翌日、和奏は合唱部の部室に立ち寄ってカセットテープを聞きに行くんですが、
大智とウィーンがなにやら怪しい特訓をしていて絶句w
2c45e1da-s.jpg
どんな特訓だよw
この特訓を目撃してしまったせいで、当初の目的とは違いますが、ちゃんとした発声練習を伝授する和奏。

ここでも、思い出すのはお母さんと特訓したときの記憶。
d47d58dd-s.jpg
「歌は気持ちが大切」
上手く歌おう、音程をしっかり・・・こういうことも大切ではあるけど、一番重要なのは「気持ち」

和奏のお母さんが教えてくれた歌うコツは「遠くに大切な人がいて、自分の気持ちを伝える」そんな感覚。
実際、その教えの通りに今でも歌える和奏。
これで大智とウィーンも変な特訓をせずに済むかなw

帰り際に、和奏は大智から「高橋先生が無事出産した」という言葉を聞いてすぐにメール。
その後、すぐに着信があり、和奏は頼まれたジェラートを持って高橋先生の家へ。

さっそく生まれたての赤ちゃんを見せてもらうのですが、あまりの可愛さに
表情が緩んでしまう和奏w
ぶっちゃけ赤ちゃんよりも和奏のほうが可愛いw

私も赤ちゃんは生で見て、抱っこしたことも数回あるんですが・・・
「重い」んですよね~
単純に体重的な意味で重いっていうより、「命の重み」っていうのを実感します。
しかも自分も最初はこんなんだったんだよなぁ~
そう考えると不思議な気持ちになります。

まだ、そういう経験がない人は是非経験してみることをオススメします。
まぁ、なかなかそういう場面には立ち会えないけどねw

来夏、紗羽、大智、ウィーン、そして高橋先生とその赤ちゃん・・・色々な人と色々な話をした和奏。
今までよりも凄く心が和らいで来ているのが見ていて分かりますね。

そして夜、朝食が電子レンジに入った食パンという衝撃的なことをされた和奏のお父さんは
まさかの料理!しかもメッチャ美味そうw
てっきり、料理できないのかと思ったけどそうでもないんですね。

というか、喫茶をやってるくらいなんだからそりゃ出来るかw

ちなみに、朝の嫌味・・・ではなく、ご馳走を作ったのは「お母さんとの結婚記念日」だったから。
そこで、和奏は来夏にもつぶやいた、「どうしてお母さんは病気のことを話してくれなかったのか」
そのことをお父さんに初めて聞きます。

お母さんが病気だって知っていれば、一緒に曲作りだって頑張ったし、もっと優しく出来たのに・・・。
そう後悔する和奏にお父さんは、
「お母さんは和奏に優しくされたかったんじゃない。」
そう語りました。

銀杏の葉が茂る公園を散歩しているとき、「病気」について話し合っていた和奏のお父さんとお母さん。
お父さんとしては、「もう和奏も子供じゃないんだから話すべき。」
そう考えていたみたいですが、お母さんはそうじゃなかった。

和奏と一緒に作る曲は、「悲しみの歌」であってはいけない。
たとえ、お母さんがいなくなって和奏が悲しんだとしても、お母さんと一緒に作った曲が「楽しかったり、うれしかったり」そんな歌だったら、ずっと和奏の心の中でお母さんは生きていられる。

お父さんはそんな最愛の人の想いを受けて、思わず涙がこぼれます。

こんな想いを伝えられたら、そりゃお父さんだって辛かっただろうけど・・・和奏に話すことはできなかったんでしょうね。
前回のこぼしたコーヒーを拭いてるときの「ははっ・・・。」という乾いた笑みを思い出すと
なんとも切なくなります(´;ω;`)

初めて聞いたお母さんの想い。その想いを知った和奏は、自分がしてしまった過ちを激しく後悔します。
a9b08733-s.jpg
勝手に勘違いして、思い込んで、お母さんとの思い出もピアノも歌も・・・全て捨ててしまった。

しかし、そこへお父さんがやってきて作りかけの楽譜を渡します。
それは、お母さんが和奏と一緒に作ろうとしていた歌。
まだ作りかけだけど、和奏になら続きを書けるはず。

更に、お父さんは和奏が捨てたはずのキーホルダーを見せ、再び和奏の手に。

前回から思ってはいましたが、
お父さんがピアノを捨てられるわけがなかった
お父さんにとっても思い出だし、和奏が本心で捨てようだなんて思っていない。それで捨てるわけがないですよね^^
本当に良いお父さんだよ。こんな人だから、和奏のお母さんも惚れたんだろうね。

最後に泣き出す和奏、妻の遺影を見ながら涙を流す父。
ここの演出にはかなりグッと来ました(`;ω;´)

その翌日、また合唱部の部室へとやって来た和奏は、貰ったカセットテープをラジカセに入れて
お母さんの歌を聴きます。
「心の旋律」
最中にやって来た来夏、紗羽、大智、ウィーンも加わり、最後は5人で始めて一緒に合唱。

そのままエンディングへ・・・

f4a1a2d5-s.jpg
最初は1人だった和奏には、2人の仲間
エンディングへの入り方も良かったけど、エンディングの画像も良かったですね。
今までは1人1人の画像だったけど今回はみんな揃ってのエンディング・・・。

前回、「どうしてこの流れでこのEDなんだ!」とやっぱり言われてましたがw
今回のために取っておいたんですね~

思わず私も一緒に歌ってしまいましたw
改めて良い曲ですよね~
これはもう、音楽の教科書に載せるべき(`・ω・´)

こうして、和奏はお母さんの想いを受け入れ、音楽を仲間と共に頑張っていくわけですか・・・
うーむ、なんとも清々しい気分!!!

最後に「あーーーーーー!!!」と5人で海に向かって発声するのも良かったですね。

もう、青春すぎて眩しいw

こういう学園生活送りたかったぜ・・・orz

そんなわけで和奏編はついに終わり、次回からは紗羽編みたいですね。
次回予告の「好きなだけじゃダメなんですか!?」
って聞き側によると勘違いしそうなセリフですがw

まぁ、乗馬に関することだろうね。

というか、このアニメ「恋愛」もあるみたいだけど、誰が恋愛するの?w
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想)TARI TARI 第6話 「笑ったり想ったり」

投稿者・鳴沢楓 TARI TARI 1 (イベント招待応募券封入・初回生産限定仕様 ) [Blu-ray](2012/09/05)高垣彩陽、瀬戸麻沙美 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水...

コメント

Secret

Twitter
ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
                                                 
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。